「新車」の検索結果(963件)

記事

【新型XVがヴェゼルはどっちがおすすめ?】新型XVの方が優れているところとは?

インプレッサから派生したクロスオーバーSUVのスバルの新型XVが、2017年5月に3代目に生まれ変わりました。今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVが属するコンパクトSUVカテゴリーは、現在大人気。なので、各メーカーともチカラを入れており、競合車・ライバル車もか...

  
10371

2.5Lエンジン222ps…武骨な力強い雰囲気で存在感あるトヨタ RAV4を試乗レビュー

けっこうゴツいイメージに振ってきた...。それが、約3年ぶりに復活したトヨタRAV4の第一印象。初代RAV4は、それまで武骨だったクロスカントリーモデルのヨンク(当時はまだSUVという言葉が定着していなかった)に対して乗用車ライクな雰囲気やメカニズム、そして乗り味が斬新でした。文...

  
3875

2ドアセダン?4ドアクーペ?どのように見分けるのか代表車種を踏まえてご紹介!

クルマの車体形状を示す言葉はいろいろあります。コンパクトカーや軽自動車に多い荷室と乗員スペースがいっしょになっているカタチは「ハッチバック」と呼ばれますし、そのままラゲッジスペースを大きくすると「ステーションワゴン」と呼ばれることもあります。トランクの付いた乗用車の基本は「4ドア...

  
7112

SUZUKI JIMNY (スズキ ジムニー) は少し“見栄を張った”オフローダー【ライアン塚本のC...

カラッとした天気の南カリフォルニアでは、どんな服を着るか以上に、どんなクルマに乗るかが自分自身を最も表現する要素のひとつであることに気づく。一年を通して素晴らしい天気が続くものの、ラッシュアワーのあの大渋滞のせいで、外で過ごす時間以上に車内で時間を過ごすことが多くなるのだ。いざ外...

  
18428

クラッチスタートシステムって何かご存知ですか?

いま日本で販売されている新車のほとんどはATだ。運転免許にもAT限定があり、MT車を運転したことがないというドライバーも多い。つまり、MTの運転操作で肝となるクラッチペダルを見たことがない、久しく踏んでいないというドライバーが多数派ではないだろうか。とくに、ずいぶん前に運転免許を...

  
39221

約2年1万キロ走ってわかった ルノー ルーテシアR.S.…特別なクルマ、だけどリーズナブル

ちょうど2年前の春、10年乗ったポルシェ・ボクスターSを手放した僕はフランス製の特別なハッチバックを手に入れることになった。それが「ルノー・ルーテシアR.S.」。それから共に過ごした2年間で感じたことをお届けしよう。文/写真・工藤貴宏

  
32797

希少カラー、カスタム……街中で愛車の存在感を際立たせる3つの方法!

誰もがランボルギーニ・ウルスのような圧倒的な存在感を放つスーパーモデルやスーパースポーツカーに乗れれば、あえて際立たせる必要はないだろうが、そうはいかないのが現実。90年代のようなカスタム、ドレスアップ全盛時代が過ぎ去った今、街中で愛車の存在感を際立たせる方法とは?文・塚田勝弘

  
7283

日本の高速道路で、一番きついコーナーはどこにある?

高速道路というのは安全にスピードを出せるように、可能な限りまっすぐ作りたい。そのためコーナーも緩めにして、あまりハンドルを切らなくても曲がれるように設計されている。そうはいっても山国である日本ではまっすぐな高速道路を作るのは難しい。どうしても地形の影響で、きついコーナーが生まれて...

  
70272

やっぱりかっこいい…リトラクタブルヘッドライトと言えばこの車たち

フロントノーズを低くして空気抵抗を減少させつつ、ヘッドライトの高さを確保するために生まれたリトラクタブルヘッドライト。1970年代~1990年代のスポーツカーに多く採用されました。そんなリトラクタブルヘッドライトを採用した車種はフロントノーズが低くカッコいいクルマ達ばかり、今回は...

  
32496

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第七章:スズキ ジムニー

もう10年ほど前のことになるが、神奈川・葉山の市街地にて、新車のごとく綺麗にレストアされた旧いジムニーに遭遇したことがあった。一見したところ1981~90年に生産された「SJ30系」ないしは「JA71系」と思しきそのジムニーは、リフトアップやタイアの拡大などは一切行われていない、...

  
1558

日産の新型リーフの後部座席は広いのか?居住性をチェック!

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ、ドアは4枚あることですし、ファミリーカーとしての購入を検討している方も多いはずです。後席を中心に、広さや使い勝手を確認してみました。2017/11/8

  
1095

先代モデルより進化!?2017年新型リーフの航続距離や燃費はどのくらい?

2017年9月に発売された新型リーフ、モデルチェンジ前のモデルと比べると、大幅に航続距離がのびたようです。ただ、見どころがそれだけではない新型リーフ、先代リーフと比べつつ、改良点や改善点をみていきたいと思います。2017/11/8

  
1010

新型シビックタイプRの維持費っていくら掛かるの?ハッチバックと比較してみた。

新型シビックタイプRの維持費をシビックハッチバックと比較してみました。2017/10/31

  
13287

N-BOXの走行性能ってどうなの?を検証!

2017年9月に発売が開始された、ホンダ新型N-BOXですが、走行性能が気になります。軽自動車とはいえ、先代モデルはかなりの人気のあるモデルでした。日常使いで、遜色ない仕上がりになっているか、確認してきました。2017/11/8

  
20952

先代モデルより進化!?2017年新型N-BOXの燃費や維持費はどのくらい?

2017年9月にモデルチェンジした、ホンダの新型N-BOX、エコが叫ばれる世の中において、人気のある軽自動車のなかでも、かなり人気があるモデルです。新型となり、燃費や維持費はどう変わったのでしょう。2017/11/8

  
13225

レバーが全部青!? "熱帯仕様車"って知ってますか?

東南アジアのモーターショーでクルマを見たり、現地でクルマに乗ったりしているときになんとなしに車内を観察してみると、日本のクルマとは違う部分があることに気づくことがあります。日本ではそれがないということはありえないので、その部分を見たとしても気づくかどうかは怪しい。でも明確な違いで...

  
1621

新型N‐BOXと新型N-BOXカスタムを徹底比較!

新型N-BOX、新型N-BOXカスタムですが、新車価格についてどの程度違いがあるのでしょうか。ノンターボのNA、ターボのエンジンの違いや排気量の違いもあるのでしょうか?比較してみました。2017/10/13

  
1339

安すぎる!激安のハッタリ中古輸入車たち 〜50万円以下編〜

きっと新車を購入される皆様が気にされる要素の中に「リセールバリュー」というものがあると思う。なぜなら車は高額商品が故、耐久消費財の中でも売却値が比較的つく方だからだ。だが以外に知られていないのは、リセールが高くつきやすいクルマとつきにくいクルマにどのような差があるのかということ、...

  
4192

新型ステップワゴンスパーダのハイブリッド車とガソリン車、維持費が安いのはどっち?

ハイブリッドモデルと、ガソリンモデル、同じグレード同士で金額を比較した場合、どれだけ差があるのでしょうか?ステップワゴンスパーダハイブリッドと、同じくステップワゴンスパーダのガソリンモデルで乗り出し価格を比較してみました。2017/11/8

  
20229

ランボルギーニ・ウラカンの新世代モデル「ウラカンEVO」が国内デビュー!

かつては超弩級のスーパーカーをごく少数のみ生産していたランボルギーニだが、近年の発展ぶりには目を瞠らせるものがある。特にV10エンジンを搭載するエントリーモデル「ウラカン」は、先代に当たるヒット作「ガヤルド」を大きく上回る成功を収め、ランボルギーニ躍進の原動力となっていることは誰...

  
1797
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives