「日本一」の検索結果(47件)

記事

天体観測するなら冬!なぜ?どこがいいの?オススメの理由をVixenに聞いてみた!

冬の空を彩るたくさんの星の数々。冬は天体観測に最適と言われますが、なぜそうなのか?そして、天体観測に向いている場所はどこなのか?天体望遠鏡の国内シェアNo.1を誇るVixen(ビクセン)の都築さんにご協力いただき、その理由や天体観察のポイントなどをまとめました。

  
650

静かに熱い、日本EVフェスティバル

23回目という長い歴史と、参加者、参加台数、出展メーカーの多さ、そしてユニークなプログラムの数々を誇る、年に1度の日本一のEV祭り。それが、本誌で連載している〝EVオヤジ〟こと舘内 端氏が率いる日本EVクラブ主催の「日本EVフェスティバル」である。text:まるも亜希子 phot...

  
276

メガネ屋、ATMなど…日本にあるおもしろドライブスルー5選

ドライブスルーというと、ファストフード、コーヒーショップなど、飲食店を連想しますよね。しかし、最近、ドライブスルーの業態が変わってきているといいます。今回は、多様化するドライブスルー事情をチェックしてみました。

  
2899

日本で一番長い橋はどーこだ?

国内には数多くの橋がありますが、そのなかでもっとも長い橋、つまり日本国内で一番長い橋はどこにあるのでしょうか。その橋は、日本一長いだけでなく通行料金にも注目の橋だったのです。

  
6918

日本一大きい、小さいSA・PAはどこ?

高速道路を利用するときに利用するSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)。SAとPAに明確な違いはないものの、SAは約50km毎、PAは約15km毎に設置されています。日本には、数多くのSAやPAがありますが、そのなかでもっとも収容台数が多い、そして少ないSA・PAはどこ...

  
32479

TOWARD 2020 自動車の未来を考える

2020年の東京オリンピックに向けて特に開催地となる東京では、空港、鉄道、都市開発、そして道路など、インフラ整備が具体的な形となって進められている。まとめ:今尾直樹、若林葉子 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
511

間違えて通過すると1時間のタイムロスに!? インターチェンジの間隔が一番長い区間はどこ?

高速道路の乗り降りで必ず通過するインターチェンジ。このインターチェンジの間隔・距離がもっとも長い区間はどこでしょうか。間違えて降りずに通過すると、かなりのタイムロスに…!?

  
7948

耳抜きが必要!? 標高が一番高いところを走っている高速道路は?

日本国内に設けられた高速道路のなかで、標高が一番高いところを通っているのは、どこなのでしょう?今回は、日本一標高が高い場所を通っているインターチェンジ区間とそこにあるパーキングエリアを紹介しましょう。

  
14700

三好礼子 バイクとクルマのその後に

18歳でのオートバイ日本一周ツーリングに始まって、バイク三昧、砂漠三昧の日々。いつも人よりちょっと先に、楽しいことを見つける天才。それが三好礼子という人だ。バイクとクルマのそのに、彼女が見つけたものとは…。text:若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol...

  
1649

夏の終わり

人生の春の頃に芽生えた想いを、夏の時期が過ぎても人は持ち続けてしまうもの。しかし年齢と共にその気持ちを維持していくことがだんだんと難しくなってくる。text:吉田拓生、小沢コージ、伊丹孝裕 photo:山下 剛、長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.165 2016年8月号...

  
899

女性ドライバーが知りたい夏の日差し対策

日焼け止め、アームカバーに、ストール…。強い日差しは気になるが、外出しないわけにもいかない。女性ドライバーにとっても、夏は紫外線と闘うシーズンでもある。日差しとクルマを巡る現状について探っていくと、ちょっと先行く日差し対策が見えてきた。text:村上智子 photo:山岡和正 [...

  
626

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
2179

定番を売るということ

親から子へ、職人から職人へと引き継がれ、誰が作っても同じものができる。そんなもののことを「定番」と言うのではないか。ずっとそう思っていた。でもここには、ちょっとちがう「定番」の姿がある。text:まるも亜希子、岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.15...

  
620

日本で一番売れている輸入車。MINIを買うべき7つの理由

日本自動車輸入組合(JAIA)の発表によると、2017年度日本で一番売れた輸入車はミニでした。ミニが国内販売台数日本一に輝いたのは、2016年度に続き2年連続。私たち日本人を魅了し続けるミニという車は、いったいどれだけの魅力が詰まっているのでしょうか。可愛らしい見た目だけでなく実...

  
11316

ホンダ N-VANは車中泊派に大注目のニューモデルだ!

2018年夏に発表されることが、公式HPで告知されたホンダの新型商用車「N-VAN(エヌ バン)」。日本一売れている軽自動車“N-BOX”シリーズの派生型になるわけですが、いやが応にも期待が高まります。今回はN-VANへの期待を込めて、どんな車になるのかをお伝えしたいと思います。...

  
90075

関東一の鍾乳洞やコバルトブルーの絶景など…群馬県のドライブスポット9選

絶好のドライブシーズンが今年も到来。どこに行こうか?と悩んでいる方、群馬県はどうでしょう?群馬県の有名な観光地と言えば、草津温泉や伊香保温泉、世界遺産の富岡製糸場などが挙げられますが、ほかにも魅力的なスポットが盛りだくさん!今回は、東京から日帰りで行ける群馬県のドライブスポットを...

  
7133

三好礼子、終わらない夏。

2008年に取材を通して出会い、仲良くなったレイコさん。2010年のモンゴルラリーでは、私がドライバー、レイコさんがナビとして、モンゴルの大地をともに走った。その年、私はレイコさんの100kmマラソンのサポートカーを運転。——そうやって少しずつ絆は深まり、たまに会えば、少ない言葉...

  
391

小林ゆきの一寸法話 vol.5 ロードプライシング

伊豆スカイラインで二輪車の危険走行や事故が問題になって久しい。ここ数年は、二輪車を通行禁止にしようという動きが本格化しているという話を聞く。text:小林ゆき [aheadアーカイブス vol.153 2015年8月号]

  
690

ユーミンを聴いていた頃

ユーミンの曲ほど、ドライブにぴったりな音楽はない。——と、そう語る人は多い。誰もが持っているありふれた出来事や感情を、切ないほどのドラマに仕立てて、昔も今も、ユーミンの歌は色褪せない。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9...

  
245

日本一長い山手トンネルの安全・防災は?

3月7日に首都高中央環状品川線が開通した。これは大井ジャンクションで高速湾岸線と、大橋ジャンクションで高速3号渋谷線と接続する路線で、約9.4㎞のほぼ全線が地下トンネルとなっている。既に開通している山手トンネル(3号渋谷線〜5号池袋線)と接続されたことで、総延長約18.2㎞、日本...

  
5074
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives