「性能」の検索結果(770件)

記事

ミニバンにもAMGライン。メルセデスがVクラスにかける思い

セダンやクーペ、SUVがメジャーなメルセデス・ベンツですが、ミニバンモデルもしっかりラインナップされています。街中で見かける機会が少ないメルセデス・ベンツのミニバン・Vクラスですが、スポーツ仕様のAMGラインまで存在します。メルセデス・ベンツにとってこのVクラスとはどのようなモデ...

  
0

Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

ボクが普通自動車の免許を取得したのは約30年前。免許に記された12月20日という日付を見ると、クリスマスのドライブデートのために、足繁く教習所に通ったことを思い出す。そんな初心者時代、北関東にある実家のガレージには、7〜8年落ちの日産サニートラックとBMW 528eがあった。

  
627

アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「魂動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上したというわけではありません。しかしそれだけ好印象のメーカーに躍進した理由の一端はやはり、”デザイン”なのでは...

  
6169

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用車、あるいは公用車…これらはなんとなく「黒塗りのクラウン」なんてイメージが強いのではないでしょうか。それと困った時に頼れるタクシー。これも旧型のクラウンが多い…なんて印象。これはなぜなのでしょうか?

  
13619

エスティマ、まるっとした卵型にデザインされた秘密とは?

1989年の幕張メッセで行われた第28回東京モーターショーにて、コンセプトモデルとして出展されたエスティマは、翌1990年に市販化。その独特で斬新なフォルムから「天才タマゴ」なるキャッチコピーで注目されました。このまるっとした卵型デザインは、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

  
3313

3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

クルマの収納力や快適性は日本メーカーの得意分野の一つです。ミニバンでは、ほとんどのモデルが3列シートを備える7〜8人乗りのモデルとなっていますよね。しかし普段は3〜4人乗りで利用する人が多いかと思います。積載性を重視する場合は3列目シートは折りたたむ必要があり、車種により様々な収...

  
10356

ついに登場!ビジネスアスリートたちへ送るニューBMW5シリーズ

BMWジャパンは2017年1月12日にニューBMW5シリーズを日本で発表しました。ミドルクラスセダンの5シリーズは実に7年ぶりとなるフルモデルチェンジで、ボディの軽量化や燃費、ドライバー支援システムがポイントです。

  
517

安全面はピカイチ!新型メルセデスEクラスの最先端技術とは?

日本では2016年7月にモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツEクラスですが、その先進技術を使った運転支援システムなど、安全面での装備充実が目立つと話題です。一方、ライバルであるBMW5シリーズ、アウディA6もモデルチェンジのタイミングで追撃してくるのは明らかです。Eクラスの安...

  
2982

日産エルグランド…独自のラグジュアリー装備に迫る!

車として独自の進化を続けるミニバン。その居住性や快適性はスポーツカー等とは違った魅力があります。しかも、装備は至れり尽くせり、まるでラウンジで寛いでいるような感覚に陥ることは必至です。今回は高級ミニバンの代表格、日産 エルグランドのラグジュアリー装備を解剖していきます。

  
6640

自分の車がWi-Fiスポットに?!audi connectとは?

車の性能は、その時々のトレンドを大きく反映されながら進化を続けています。たとえば最近、テープやMDが聴けるカーオーディオってまず見ませんよね。それらに取って代わるように現れたのが、iPodなどのフラッシュメモリを搭載したポータブルオーディオです。また最近は、スマートフォンでナビや...

  
13203

カーデザイナー和田智氏がデザインした車5選

カーデザイナー兼プロダクトデザイナーである和田智氏を知っていますか?現在は独立をしてSWdesignを主宰する和田氏は、1983年に日産自動車に入社し、98年にはドイツのアウディに移籍、数々の車のエクステリアデザインを担当してきました。日本人が海外で活躍するというのは私たちからし...

  
9786

【東京オートサロン 2017】カーボンドレスアップでおなじみハセプロの新製品!

カーボンパーツや、オリジナルのグッズを多数販売しているハセプロ。

  
315

【東京オートサロン 2017】安いタイヤを簡単手配のオートウェイ!

ネットで簡単注文ができるオートウェイ。しかし家にタイヤが届くのはちょっと…と思っている方、安心してください。

  
2725

【東京オートサロン 2017】今年もモータースポーツへ精力的な姿勢のSUBARU

今年のモータースポーツへの参戦計画が発表されました。

  
397

【東京オートサロン 2017】スズキからコンパクトカーの可能性の提案

コンパクトカー界の重鎮スズキ、今年はどんな手で市場を賑わせてくれるのでしょうか?

  
325

【東京オートサロン 2017】e-Powerに賭ける日産の意気込み

ノートe-Powerが好調の日産。東京オートサロンにはNISMO仕様を持ち込み、多くの来場者の注目を集めています。

  
9732

【東京オートサロン 2017】ついに日本でベールを脱いだ、新型ホンダ シビック

シビックといえば世界で累計2,400万台も販売しているホンダの金看板のひとつ。そのシビック、ついに東京オートサロンにて新型の姿を見せてくれました。

  
10685

【東京オートサロン 2017】挑戦を続けるブレーキメーカー「DIXCEL」

高性能なブレーキパーツをリリースしている「DIXCEL」。そして更なる新技術を提示すべく、挑戦を続けているブランドでもあるのです。

  
4548

【東京オートサロン 2017】NITTOのリリースする「パッション溢れる」ニューモデル

東洋タイヤの子会社であるNITTO、実は北米で人気に火が付いたタイヤブランドでもあります。そんなNITTOが高い技術力と北米で培った「パッション」を伴ったニューモデルをオートサロンで発表しました。

  
3070

キャラ立ちが明確!トヨタ クラウンのアスリート、セダン、マジェスタ、ロイヤルの違い

初代のトヨペット クラウンがリリースされたのが1955年のこと。それからモデルチェンジを繰り返し、2017年現在もクラウンは14代目として生き残っている、国産自動車の「レジェンド」でもあります。さて、そんなクラウンにも様々なグレードがあり、それぞれ訴求するターゲットが違うようなの...

  
1212