「必要性」の検索結果(73件)

記事

プジョー 2008、ジープ レネゲードなど…200万円台で購入できる輸入SUV

国産とは違う個性的なスタイリング、高級感のあるインテリア、そして独特の乗り味。SUVに乗るなら輸入モデルに乗りたいという人も多いのでは?でも、国産車に比べると高いというイメージも。そこで今回は200万円台で買える輸入SUVを集めてみました。文・山崎友貴

  
13047

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.59 芸能人の交通事故

先日、タレントのつちやかおりさんが交通事故を起こしたというニュースが新聞、テレビ、webで盛んに報じられた。どうやら一時停止を無視した自転車が横から突っ込んできたようだ。多くの事故はドライバーの注意とテクニックで防げるが、なかには今回のように防ぎようのないケースもあるわけで、彼女...

  
1013

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.40 ブランディングの重要度

クルマ業界に限らず、日本企業に不足しているのがブランディングだ。ブランド価値のない商品は泥沼のような価格競争に巻き込まれ、企業だけでなく下請けや小売店も次第に疲弊していく。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.120 2012年11月号]

  
155

小沢コージのものくろメッセ その4 女性自動車ジャーナリストの功罪

前回の続きにはなるが、最近の女性自動車ジャーナリストの増加。それはクルマの本質的求心力低下の裏返しに他ならないと思う。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
120

日本の誇れる企業 vol.2 株式会社アライヘルメット

F1ドライバー、MotoGPレーサー。時速300kmという世界で闘う彼らの多くが「指名」するメーカー、それがアライヘルメットである。プロが被るヘルメットの品質はそのまま、市販品にも適用されている。「一度被ったら手放せない」。一流選手をそう言わしめる製品の秘密はどこにあるのだろうか...

  
274

ライディングシューズの必要性

残念ながら、オートバイには常に転倒のリスクがつきまとう。しかも、それは〝万が一〟というほど呑気に構えていられるものでもなく、それ以上の確率で、あの日突然、ライダーの身に降りかかってくるのだ。だからこそ、ライダーは自身の体を守るため、ヘルメットやグローブ、ジャケットといった安全装備...

  
453

セレナ e-POWER発売開始!通常のセレナと比べてどう違う?

日産は、2018年3月1日から、セレナe-POWERの販売を開始しました。ノートに続くe-POWERモデルの第2弾として、日産が選んだのが主力ミニバンのセレナ。現在セレナは、日産の国内販売台数をけん引する重要な役目を担っており、セレナにe-POWERを設定したのは、大正解と考えら...

  
4349

欧州生まれのアメリカン ~フォード・フィエスタ

フォードのフィエスタが好調だ。2012年には車名別販売台数で世界6位を記録。しかも、激しいシェア争いが繰り広げられる、いわゆるBセグメントのカテゴリーで72万台超というトップセールスを達成し、現在に至っている。text:伊丹孝裕 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス v...

  
172

ドライブ好きなら気になる!? 日本一長いトンネルは?

島国であり、山の多い日本。また建造物が多く立ち並ぶ都市部など、日本国内で道路を敷設する際には、さまざまな制約があります。そうした事情もあり、日本ではかねてよりトンネルで道路を創出してきた歴史があります。そんな日本の技術を駆使して建造されたトンネルの数は、10,645箇所(※平成2...

  
24068

車検費用や税金が払えない!どうすればいい?

毎年度始めに収める自動車税に、自動車重量税や自賠責保険料を含む車検費用は、原動機の種別を問わず、公道を走らせる自動車を維持するうえで最低限必要なものです。もしそういった費用が払えない場合、どうなるのでしょうか?また対応策はあるのでしょうか?

  
22866

岡崎五郎のクルマでいきたい VOL.63 メーカーオブザイヤー?

今年も日本カーオブザイヤー(COTY)の季節がやってきた。COTYはあらかじめ投票で10台のクルマをノミネート(10ベストカー)し、その10台のなかから最終選考で順位を競う。ここでもっとも多くの得点を獲得したクルマがその年のカーオブザイヤーとなるわけだ。text:岡崎五朗 [ah...

  
693

オンナにとってクルマとは Vol.49 コペンに見る夢

「新しいコペンってどうですか?」  近ごろ、あまりクルマに興味がない女性から、そうインプレッションを聞かれることが多くてビックリしている。それに、撮影などで街中をコペンで走っていると、カップルや子供連れの女性が「あ、あれコペンだよね」と話しているのが聞こえてきたりする。こんなに女...

  
148

Rolling 40's Vol.79 舶来品

海外のバイクメーカーがすこぶる元気が良い。もちろん日本の四大バイクメーカーに元気がないという訳ではない。今年のモーターサイクルショーでも精力的なニューマシンが目白押しだ。おそらく海外のバイクメーカーの、迷い無き勢いが目立ち過ぎているということなのだと思う。その違いはある意味で四輪...

  
96

いまだ馴染みのない高速道路の路線番号。そもそもなぜこれまで名称で呼ばれていたの?

2016年3月、国土交通省は、すべての利用者にわかりやすい道案内の実現のため、高速道路に路線番号を付けること発表。2017年から運用が開始されました。日本では、あまり馴染みのない高速道路の路線番号ですが、世界的には広く採用されています。なぜ日本の高速道路はこれまで名称で呼ばれてい...

  
5686

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
2157

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.19 40年の歴史を持つF1の日本開催

今年も鈴鹿サーキットで当たり前のようにF1日本グランプリが開催された。鈴鹿では1987年に初開催されており、今年で28回目を数える。数が合わないと感じるかもしれないが、'07年、’08年は富士スピードウェイで開催されたからだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス...

  
154

なくても車検に通る!? ルームミラーの必要性とは?

運転席と助手席の間、フロントガラス内側の上部に装着されているルームミラー。じつは保安上、装着義務がないことをご存知でしたか?つまり、なくても車検に通るということ。しかし道路運送車両法第44条には、後写鏡が必要とも書かれています。これはどういうことなのでしょうか?

  
12123

ロードスター RFがもたらしたもの

シートから離れ、少し距離を置いて振り返ってみる。そんな時に決まって車体の斜め後ろから眺めたくなるクルマがある。もちろんそこから見るスタイルが最も絵になるからだが、ロードスターのRFはまさしくそういう1台だ。text/photo:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.173 ...

  
1756

松本 葉の自動車を書く人々 最終回 岡崎五朗

この連載の最終回に登場する〈自動車を書く人〉は、本誌でお馴染みの自動車評論家であり、同時に『クルマでいこう!』(テレビ神奈川)のメインキャスターとして多くのファンを持つ岡崎五朗氏。text:松本 葉 [aheadアーカイブス vol.178 2017年9月号]

  
1906

自動車ホイールの50年の変革〜エンケイホイールの歩み

エンケイは世界トップクラスのアルミホイールメーカーだ。海外進出も積極的に進めているが、 〝メイド・イン・ジャパン〟に対するこだわりが支持される理由のひとつだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.177 2017年8月号]

  
556
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives