「最強」の検索結果(102件)

記事

2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

アメリカでは、製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります。2017年から2018年かけて輸入解禁になることで、中古市場に影響を及ぼしそうな1992-1993年生まれのモデルを紹介しましょう。

  
31537

ランボルギーニのスーパーSUV!2,574万円の「ウルス」とはどんなクルマ?

2017年12月4日、ランボルギーニ社が同社初のクロスオーバーSUVとなるウルスを発表しました。スーパーカーのクロスオーバーSUVは、世界初。そのパフォーマンスの高さは、同社のスーパースポーツカーであるウラカンにも引けを取らないようです。

  
12554

信号機のない横断歩道での対人事故。やはりクルマは100%の過失になるのか?

JAFが2017年8月15日から9月14日にかけて実施した調査によると、信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止する車は、全体の8.5%に留まることがわかりました。90%以上もの運転者が横断者を軽視しており、人身事故の危険性が高いのですが、もし衝突すれば車の過...

  
6694

伝説のE30 M3エボの再来か?歴代最強のM3 CSのすごさとは?

2017年11月、BMWグローバルサイトでM3 CSが発表されました。2018年1月から受注開始で生産は同年3月から。限定1,200台程度になるとのことです。はたして日本でも販売されるのでしょうか?

  
5510

高度経済成長の結晶!ソアラはなぜ人々に求められたのか?

世の中がバブル景気であったとはいえ、年間4万台を売り上げ、ランキングトップ10に顔を出すことも1度や2度ではなかったトヨタの高級車2代目ソアラ。そういった高級パーソナルカーがもてはやされ、売れたことは、今の感覚では少し理解できないところがあります。あの時代はいったい何が内在し、ソ...

  
20276

スカイラインの直6エンジン、S20型、L20型、RB型…どれが好き?

日産 スカイラインには、歴代、直列6気筒エンジンが搭載されてきました。スカイラインが直列6気筒にこだわる理由と、そのメリットはなんでしょう?また、ハコスカで搭載されたS20型、長期にわたって愛されたL20型、そしてRB型の良さとは?------------------------...

  
28059

新井敏弘監修 勝つための鋳造ホイール、WORK M.C.O Racingとは?

世間一般の鋳造ホイールのイメージと言えば、「安い」「重い」「ドレスアップ用」と偏りがちと考えらます。しかし、CarMeでは過去、鋳造ホイールがモータースポーツシーンで活躍していることをレポートしてまいりました。その結びの章として本稿では、具体的な製品を紹介したいと思います。

  
6348

ジムニーやハイラックスなど…こんな車で生活したら楽しそうな車5選

今やファミリーカーの主役の座を務めるミニバン。多人数乗車可能な車種としては、これ以上ない便利さですが、クルマには他の楽しみもあるはず。そこで今回は、こんな車で生活したら楽しそう!なクルマをご紹介します。

  
20177

林道を本格的に楽しめる国産SUV車5選

オフロード派の“聖地”といえば、山中を巡っている未舗装林道です。本来は林業のための道ですが、山間部を抜ける生活道路として一部開放されているルートもあります。今回は、そんな林道を走るのに向いているSUVを紹介していきましょう。

  
15450

かつて国産最速セダンと言われた車!トヨタ アリストって?

1991年に登場したトヨタ アリストは、クラウンが弱かった若者層に向けたモデルで、日本国外では、レクサスブランドからGSとして販売されたモデルです。当時、スープラと同じトヨタ最強の直6 3.0Lツインターボエンジンを搭載したアリストとは、どのようなモデルだったのでしょうか?

  
45307

レクサスLFAやインプレッサ22Bなど…国産車のユニークな限定生産車4選

限定品と聞くと、後先考えずに飛びついてしまう方がいると思います。自動車の場合、限定品(限定車)の多くは、後々付加価値がついて価格が高騰することがあり、近年は投機対象として購入するオーナーも少なくありません。今回は、国産メーカーのちょっとマニアックな限定車を紹介していきましょう。

  
9259

ポルシェより早いって本当?世界最強・最速の軽自動車とは?

軽自動車と言えば、日本独自の企画として開発され、一部の国を除いて海外では販売されていません。エンジンの排気量も660cc以下という、独自の決まりがあります。しかし、世の中にはそんな軽自動車をドイツの高級自動車メーカー ポルシェよりも速いクルマに改造してしまったオーナーがいるようで...

  
27276

もし3,000万円使うことができるなら、貴方はフェラーリを買う?国産車をフルチューニングする?

お金があれば、あのクルマが欲しい、所有しているクルマをカスタマイズしたい…など、クルマ好きならそうした妄想に近い願望が潜在的にあるでしょう。では、もし宝くじが当たって3,000万円が手に入ったとしたら、貴方はフェラーリを買いますか?それとも国産車をフルチューニングしますか?

  
6816

ゴツい、強い、デカい!ハマーの最強ラインナップ

ハマーは、かつてアメリカのゼネラルモーターズが展開していたブランドです。大きく無骨なスタイルが魅力のSUVで、H1からH3まで販売されました。

  
5914

ビークロス、レパードJフェリーなどなど…奇抜な見た目で当時話題になった車5選

車という商品の性質上、一度世に出したら一定数量売れないと採算が取れません。そのため、もともとのデザインは尖っていても、世に出る頃には、営業や販売、会社の上層部の意見を取り入れることで、コンサバティブなデザインや設計になりがちです。しかし、長い車の歴史のなかには、デザインが奇抜だと...

  
7026

なぜメーカーはニュルのタイムや0-100km/hにこだわるの?

ことさら新型スポーツモデルが誕生する際に話題となるのが「ニュルブルクリンクのラップタイム」であり、「0-100km/h加速タイム」です。コンマ数秒でも縮めるため、メーカーも躍起になっている部分もあろうと思います。今回は、こうした点を考えてみましょう。

  
4569

200馬力発揮!歴代最強ポロの発売は2018年か!?

ポロといえばVWの誇るBセグメントの主力モデル。その6代目にあたる新型が2017年6月にアンベールされました。ボディは、日本の5ナンバー枠を出るサイズに進化。なかでもスポーツグレードのGTIは、大きく進化したようなのです。

  
7792

アメ車、イタ車、仏車、日本車など、国による車の特徴の違い

よく日本車は金太郎飴、アメ車は大味、フランス車はネコ足、イタリア車はデザイン、ドイツ車は質実剛健などと評価されます。最近でこそ、その違いは薄れてきましたが、いまだに生産国によりそれぞれ特徴があります。どんな違いがあるのでしょうか?

  
7443

日産GT-RとBMW M4…約1,000万円のスポーツクーペはどちらが楽しいのか?

日産GT-RとBMW M4。どちらもサーキットでドライビングを思う存分、楽しみたいと思わせてくれるクルマです。ドイツのニュルブルクリンクで鍛えられ、性能に磨きを掛けたこの2台は、それぞれのメーカーが誇る技術の集大成と言っても過言ではありません。しかし、両車を比較してみると、その成...

  
21995

ホットハッチという言葉が流行った80年代のコンパクトカー5選

80年代はホットハッチが盛り上がりました。実用的な3ドアハッチバックモデルに高性能エンジンを搭載し、スポーツクーペにも負けない走行性能を秘めたマシン。それがホットハッチです。そんな80年代の国産車ホットハッチを振り返ってみましょう。------------------------...

  
8897