「大気汚染」の検索結果(22件)

記事

責任と品格

ルールは規則に準ずるので守らなければ罰則を課せられる。マナーは規則の範疇ではないので罰則はない。ルールは基本的に社会によって定められるが、マナーの規範は自分の中にある。ルールは明文化されたものであるのに対して、マナーは個人の価値観に委ねられる。しかしルールに定められていない責任も...

  
371

今の時代にクルマを選ぶということ

ごまんとあるクルマの中から、買って後悔しない1台を選ぶというのは大変なことだ。新車を購入する場合は、最低でも100万円を超える出費を覚悟しなければならない。しかもそのクルマとは数年間は付き合うことになるし、維持費だって掛かってくる。それに最近のクルマにはハイブリッドをはじめ、ダウ...

  
284

実は奥が深いフォーミュラE

電力だけで動くフォーミュラカーレースとして話題を集めていた「フォーミュラE」の記念すべき初戦が先月開催された。地上波でTV中継されるとあって楽しみにしていた方も多いだろうが、同時にF1を頭に描きながら観ていると、観戦後に何やら物足りなさを感じたかもしれない。そのギャップの原因は何...

  
842

中国で一番売れている日本車「日産 シルフィ」のEV車が北京で世界初公開

一時期の勢いは沈静化された感があるものの、モータリゼーション真っ只中の中国では、1年間に約2,890万台の新車(4輪車)が販売されています。これは日本の約5倍。そのなかで、もっとも売れている日本車が「日産 シルフィ(東風日産 軒逸)」です。そのシルフィの純電車(中国語で、純粋な電...

  
8535

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
667

道とクルマと未来のコト

地球環境への配慮、高齢化社会への対策。私たちは今、否応なくそれらの問題と向き合わなくてはならない。どうしたらクルマの魅力を失わず、誰もがハッピーになれる未来を描けるか。自動車先進国ヨーロッパに、ヒントはありそうだ。text:森口将之 photo:長谷川徹、森口将之、RENAULT...

  
125

排ガス規制違反問題をちゃんと理解するための10の質問

今年の9月末に突然報道されたフォルクスワーゲンによる排ガス規制の違反問題。当初は不正の起きたアメリカだけで収束すると思う向きもあったのですが、対象車両が全世界で1,100万台に及ぶという大問題に発展してしまいました。text:清水和夫 [aheadアーカイブス vol.156 2...

  
292

あなたは経験したことがありますか?トンネルでの不思議な現象5選

トンネルほど運転者にとって怖い場所はありません。なぜならトンネル工事には犠牲者がいるものと、我々の深層心理に刷り込まれているからです。そう、トンネルは数多の死霊が住む、あの世への入り口なのです。そんなトンネルにまつわる不思議な現象を紹介しましょう。

  
22198

トヨタ博物館に行こう!

トヨタ車だけでなく世界の歴史的なクルマが収蔵されているというトヨタ博物館。プリウス発売20周年にあたる今こそ訪ねてみたい。自動車はどこから来て、どこへ向かっているのだろうか。初代プリウスから見れば未来のクルマとなる「プリウスPHV」で、トヨタ博物館に向かった。text:まるも亜希...

  
289

EVオヤジの未来予想図 VOL.2 自動車失恋記念日

TVや新聞等のメジャーなメディアが、これほど繰り返しモーターショーを報道したことはなかったかもしれない。それほどにフランクフルト・モーターショーは衝撃的であった。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
303

今後、マイカーで観光地に入ったら課金になる!?

休日のドライブは、クルマ好きの私達にとって楽しみのひとつです。都内近郊であれば、鎌倉や湘南がアクセスも比較的良いことから、日帰り行楽の人気スポットとなっています。しかし数年後、こうした観光地にクルマで行くと、「課金」されるようになるかもしれません…。

  
5020

車の排気ガスってどんな成分?なんで環境に悪いの?

ゼロエミッションが叫ばれて久しい2017年。自動車の動力源が、内燃機関から電気モーターへの移行期に差し掛かっている印象です。その理由は、内燃機関が排出する有害物質によるものであることをざっくりとは知っていると思います。ですが、そもそも自動車の排気ガスはどうして環境に悪いのでしょう...

  
33824

もし日本でディーゼル車禁止令が出たら、所有者はどうすればいいの?

フランスとイギリスが、2040年までに内燃機関を搭載する自動車の販売を禁止すると発表しました。フランスの判断には、VWのディーゼル車排ガス不正問題によって、これまでディーゼル車が隆盛を誇ってきた欧州で、ディーゼル見直し論が出ているのだと言います。もし日本で、ディーゼル車の販売が禁...

  
20482

フィリピンの名物!ド派手乗合バス「ジープニー」を知っていますか?

フィリピンで市民や旅行者のアシとして、重宝されているジープニー。日本のタクシーとバスの中間的存在で、利便性もさることながら、インパクトある外観も特徴です。そんなジープニーを紹介します。

  
7575

デリカD:5を買うなら2WDと4WDどっち?

2WDと4WDの設定があるデリカD:5。しかもデリカの4WDは、一般的なミニバンの4WDとはシステムからしてまったく違う、かなり本格的な4WDモデルです。2WDと4WD、どちらを買うのが良いのでしょうか?

  
54816

ハイブリッド、水素、ディーゼル…結局どれがコスパいいんですか?

ハイブリッドはもちろん、PHV、水素をつかった燃料電池、そしてクリーンディーゼルエンジン…環境対策のためにさまざまなパワーユニットが開発され、進化を続けています。いずれも優れた技術によるものですが、私達にとって何が一番コストパフォーマンスに優れているのでしょうか?

  
50473

なぜメルセデスVクラスに、ガソリンエンジン仕様がないのか?

メルセデス唯一のミニバンがVクラスです。2014年にフルモデルチェンジが行われ、現在は3代目となっています。このVクラス、パワーユニットはディーゼルエンジンのみという非常に割り切ったグレードとなっています。その理由とは…?

  
28786

ジュークの室内と快適性は?SUVとしての使い勝手はどうか?

内外装のデザインがかなり個性的で、走りもスポーティでパワフルなジューク。では、SUV→ユーティリティヴィークルとしての実用性はいかがなものでしょうか?荷室スペースの広さや使い勝手はどうでしょう?また運転のしやすさは?

  
22689

高性能車やチューニングカーに装着…オイルキャッチタンクにはどのような効果がある?

ノーマルの車であれば、まず付いていないであろう部品がオイルキャッチタンクです。一部の高性能車や、チューニングカーについては後付けしているケースがあります。オイルキャッチタンクは何のためにあるのでしょう?

  
57696

「三角窓」が無くなっていった理由とは?

現代のクルマから姿を消したものとして挙げられるものは数多ありますが、三角窓もそのうちのひとつではないでしょうか。フロントドアガラスの前方に備えられクルリと回転して開閉する三角窓。なぜ三角窓は無くなっていったのでしょうか。その理由を探ってみます。

  
49201
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives