「改造」の検索結果(284件)

記事

公道を走れるレーシングカー!? "ホモロゲーションモデル"とは?

自動車メーカーが開発する特別な市販車”ホモロゲーションモデル”をご存知でしょうか。レーシングカーのデザインを持ちながらも、公道を走れるまでに落としこんだその市販車は、モータースポーツファンの憧れです。今回は有名なホモロゲーションモデルを紹介していきます。文・立花義人

  
4319

フェンダーアーチモールはどうして必要なの?

自動車のタイヤは、保安基準を超えてフェンダーからはみ出すと、違法改造車になってしまいます。フェンダーアーチモールは、そのはみ出しを保安基準に適合させるために取り付けられる部品です。今回は、フェンダーアーチモールについて見ていきましょう。文・吉川賢一

  
5017

天皇陛下が乗る「御料車」とは?歴代の御料車に採用された車たち

御料車(ごりょうしゃ)とは、天皇陛下および皇族の方々が乗車するための車です。現在は、トヨタのセンチュリーロイヤルが使用されており、皇室専用の皇ナンバーのものと品川ナンバーのものがあります。では、これまでどんな車が御料車に採用されてきたのでしょうか。

  
7021

乗用車が6輪になったら、ハンドリング、乗り心地、燃費などはどうなるの?

トラックやバス、その他の特殊な車両を除き、乗用車は4輪が一般的です。でももし、乗用車のタイヤが6つになったら、どんなことが起きるのでしょうか?ハンドリング、乗り心地、ロードノイズ、居住性、燃費性能などの自動車の性能において、じつは得をすることもあるのでは?文・吉川賢一

  
3568

三菱 パジェロが残した伝説。パリダカへの挑戦と優勝

かつて、一大ブームを巻き起こした三菱 パジェロ。圧倒的なオフロード性能を持ったパジェロの人気は、パリダカ(パリダカールラリー)とは、切っても切れない関係にありました。今回は、三菱 パジェロがパリダカで残してきた数々の伝説を振り返っていきます。文・わんわんエンジニア

  
2086

特集 「岡崎五朗の」クルマ購入論

クルマを買うというのは、よほど余裕のある人でもない限り、大きな決断を要すること。欲しいクルマがあるとしても、現実的な予算があるし、家族の意見も無視できない。それに駐車場の広さや燃費、購入後の維持費など、考えなければならないことがたくさんある。本誌の新車情報コーナー「クルマでいきた...

  
149

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
114

特集 第三京浜物語

国道466号、第三京浜道路。東京と横浜を結ぶ片側3車線のこの自動車専用道路は、ワインディングでもなければ、景色を眺めるための道でもない。しかし、クルマやバイクで走る人を惹き付ける何かがある場所なのである。全長は、16.6キロ、時間にしてわずか15分程度で駆け抜けてしまう「第三京浜...

  
440

Road & Sky

クルマ、バイクメーカーの中には飛行機を生産していた会社が数多くある。内燃機関の進化はクルマやバイクだけではなく、飛行機の進化ともリンクしていたからだ。しかしそれ以外にもクルマやバイクは飛行機と感覚的な部分でつながっている。text:山下 剛、森崎佳成、後藤 武 photo:長谷川...

  
777

ネグローニ・スパイダー物語

自動車というのは道具である。それに異論はない。けれど、これほどまでに人の暮らしの中で人の心にハッキリと作用を及ぼすエモーショナルな道具は他にないと思うし、もっと言うならこれほどまでに人生というやつに密着し、人が紡いでゆく物語を豊かに彩ってくれる道具というのもそう多くはないんじゃな...

  
117

新車で買える、ミツオカのクルマたち

他の国産車とは明らかに異なる独自のフォルムを持った車を作る国産自動車メーカー、それが光岡自動車です。そんな幾多もの魅惑の車を生み出してきた光岡自動車が、現在販売しているラインナップを紹介します。

  
5203

愛車の屋根にテントは後付けできる?

ここ数年、右肩上がりに需要が伸びているキャンピングカー。車内で快適に寝られることが魅力ですが、通常のミニバンやワゴンにはないキャンピングカーならではの特徴的な装備といえば「ポップアップルーフ」です。“自分の車もキャンピングカーにしたい!”と思っている方に、このポップアップルーフに...

  
3099

自動車で世界一周旅行はどうしたらできるのか?

世界中のどんな僻地にも、人が住んでいるならば道があるはず。そして道があるなら車で行くことができるはず。公共交通機関がないところでも、自由に行けるのが、車やバイクを使った旅の醍醐味ですよね。そこで、車で世界一周するには、どういった点に気をつけなくてはいけないか、考えてみました。文・...

  
2089

クルマやバイクに文学はあるのか クルマやオートバイには人を突き動かすエネルギーがある

前号では『クルマやバイクに文学はあるのか』と題し、その前編として、これまでにクルマやオートバイがどのように表現されてきたのか、どう語られてきたのかを振り返ってみた。後編の今回は、クルマやオートバイを乗ることに、文学的といえる要素が含まれているのか、それは、他の文学的存在と同じよう...

  
161

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
593

リノベーションという選択

今、住宅業界の中では“中古物件をリノベーションする”というスタイルが注目を集めている。新品であることより、自分の価値観を持って暮らしたいという人が増えているのだ。住まいのことで悩むのなら、「賃貸と購入どちらが得か」ということよりも、「どうすれば自分の価値観やライフスタイルにあった...

  
114

45歳からの原点回帰

年齢を重ねるごとに、「感じること」が段々難しくなってくる。クルマやオートバイに対する情熱も以前のようには持てなくなってくるものだ。クルマやオートバイに乗り始めた頃のことを覚えているだろうか。自転車のように自分の足で漕がなくても前に進む歓びや、スピードという快感を初めて身体で感じた...

  
2203

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
1737

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
802

今、私が伝えたいこと

二輪、四輪を問わずモータージャーナリストの役割は、時流に沿った新しい情報や社会的な問題を発信していくことである。しかし情報発信の専門家であるがゆえ常に中立であり、考えていることを率直に語ることは少ない。今回は、自らの想いや普段から感じていることを4人のジャーナリストにフリースタン...

  
548
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives