「排気ガス」の検索結果(95件)

記事

自動車のマフラーの構造とは?どういう役目があるの?

ときには存在感を消して乗員が快適に移動することに貢献し、またあるときには迫力あるサウンドでドライバーの心を鷲掴みにするマフラー。普段は目につきにくいところにあるため、役目や構造について謎な部分もあります。今回は、マフラーがもつ特徴や役割について紹介します。文・吉川賢一

  
4284

アフターファイヤーはなぜ起きるのか?

レーシングカーが走行中、マフラー付近から「パーン、パーン」という爆発音や、排気管出口から火炎が出るような現象を”アフターファイヤー”と呼びます。なぜこのアフターファイヤーは起きるのでしょうか?また、なぜ市販のクルマでは起こらないのでしょう?文・わんわんエンジニア

  
13055

サバンナRX-7やギャランGTO…人々を魅了し続ける70年代スポーツモデル

排出ガス規制が強化され、多くの自動車メーカーが対応に追われた1970年代。次々とクルマが生産中止に追い込まれました。しかし、そんな中でも多くの名車が生まれています。今回は、70年代の懐かしいスポーツモデルを紹介します。

  
5418

昭和50年代にヒットした懐かしのクルマ5選

昭和50年代の日本は、オイルショックの影響を受け、それまでの高度成長期から、経済的に大きな減速をした時代でした。政府は公害対策に乗り出し、人々は暮らしに経済性を求めるようになり、生活のなかにおけるクルマのあり方にも大きな変化が見られました。今回は、そんな昭和50年代に登場して話題...

  
20580

入り口が斜め、照明がところどころ切れている理由など…トンネルにまつわる雑学

トンネルは、山間部はもちろん、ときには都市部でも見ることができます。国土に山地の多い日本では、トンネル建設という技術は、道路設計においてとても重要な役割をはたしているのです。それだけに、ドライバーの日常風景に溶け込んでいるトンネルですが、よく見るとさまざまな工夫が施されています。...

  
9729

じゃじゃ馬っぷりがたまらない…ドッカンターボといわれた車5選

「ドッカンターボ」という言葉を聞かなくなって数十年。読者のなかには、すでにこの表現を知らない方もいるかもしれませんね。決してターボ車が珍しいわけではないのですが、いったいこの「ドッカンターボ」とは、どんなクルマのことを指していたのでしょうか。文・立花義人

  
13209

セグウェイってどんな乗り物?

セグウェイ。誰でも一度は目にしたことがあるはずの、この楽しげな乗り物。どこの国で生まれたの? どんな風に操作するの? 乗ったらどんな感じなの? 実はもう、日本でもセグウェイに乗れるところがあるんです。未来のもの、と思っていた乗り物も、いつの間にか実用化が目の前まで来ていたり。知っ...

  
437

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
1804

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
590

オーナーなら共感するはず!オープンカーについて7選

オープンカーの魅力はなんといっても開放的なドライブ。風を切って走る爽快感は何ものにも変えられません。そんなオープンカーには、困ったこともあるのです。今回は、オーナーなら共感するであろう、オープンカーについてご紹介します。

  
16010

いまも多くのマニアに愛される「サニトラ」は魅力がいっぱい

“サニトラ”の愛称で、いまも多くのファンに愛されている日産サニートラック。生産中止から20年以上経つ商用車なのに、一向に人気が衰えないのはなぜなのでしょうか?その人気の秘密に迫ります。文・山崎友貴

  
8770

プレミアムブランドにまで派生したクリーンディーゼル

ここ1年で日本で購入できる欧州ブランドのディーゼル車の選択肢は飛躍的に増えた。一度は死んだ日本のディーゼル乗用車市場を復活させた立役者はメルセデス・ベンツにBMW、そしてマツダ。そもそも欧州と日本では排気ガス規制が違うが、現行のポスト新長期規制(日本)とユーロ6(欧州)は、かなり...

  
450

おしゃべりなクルマたち Vol.40 近所のミッテランさん

我が家の近所に年配の夫婦が住んでいるのだが、ウチではこの夫婦のご主人をミッテランさんと呼んでいる。text:松本 葉 イラスト:大塚砂織 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
93

花粉対策はできていますか?エアコンフィルターの交換で花粉の侵入を防ぎましょう!

「自分の愛車は自分でメンテナンス!できる限りは自分でやります!!」がモットーの、YouTuber SUGI NAMU。今回はエアコンフィルターの交換にチャレンジします。自動車のエアコンは、外気導入と内気循環があることはみなさんご存知でしょう。この外気導入を使うとき、活躍しているパ...

  
1116

待ってました!最も心地よく感じられた『フォルクスワーゲン パサート TDI』をご紹介!

本当なら、もっと早い時期に味わうことができるはずだった……。フォルクスワーゲン パサートに追加設定されたディーゼル版「TDI」の素晴らしい出来ばえに触れた瞬間から、そんな思いが脳裏をよぎってしまった。文・武田公実/Takeda Hiromi

  
4116

道とクルマと未来のコト

地球環境への配慮、高齢化社会への対策。私たちは今、否応なくそれらの問題と向き合わなくてはならない。どうしたらクルマの魅力を失わず、誰もがハッピーになれる未来を描けるか。自動車先進国ヨーロッパに、ヒントはありそうだ。text:森口将之 photo:長谷川徹、森口将之、RENAULT...

  
125

花粉の季節到来!車の花粉対策はどうすればいい?

花粉アレルギーの人にとって、春は憂鬱な季節です。特にクルマに乗っていると、鼻水とクシャミが止まらないという人も。今回は車中での花粉対策について考えていきましょう。

  
3984

排ガス規制違反問題をちゃんと理解するための10の質問

今年の9月末に突然報道されたフォルクスワーゲンによる排ガス規制の違反問題。当初は不正の起きたアメリカだけで収束すると思う向きもあったのですが、対象車両が全世界で1,100万台に及ぶという大問題に発展してしまいました。text:清水和夫 [aheadアーカイブス vol.156 2...

  
292

あなたは経験したことがありますか?トンネルでの不思議な現象5選

トンネルほど運転者にとって怖い場所はありません。なぜならトンネル工事には犠牲者がいるものと、我々の深層心理に刷り込まれているからです。そう、トンネルは数多の死霊が住む、あの世への入り口なのです。そんなトンネルにまつわる不思議な現象を紹介しましょう。

  
22198

オフロードバイクはレジャーになるのか 〜手ぶらで ”しどき”に行ってみた。

今は、何でもレンタル&1日体験で遊ぶのが当たりまえになってきた。サーフィンやサップボード、ダイビングからスノボーまで、手ぶらで現地に行って思いっきり楽しむ時代。最近はレンタルバイクがメジャーになって手軽にバイクに乗れるようになったとはいえ、免許は必要だし、家族全員でツーリングに行...

  
3428
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives