「最高速度」の検索結果(272件)

記事

現代のスーパーカー3 Lamborghini Aventador LP700-4 王道を邁進するフラ...

今後も何度となく繰り返すことになるだろうが、“スーパーカー”の定義は曖昧だ。が、誰もが「うん。それは間違いなくスーパーカーだよね」と認めざるを得ない髄の髄がある。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.113 2012年4月号]

  
417

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.38 世界で闘うための変革

日本の自動車産業が変わろうとしている。しかも興味深いことに、トヨタと日産というリーディングカンパニーが変革の先頭を走っているのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9月号]

  
560

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.31 本質に立ち向かった軽

軽自動車の燃費競争がすごいことになっている。ダイハツが「ミラ・イース」で30㎞/ℓの大台に乗せてきたと思ったら、今度はスズキがアルトに「アルト・エコ」という燃費スペシャルモデルを追加。そのカタログには30.2㎞/ℓという数字が誇らしげに記載されている。text:岡崎五朗  [ah...

  
481

「iQ」ベースのアストン・マーティン

イギリスの超高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンからコンパクトカーが発売された。その名は白鳥の雛を意味する「シグネット」。このクルマ、ベースはトヨタ「iQ」である。ただしiQと同じ部品はルーフとリヤフェンダーのみ、ほぼすべてをアストンマーティンのクオリティで作り替えている...

  
436

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.68 参戦する理由

今年、ホンダが7年ぶりにF1に復帰する。しかもタッグを組むのはマクラーレン。マクラーレン+ホンダの黄金コンビは23年ぶりの復活だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.148 2015年3月号]

  
918

なぜ私はSUZUKIなのか vol.6(最終回)スズキのモノ造りのフィロソフィー

GSX400E3カタナ、GSX400FWS、GS650G1、GSX750S1、GSX|R1100J、GSX1100EZ、DR250R、GSF1200…。個人的に購入したスズキ車だけでも10台以上、自分の名義ではなかったものの自由に乗れる状態にあったスズキ車を含めると20台以上のス...

  
1246

日常を犠牲にしないルノースポール

8分7秒97。昨年の6月17日、タイムアタックの聖地として世界的に名高い、ドイツの「ニュルブルクリンク」において、「メガーヌRS(ルノースポール)トロフィー」が記録したタイムである。text:神尾成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号...

  
347

現代のスーパーカー vol.6 現実世界から仮想空間へ「GT by CITROEN」

多くの人はスーパーカーを〝自分には運転することが叶わないクルマ〟と思っているかも知れない。「そんな夢のないことをいわずに」と檄を飛ばすのが僕の役目なのかも知れないが、冷静に考えてみれば、クルマ1台に2000万円だ5000万円だ1億円だなんてのがリアリズムの対極にある話なのは確かだ...

  
1155

現代のスーパーカー vol.2 Mclaren MP4-12C オールブリティッシュのマクラーレン

フェラーリの創設者である故エンツォ・フェラーリが「スポーツカーを造って売るのはグランプリを戦う資金を得るためだ」と公言していたのは有名な話。確か1960年前後の逸話だったと記憶してるが、このところ時々その言葉が頭をよぎる。F1グランプリでフェラーリ最大のライバルといえるマクラーレ...

  
93

国内投入された197馬力のプライド 〜SUZUKI 隼〜

スズキのスポーツバイク、「隼(ハヤブサ)」が国内販売されることになった。'99年に初代がデビューして以来、長きに渡り、海外仕様車として生産されてきたこのフラッグシップモデルが、最小限の変更だけで国内販売されるのだ。text:横田和彦 [aheadアーカイブス vol.1...

  
517

H2Rが公道で400km/h達成 ~Ninja H2R

「気持ち良さそうに走ってるなぁ」このチャレンジの動画を見て、最初にそう思った。蛇行することもなく、ウォブルも発生してないし、上下動すらほとんどしていない。初めて量産車で300㎞/hを超える挑戦をした頃は、そんな事象との戦いだった。しかし今、ライダーは自分の身体の周りに纏わりつく空...

  
1897

標高4,300mをEVが駆け上る 三菱i-MiEVが挑む『パイクスピーク』

標高4300mの頂上を目指し、雲を突き抜けながら一気に駆け上がる…。それが別名〝Race to the Clouds〟と呼ばれるヒルクライムレース、〝パイクスピーク〟だ。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
313

現代のスーパーカー vol.5 時速378㎞/hの美術工芸品

スーパーカーは、呆れ果てるくらいに売り値が高い。一発当たれば〝あがり〟も大きいわけで、そこにスーパーカー・ビジネスに手を染める(?)大きな意義がある。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
112

鈴木大五郎のビッグシングル論

クルマやバイクに詳しい人なら、そのエンジンのシリンダー数によって、性能やフィーリングが異なることを知っているはずだ。そんななかで、もっともシンプルなのがシングル(単気筒)エンジン。text:鈴木大五郎 photo:長谷川徹 撮影協力:ブリティッシュビート [aheadアーカイブス...

  
308

埋もれちゃいけない名車たち vol.38 国際ラリーで大活躍した ランエボの先輩「三菱・ランサー16...

23年にもわたってラリー・ファンや走り屋を熱狂させてきた三菱ランサー・エボリューションが、ついに生産終了。ファイナル・エディションが1000台限定で、メルセデスのCクラスにさえ手が届く価格で発売されたが、やはりマニアは熱かった。速攻で完売、である。text:嶋田智之 [ahead...

  
1801

TRIUMPH THUNDERBIRD STORM サンダーバード ストームという選択

'60年代の末までは高性能なオートバイといえばイギリス製だった。中でも「トライアンフ」は、アメリカのソルトレイクで行われる速度競技、「ボンネビル」において、1956年に343キロの最高速度記録を樹立し、世界中から注目された。text:神尾 成 photo:長谷川徹  [...

  
632

KTMのワン・ツー・ファイブ

「たとえ排気量が1600㏄でも、乗りたいバイクに乗るのが本当のバイク好き。趣味にお金を惜しんじゃいけない」とは言うものの、それが理想論であることは現代のジャパニーズ・ビジネスマンなら肌で感じているはず。text:横田和彦 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.1...

  
447

殿堂入りした、元祖ライトウェイトスポーツ

「ヨタハチが殿堂入りしたんだって」と聞いたのはつい先日のこと。「トヨタ スポーツ800」が殿堂入りしたのは、日本自動車殿堂(JAHFA)の2012年歴史者部門である。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.124 2013年3月号]

  
642

Rolling 40's Vol.58 先輩の黒いZ

2000年を迎える前後くらいから、私たち世代が狂喜乱舞しては心血を注いだチューニングカーブームが終焉へと向かった。かくなる私自身もその頃まではロータリーエンジンを改造して、その世界の中で「右往左往」していたのだが、その時代の終焉とともにチューニングカーを降りることになる。text...

  
368

埋もれちゃいけない名車たち VOL.13 コスモに見る大人のゆとり「MAZDA COSMO AP/C...

トヨタは86のみ。日産はフェアレディZとスカイライン、そしてGT-R。ホンダはCR-Z。スバルはBRZで、マツダのロードスターも数に入れることにしよう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
3820
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives