「旧車」の検索結果(91件)

記事

30年前のエンジンでも走行性能に問題なし!? なぜ日本製エンジンは良質なの?

東京モーターショー2017で、スバルはVIZIV PERFORMANCE CONCEPTが出展されます。次期WRXのコンセプトモデルと言われており、搭載エンジンはEJ型からFA型に変更されるとの噂です。EJ20型は、30年近く採用していたことになります。

  
17649

あなたの無意識なその運転が、車の寿命を2年縮めている!? その行動とは?

工業製品たる自動車の品質は、年々向上しています。各メーカーがしのぎを削る燃費戦争も、それを象徴しているといえますね。また、それにともなって壊れにくくなり、オーナーは基本的なチェックすら怠ってしまいがちになっているともいえます。そしてそれが愛車の寿命を縮めることもあるようです。

  
24576

フェアレディ1500、ヨタハチ…バックミラーがダッシュボード上に付いていた理由

旧車を見てみると、ダッシュボード上にバックミラーを装備した車をみかけます。その場所にミラーを付けた理由は、なんだったのでしょうか?

  
4267

3速AT、エアコン効かない…旧車オーナーにしかわからないあるある5選

昨今、旧車人気が高まっています。みなさんのなかにも「あの頃の憧れの車」を手にしたいという方、多いのではないでしょうか。しかし旧車ゆえに、いいことばかりではないようです…。

  
8844

昔、よく見かけたエンジンの空ぶかし…どんな効果があったのか?

エンジンの空ぶかし。いまでもたまに、スポーツカーが信号待ちで行っているのを見かけます。スポーツカーのようなエンジン音にもこだわっている車であれば、なんとなく空ぶかしもさまになるような気もしますが、それ行ったらからといって、なにか効果があるのでしょうか?それとも、レーシングカーの空...

  
6421

自動車リサイクル法ってなに?払わなくちゃいけないの?

新車でも中古車でも、車を購入する際に、自動車リサイクル料金なるものがとられます。では、自動車リサイクル法とは、どういうものなのでしょう?知っているかどうかで買取額に影響するかもしれません。

  
207

旧型NSXの維持費は?高い?安い?

現行型NSXは、ベースモデルで2,370万円。対して初代NSXはⅠ型なら、中古相場で500万円前後から見つけることができます。また、大きく現代的になった現行型よりも、ホンダらしい思想の旧型には、価格以上の魅力があります。はたして、購入後の維持費はいくらぐらいなのでしょう?

  
7791

復活したダットサンに日産NP200等…日本では発売されない日本車厳選5台!

世界中で販売されている日本車ですが、それぞれの車両は、その国や地域の環境に合わせて価格や仕様を決定しています。そのため日本未導入となっているモデルも多数存在します。今回はそんな車のうち、5台を紹介します。

  
6628

バブル期に生まれた車が再販されたら、あなたは買いますか?

ヒストリックカーの人気が高まっている昨今、80年代やバブル期のクルマたちもヒストリックカーの域に入ろうとしています。あの頃のクルマがもし再販されたなら、あなたは買いますか?

  
14689

HKSが提案する高性能オイルとは?普通のオイルとの違いとは?

自動車を愛するユーザーであれば、エンジンオイルの重要性は誰しもが知るところ。オイル交換を行ってエンジンのフィーリングがよくなった、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。エンジンオイルは大きく分けて「潤滑 ・ 密封 ・ 冷却 ・ 洗浄 ・ 防錆」の5つの役割を担っており、...

  
5138

ロータリーエンジン搭載車が復刻版として発売される日は来るのか?

2017年現在、ラインナップから外れてしまっていますが、根強い人気があるロータリーエンジン。秋に開催される東京モーターショー2017では、ロータリーの復活が期待されています。素人考えでは、過去の人気モデルを復刻して発売するのも一つの手法のように思えますが、かつて人気を誇ったRX-...

  
3431

憧れの「トヨタ 2000GT」を購入できたら…維持費はいくらかかる?

トヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発によって、日本初の本格的なスポーツカーとして1967年に登場したのがトヨタ 2000GTです。海外オークションでは、1億円以上の価格で落札されたこともある超の付くプレミアムな旧車。そんな車を持てるしたら、維持費にどれぐらいかかるのでしょう?

  
7095

クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

車のカスタムには色々ありますが、見た目で手っ取り早いのがホイール交換。魅力的な社外品ホイールも多いですが、今回は現行車の純正ホイールで、筆者が純粋にカッコいいと思った車種を、国産車のなかから5台を選びました。あくまでも個人の感想です。

  
7702

最高額40億円!? 高額で落札されたヒストリックカー5選

自動車から内燃機関がなくなる日もそう遠くないと思わせるニュースが絶えない昨今ですが、富裕層の投機対象にもなっているヒストリックカーの人気はとどまるところを知りません。今回は、近年、高額で落札された注目のヒストリックカーを5台、ピックアップしてみました。※画像は、すべて落札された車...

  
1276

ミーティングの聖地、東は大黒PA、西は芦有ドライブウェイ?集まる車に東西の違いはあるのか?

SNSももはやインフラといっていい状況になっている昨今。クルマを愛する私達にとっても「同好の士」を見つけるのに苦労しなくなったといえます。それにともなって、自然発生的な”ミーティング”が盛んになりました。その代表的な場所が「大黒パーキングエリア」と「芦有ドライブウェイ」といわれて...

  
3275

アルトワークス、遊んだデザインと実用性高いカスタムでどんな車に?

新型車のチューニングパーツ製作から、旧車のレストアまで、技術力を活かし幅広く手掛ける埼玉のオートクラフトと、オリジナルデザインに溶け込むラインが特徴のエアロパーツを得意とするガレージ・ベリーがコラボレーション!遊べて、実用性も高いチューニングを施したアルトワークスはどんな車になっ...

  
7402

トヨタ×ヤマハによる2000GTの現代版が生産される可能性はあるのか?

トヨタ2000GTといえば、ヤマハの共同開発で生まれた高性能スポーツカーです。発売されたのは1967年と半世紀も前のことですが、ロングノーズショートデッキのフォルムは、現代の基準から見ても抜群のプロポーションを有しており、いまなお名車として語り継がれています。その一方で、2000...

  
7384

"ブタケツ"と呼ばれたC130型ローレルのチューニングが流行した理由とは?

ライトバンなどの商用車を一切設定しない日本初の”ハイオーナーカー”として、日産が1968年から2002年まで製造・販売していたミドルクラスの乗用車が「ローレル」です。2代目にあたるC130型ローレルの人気はどこにあったのでしょうか?

  
14937

紫外線カットのフロントガラスクールベールの底力。アイスが溶けない?

紫外線等をカットするフロントガラスを謳うクールベールですが、ユーザーにとってもっとも気になることは、その効果を実際にどこまで体感できるかではないでしょうか。そこで、クールベールを取り付けた車両と、純正ガラスの車両を用意し、温度変化を観察。その結果は一目瞭然、明確な違いとなって現れ...

  
5725

日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、韓国…世界の自動車税事情

若者のみならず、クルマ離れが議論になっている昨今。さまざまに理由はあるものの、やはり維持費が最大のネックになっているのではないでしょうか。その維持費で毎年、ユーザーの懐を直撃するのが「自動車税」です。日本、そして他国の自動車税事情をチェックしてみましょう。

  
9409