「大鶴義丹」の検索結果(93件)

記事

なぜハヤブサは孤高の存在になれたのか

2000年の春だった。その半年くらい前に登場して世間を騒がせていた「ハヤブサ」という未曽有のバイクに乗ろうと思った。決断してから半日後にはバイク屋で見積もりを貰っていた記憶がある。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
1326

最大トルク43.1Nmもアップ!BLITZ、東京オートサロン2019で新開発ハイエース用スーパーチャ...

BLITZブース、注目の出展はバイクやクルマ好きで知られる俳優大鶴義丹氏とのコラボで生まれたフルカスタムのハイエース『BLITZ×義丹MOTORS HIACE WIDE』(2.7ワイドガソリン)です。フルエアロのスタイリッシュな外観のハイエースは電子制御の足回りと新開発のスーパー...

  
3445

ROLLING 50's VOL.120 遊戯の終わり

16歳から絶え間なく関わり続けている「乗り物・改造遊戯」、つまりチューニングという行為。しかし最近では、二輪・四輪共に、その行為の意味が大きく変わっている。もしかしたら数年後には、その言葉自体が死語になっているのではと思うこともあるくらいだ。text:大鶴義丹 [aheadアーカ...

  
307

ROLLING 50's VOL.119 恋愛3年説

実は今、物凄くクルマを買い替えたくなっている。4年半前に新車で買った今のSUVには、何の問題や不満もない。性能や燃費も良いし、格好も好みだ。しかも自分の趣味などの必要に応じて、幾つかカスタムも施している。点数で言うのなら95点くらいと言っても良いであろう。これ以上に何を望むのだ、...

  
346

Rolling 40's VOL.112 運転代行の初夢

最近、人工知能の話題などにおいて「シンギュラリティ」という言葉を聞く機会が多い。調べてみると、私たち乗り物マニアにも大きく関係していることであった。簡単に説明すると、シンギュラリティとは数学用語の「特異性」で、人工知能が人類の知能を超える「技術的特異点」を指し、生物学的な思考速度...

  
428

ROLLING 50's VOL.118 世界は今、回顧主義か

ディスカバリーチャンネルやナショジオTVなどを観ていると、アメリカやイギリスで製作された、四輪旧車レストア番組やクラシックカー専門番組などが異様に多い。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.188 2018年7月号]

  
327

ROLLING 50's VOL.117 温故知新を卒業

10年近く大事に愛でていた「スズキの旧車バイク」を手放してしまった。これは私のバイクライフの中では、人生で言うところの協議離婚レベルに大きな出来事である。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.187 2018年6月号]

  
384

ROLLING 50's VOL.116 キャンピングカーのトイレ

毎年7月に開催されるキャンピングカーの祭典「東京キャンピングカーショー」が賑わっている。全国のキャンピングカー製造会社・販売店が、最新のキャンピングカーを展示して、2017年は過去最大の車両がビッグサイトに並んだという。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.186...

  
774

50代に突入した文学者、大鶴義丹 〜aheadのコラムで振り返る彼との12年〜

大鶴義丹がaheadに連載を始めたのは2006年9月(vol.41)のことだ。当時、38歳。text:ahead編集長・若林葉子 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
560

Rolling 40's VOL.115 モーターショー三昧

ここ半年で、東京モーターショー2017、東京オートサロン2018、東京モーターサイクルショー2018と、三つの大きなモーターショーを見に行った。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
296

Rolling 40's VOL.114 東京モーターサイクルショー

3月、私たちバイク乗りは暖かい風というものを数ヵ月ぶりに知り、バイクが冷たい風に耐え忍ばなくても良いものであるということを思い出す。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
1177

Rolling 40's VOL.113 半世紀

バイク系の有名You Tuberが、80年代を走ったバイク世代に対して、あの時代の峠での「走り屋ブーム」を誇らしげに語らないで欲しい、あれは単なる暴走族の集会であり、そんな時代を美化して語って欲しくないと声高に語っていた。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.18...

  
301

Rolling 40's VOL.111 水物

最近、今となっては旧車の部類に入るトヨタ・レビン・AE86の改造車に触れる機会があった。久しぶりに見たノスタルジー全開の車種であるが、一番驚いたのはその車体の大きさである。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.181 2017年12月号]

  
1029

Rolling 40's VOL.110 モーターショー裏読み(その2)

東京モーターショー2017を見に、プレスデー初日の朝イチからビッグサイトに行った。各メーカーの前情報は雑誌やネットである程度は出ていたが、あえて頭でっかちにならない程度の予習しかしなかった。「晴海スーパーカーショー世代」としては、会場で各メーカーの演出をリアルに楽しみたいからだ。...

  
358

クルマやバイクに文学はあるのか クルマやオートバイには人を突き動かすエネルギーがある

前号では『クルマやバイクに文学はあるのか』と題し、その前編として、これまでにクルマやオートバイがどのように表現されてきたのか、どう語られてきたのかを振り返ってみた。後編の今回は、クルマやオートバイを乗ることに、文学的といえる要素が含まれているのか、それは、他の文学的存在と同じよう...

  
1021

45歳からの原点回帰

年齢を重ねるごとに、「感じること」が段々難しくなってくる。クルマやオートバイに対する情熱も以前のようには持てなくなってくるものだ。クルマやオートバイに乗り始めた頃のことを覚えているだろうか。自転車のように自分の足で漕がなくても前に進む歓びや、スピードという快感を初めて身体で感じた...

  
3848

素晴らしき「多重人格」─ドゥカティ ムルティストラーダ1200S

バイク乗りだけは、どうしてか最先端のことを全て受け入れない傾向がある。四輪の世界でも一部そういう趣向はあるが、良きにつけ悪しきにつけ、全体からすると二輪の割合には及ばない。懐古的というよりも、バイクのコントロールがマシンのポテンシャルより、ライダーの技術や感性に依存する割合が多い...

  
961

ROLLING 40's vol.43 決死隊

3月3日より公開された、映画「キリン」。私が企画・脚本・監督を務めさせていただいたのだが、池袋シネマ・ロサは初日から数日間はほぼ満員御礼。その後も当初の予想を上回る広がりになり、私たち関係者が「こうなったら、いいなあ…」と願っていたままの形になった。嬉しいと言うより、何か空恐ろし...

  
260

Rolling 40's vol.40 全てが「リーチ」の2012

ようやく新しい年になりましたが、皆さんはどんな思いで激震の2011年を見送ったのでしょうか。どの忘年会でも、「こんな御時世」という言葉が「枕詞」のように使われた年の瀬でしたが、泣いても笑っても時間の流れは止められたり巻き戻したりできる訳もなく、新たに2012年を「再生」の年として...

  
315

Rolling 40's vol.48 反アンチエイジング

デカいバイクに乗っていると、若いですねとか、元気ですねと言われることがある。それは大間違いだ。ヘルメットは脱毛を促進し、長距離を走った後は腰が曲がっている。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9月号]

  
699
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives