「復活」の検索結果(276件)

記事

ホンダ インサイトがデトロイトで復活!日本導入は?

1999年に発表された初代から18年、一度生産が途絶えていたハイブリッド専用モデル、インサイトが、デトロイトモーターショーで4年振りに復活しました。新しいインサイトは、2モーターのスポーツハイブリッドi-MMDを採用するとのことですが、日本には導入されるのでしょうか?

  
5

昔は車は前から乗っていた!? BMW イセッタとはどんな車?

自動車は、サイドの前後にドア、後方もしくは前方にトランクがあるというのが常識ですよね。しかし長い歴史のなかには、正面がドアパネルになっており、乗車していた車がありました。今回は、そんなちょっと変わった車をご紹介します。

  
2141

シビックに続け!バブル期の名車ホンダ プレリュードの復活は2019年?

ビートはS660として、NSXは新型で復活、シビックも2017年日本市場に復活と「復活尽くし」なホンダですが、バブル期の名車プレリュードも復活するという噂があるようです。その真偽のほどは?

  
9121

使い方いろいろ、新型ハイラックスを選ぶ理由

2017年9月、日本で13年ぶりにハイラックスが復活しました。ピックアップトラックという日本では希有な存在のハイラックス。どんなクルマで、どんな使い方ができるのでしょうか。

  
3814

SUVのツートップ!ランドクルーザーVSレンジローバー、あなたはどちら派?

現代のSUVブームの礎とも言えるモデルが「ランドクルーザー」と「レンジローバー」です。共にハイエンドな四輪駆動車として、長き渡って君臨してきた双璧ですが、現在はどんなポジションニングなのかを考えてみました。

  
7059

4年ぶりの復活!ホンダ インサイトって?新型はどんな車になる?

2014年に生産を終了したインサイトですが、2018年1月20日から開催されるデトロイトショーで、次期型のプロトタイプモデルが発表されることになりました。インサイトといえば、ホンダのハイブリッドカーを牽引してきたモデルでしたが、実質的な後継モデルが発表されることなく、ラインナップ...

  
3942

コーティングの効果を長く維持させるメンテナンス方法とは?

クルマのボディコーティングは外観を美しく保つだけでなく、雨や樹液などさまざまな汚れから塗装面を長期間にわたり保護してくれます。コーティングというとメンテナンスフリーというイメージがあると思いますが、プロいわく施工後のメンテナンスにより効果が大きく変わってくるとのこと。では、コーテ...

  
3197

モタスポ見聞録 Vol.7 ホンダの恋模様

「志半ばでマクラーレンと袂を分かつのは非常に残念」と、ホンダの八郷隆弘代表取締役社長はコメントした。ホンダとしてはマクラーレンと一緒にF1を戦いたいのだが、袖にされたのでは仕方ないといった悔しさがにじみ出ている。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.179 201...

  
148

アルファ ロメオの復活劇 ALFA ROMEO GIULIA QUADRIFOGLIO

アルファ・ロメオの創立105周年を記念する年、すなわち2015年の6月24日、ミラノのアレーゼにある同社の歴史博物館で新型ジュリアは公開された。それは単なる159の後継車ではなかった。アルファにとってじつに23年ぶり、1992年に終了した75以来の後輪駆動のサルーンだったのだ。t...

  
110

ガーメントバックやサイドミラーワイパーなど...いまはなき機能・装備6選

自動車が一般的なものになり普及してくると、性能差がなくなり、メーカーは付加価値によって販売を伸ばそうとします。そんな時代に生まれた便利そうで、そうでもない機能や装備を紹介します。

  
13291

2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

アメリカでは、製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります。2017年から2018年かけて輸入解禁になることで、中古市場に影響を及ぼしそうな1992-1993年生まれのモデルを紹介しましょう。

  
34086

NSX、MR2、ビートなど...個性豊かな日本のMRスポーツ5選

初代NSXを始め、日本メーカーから発売されたミッドシップスポーツカーは、多くの個性と魅力を秘めていました。そんな日本製MRスポーツを、今後の復活に期待を込めて振り返ってみたいと思います。

  
10036

ブガッティは、投資する金額に対して速さがイマイチ!? なぜ高額なの?

ハイエンドスポーツカーの条件のひとつに、圧倒的な加速力があります。価格が安くて速いほどコストパフォーマンスには優れていることになりますが、ブガッティ シロンのそれはイマイチという話を聞きます。はたして本当なのでしょうか?

  
10965

気づいたら細かいキズ多数…見つけたらどうするべき?

愛車のボディがどうもくすんでいるように見える…雨が降ったり、洗車してすぐはピカピカだけど、乾いてしばらくすると、なぜかシャキっとしていない。そんな感覚は意外と大事なもので、よく見ると、小さいキズが無数に付いていることがあります。では、そんな時はどうすべきでしょうか?

  
10798

その数10以上!? VWグループのブランドを全部言えますか?

現在、世界販売台数トップの座を争う、トヨタとVWグループ、そしてルノー日産アライアンス。これまでトヨタとVWグループの一騎打ちでしたが、2017年上半期の累計販売台数では、三菱と提携したルノー日産アライアンスが躍進。VWやトヨタとしても無視できない存在感を発揮しまっした。このよう...

  
7304

1,000万円超えもあった!? ランエボX ファイナルエディションとは、どんな車だったのか?

惜しまれつつ生産が終了した三菱のランサーエボリューション。最終モデルとなった”ファイナルエディション”は、世界中であっという間に完売となったことでも、その高い人気を裏付けていました。そんなランエボ ファイナルエディションは、なんと約1,000万円で取り引きされた個体もあったようで...

  
9162

GT-RやフェアレディZ…いまの車と昔の車どちらが好き?新旧デザインを写真で比較

自動車のデザインというものは、生まれた時代背景、求められている性能を反映したもので、見た目の印象だけで優劣を語ることができません。そんなわけで、ここでは車種別の新旧デザインをまとめてみました。時代の移り変わりなども感じながらデザインの新旧比較をしていただければと思います。

  
13190

英国紳士が乗りこなす!ジャガーのラインナップ

エレガントなイメージの強い、英国のブランドジャガー。現在はデザイン性や信頼性も向上し、そのブランドの地位を引き上げることに成功しています。そんなジャガーのラインナップをチェックしてみましょう。

  
4825

日本のSUV史に残る名車(迷車?)5選

日本で自動車産業が勃興し、80年が経ちました。数多くの車種が生まれては消えていきました。数多ある国産車のなかで、SUVにフォーカスして世界に誇る名車(迷車?)を、5台厳選してみました。------------------------------------------------...

  
25760

ブームに乗って販売されるかも!? 日本に導入されていない国内メーカーSUV5選

現在、世界的にSUVブームです。日本国内でも、復活したハイラックスが好調な受注を記録するなど、SUVの注目度は高まっています。このハイラックスの成功から、今後他の国産メーカーが、海外向けSUVを国内に導入するなんてことがあるかもしれません。では、そんな日本未導入の国内メーカーSU...

  
18567