「排気系」の検索結果(27件)

記事

マフラーは1本と2本どちらがいいの?その違いとは?

車のマフラーは、車種によって本数が異なるものが多くあります。なぜ、マフラーの本数を変える必要があるのでしょうか?

  
27853

水平対向、直列、V型…どれが最も優れているエンジンと言えるか?

自動車用エンジンにはさまざまな種類があり、同じ気筒数でも直列だったりV型だったり、あるいはスバルやポルシェのように、その形式自体を宣伝文句とした水平対向エンジンまであります。同じメーカーでも複数のエンジン形式があるのは、それぞれに長所・短所があるからです。

  
20023

レストアとオーバーホールの違いは?

2018年からマツダでは、初代NA型ロードスターのレストアサービスを開始します。発売より28年、いまなお2万3,000台が現役で、これからも乗り続けたいとのファンの声に応えたものです。こういった古い車の修理をする場合、レストアとかオーバーホールとかの用語を目にすることがあると思い...

  
9811

道路が冠水!駐車場の愛車は大丈夫?冠水路を走る際の注意点とは?

8月以降は、大型の台風が日本列島に接近するシーズンです。さらに近年は、集中豪雨による自動車の水没被害も相次いでいます。クルマを愛するものとして、気が気ではありませんね。そこで今回は道路の冠水と、その際の保険について調べてみました。

  
5179

吸排気チューンの仕上げ 燃調はどうする?1万8千円のミニコン-プロでベストな燃調セッティング

エンジン制御の基本は点火と燃調です。燃調は読んで字のごとし、吸気に対して必要な量の燃料を調整するものですが、吸排気系のチューニングを行うと、ノーマル状態で想定された条件から外れてしまい、パワーが出ないだけでなく、レスポンスが悪くなったり、燃費にも影響してしまいます。それを自分で簡...

  
6092

WRX、ランエボⅩ、etc.高効率エンジン向けHKS製タービンキットが登場!

クルマがドライバーの制御下にある場合、エンジンパワーはいくらあっても、満足することがありません。ただし、パワーアップにはそれなりの費用が必要になりますから、どこかで妥協するポイントが生まれてくるわけです。HKSのGT Ⅲタービンは、永年の開発により培われたノウハウを投入。最高のブ...

  
9105

北米でついに発表されたスバル WRX STI TYPE RAは、どんな車?

いまや世界中で高評価を得ているスバルです。なかでも北米市場は、スバルのメインターゲットです。その北米で、WRX STI TYPE RAが発表されました。メルセデスのAMG、BMWのM、レクサスのFのように、スバルにとってSTIは重要なスポーツブランドです。その強化を図る注目の1台...

  
10809

2000馬力、時速370キロを達成!世界最速SUVとなったランクル

トヨタ自動車といえば、金太郎飴や80点主義と揶揄されるほど、万人受けする自動車作りの代名詞的存在です。しかしそんなトヨタが本気モードになると、とてつもなく尖がったマシンを作り出すことも可能です。それが、今回紹介する世界最高速SUVとなったランドクルーザーです。

  
24329

モータースポーツ参戦から得た技術を惜しみなく投入した「Syms LEVORG」

SYMS(シムス)レーシングが活動を開始したのは1993年。当時、注目を集めていたN1耐久レースに、シムス SMSG インプレッサを送り込んだのが最初だった。そこで培った経験と開発力をもとに、アフターパーツ向けブランド”SYMS”を創設。現在では、サスペンションやマフラーからエア...

  
8951

VWとマツダのディーゼルエンジン、それぞれの特徴は?

2017年3月現在、VWの排ガス不正問題から早一年半が経ちましたね。すでにVW自身も不正を認めており、VWの業績は低迷するかと思いきや、2016年の世界販売台数ではトヨタを抜き首位に返り咲きました。しかし、このVWがディーゼルエンジンに与えたマイナスイメージは計り知れません。加え...

  
37706

なぜポルシェとスバルだけが水平対向エンジンを採用するのか?

現在、世界で水平対向エンジンを採用しているのは、日本のスバル(トヨタとの共同開発生産車含む)と、ドイツのポルシェのみ。以前は、アルファロメオやシトロエンなどにも採用されていた水平対向エンジンですが、最近ではめっきり減ってしまった印象です。その要因は何があるのでしょうか。

  
44843

アルトワークスのポジション改善パーツ「ローポジくん」で、純正レカロをよりレーシーに!

多くのマニュアル車愛好ユーザーの期待を受けて登場した新型アルトワークスですが、少々残念なところがあるのもまた事実。そのユーザーが嘆くポイントを改善するパーツをいくつもリリースする軽自動車チューニングの名門テイクオフから、レカロシートをよりレーシーにする「ローポジくん」が登場です!

  
22008

バックファイアーとアフターファイアーは何が違う?起きる原因は?

排気管から盛大に炎を吹き出す「アフターファイアー」。吸気側に爆発炎が逆流する「バックファイアー」と混同される事が多く、どっちも「バックファイアー」と呼ばれる事もありますが、文字通り排気系での炎はアフターファイアーです。派手に火を吹いてますが大丈夫でしょうか?

  
44689

1型〜6型まで!RX-7(FD3S)の各型はそれぞれ何が違うのか?

日本車の場合、量販車なら平均すると4年程度でモデルチェンジ、あるいはビッグマイナーチェンジが行われます。一方スポーツカーなどは、どちらかといえば長く作られ、そのなかで頻繁に改良を受けるモデルがあります。マツダのFD3S型RX-7もそんな1台でした。

  
118366

車のマフラーから異音…!? その原因と対処法は?

エンジンをかけた途端に、床下からカンカンとか、ビーとか、音はさまざまですが、普段と違う音が聞こえる時がありませんか?いわゆる異音というものですが、その原因はどこにあるのでしょうか。今回は、マフラーからの異音の原因と対処法を考えてみましょう。

  
59141

いきなり爆音!マフラーが折れてしまった際にはどうすればいい?

ちょっと古くなったクルマ、それも融雪剤が大量に撒かれたり、潮風をたっぷり浴びる地域のクルマではよくある話として「マフラーが折れる」というものがあります。マフラーが折れた際には、どういった対処をすれば良いのでしょうか?

  
53492

レガシィB4、マークXをエンジンと燃費性能で選ぶなら?

レガシィに搭載される新時代の水平対向エンジンと、マークXに搭載されるトヨタ伝統のV6・GRエンジン。性能にはどんな違いがあり、また燃費はどちらが上でしょう?

  
21265

カレラGTがベース…最高出力680馬力、日本に1台の”ゲンバラ ミラージュGT”の実力とは?

ゲンバラは(GEMBALLA Automobiltechnik GmbH)は、1979年に設立されたドイツのチューニングメーカー。ポルシェを中心としたチューニングを得意としています。そんなゲンバラが、ポルシェ・カレラGTをベースにチューニングを施し、誕生したのが、ゲンバラ ミラー...

  
26599

アフターファイヤーはなぜ起こるのか?対処法はある?

車の不具合のひとつ「アフターファイヤー」。ミスファイヤとも言われ、意図的に行う事もありますが、そうでは無い車にとってはエンジンが吹けなかったり、うるさいなど良い事は何ひとつありません。今回はその原因と対策についてです。

  
91878

最高出力428馬力のSUV 日産"パトロール NISMO"がドバイで初登場!その実力は?

日産パトロールは、かつて日本で販売されていた大型クロスカントリー4WD車「日産サファリ」の海外モデルです。サファリの発祥は1951年9月発表の「4W60型パトロール」で、サファリとしてデビューしたのは1980年。パトロールの現行モデルは6代目となるY62系で2010年に発売されま...

  
49138