「外車」の検索結果(76件)

記事

SPECIAL ISSUE クルマに関わる見栄と意地

人にとって見栄を張ることは、ときには必要ではあるが、他人に見せびらかすためだけの見栄ほどみっともないものもない。そのバランスの中に、その人の生き方が現れると言っても言い過ぎではないだろう。特に男性にとって、クルマやバイクと"見栄"の関係は浅からぬものなのである。t...

  
513

SPECIAL ISSUE クルマとバイクの世代論

「クルマ」や「バイク」と一言で言うが、世代によってその捉え方はまったく異なる。品格ある絶対的存在としてクルマがあった時代、自らの成功を証しするものとしてクルマやバイクに憧れを抱いた世代、そしてクルマやバイクが単にひとつのツールとなった世代。世代によってクルマ観はさまざま。それでも...

  
1318

EVオヤジの未来予想図 VOL.13 5L V12のジャガーに乗っていた頃

今回は、これまで秘密にしてきた話をしよう。秘密なので読んでも内緒だ。実は、私は5リッター、V12のジャガーに乗ってブリブリ排ガスを撒き、CO2を垂れ流していたことがあった。1989年だか、1990年だか、その頃の話だ。text:舘内 端  [aheadアーカイブス vol.190...

  
271

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー11月19日〜11月25日

1週間が始まります。今週末は連休、という人も多いのではないでしょうか? 星占いでは、幸運の運気の転換が終わり、「自由」がポイントとなる運気が始まりました。チャンスを見過ごさず、トラブルを避ける星座占いで週間運勢を予習し、ツキのある運のいい男になりましょう。★占い師・芦田イングリッ...

  
1885

私の永遠の1台 VOL.26 BMW 2002ti

BMW2002tiは筆者が生まれて初めて運転した外車だ。その印象は強烈でその後のクルマに対する考え方に影響を与えたと言ってもいい。それは1970年代の初めごろだった。text:菰田 潔 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
10935

私の永遠の1台 VOL.23 いすゞ ピアッツァ ハンドリングbyロータス

幼少期は誰でもクルマに興味を持つが、私は小学校に入ってもその熱は冷めるどころか更にエスカレートしていった。休みの日には両親にお願いしてディーラーでカタログ収集。更に少ないお小遣いをやりくりしながら自動車雑誌を買うようになった頃、あるクルマに出会った。「いすゞ ピアッツァ」である。...

  
2097

楽しんだもの勝ち。好きを貫く ーSHINICHIRO ARAKAWA

六本木通りの南青山7丁目交差点から、ほどなくしてそのショーウインドウは見えてくる。カウルが外されたMH900eにハッとして、こんなところにバイクショップかなと立ち止まれば、エントランスには小さく「SHINICHIRO ARAKAWA」と書かれている。text:まるも亜希子 pho...

  
710

車の冷房、燃費に良い適正温度は何度?

今年も暑い夏がやってきました。冷房が無いと生活に支障がでるくらいの暑さですが、車の運転中にエアコンを使う場合、適正温度は何度くらいなのでしょうか。

  
21081

45歳からの原点回帰

年齢を重ねるごとに、「感じること」が段々難しくなってくる。クルマやオートバイに対する情熱も以前のようには持てなくなってくるものだ。クルマやオートバイに乗り始めた頃のことを覚えているだろうか。自転車のように自分の足で漕がなくても前に進む歓びや、スピードという快感を初めて身体で感じた...

  
3533

憧れのオープンスポーツカー、価値観を一変させてくれた中古 ポルシェ ボクスター987との出会い記。

911を筆頭に世界中のファンの心を掴んで離さないポルシェ。今回は、そんなポルシェのボクスターを紹介します。そのオシャレなスタイルと比較的手に入れやすい価格帯であることから、一度は購入候補に挙がったこともあるのではないでしょうか。文・大塩健史

  
7626

“ガイシャ”のイメージを変えるフォルクスワーゲン

ここ数年、輸入車の販売が好調だという。1996年に32万台弱を記録して以来、2009年まで右肩下がりが続いて来たが、2010年から回復基調に乗り、2013年には前年比+10%の28万台を記録。これは軽自動車を除いた国内の登録車販売に占める輸入車のシェアとしては過去最高だそうだ。聞...

  
704

忘れられないこの1台 vol.67 シボレー・コルベット

20歳で芸能という世界に飛び込み、運よく仕事が動き出して数年した頃だ。バブルな時代でもあった。そんな世相の中、初めて買った「派手なクルマ」が中古のシボレー・コルベットだった。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.145 2015年12月号]

  
2730

ライトウエイトスポーツカーってどんなクルマ?

東京オートサロン2018にトヨタのWEC参戦車TS050の市販バージョンとも言えるGRスーパースポーツコンセプトが出品されるなど、世界的に高級スーパーカーの需要が高まる一方、ライトウエイトスポーツカーの人気も根強いものがあります。ところでライトウエイトスポーツカーとは、どのような...

  
32421

DEUS BIKE BUILD OFF 2016

1980年代に起きた第2次バイクブームの象徴は『速さ』であり、レーサーレプリカブームによって毎年フルモデルチェンジが行われるような開発競争へとつながった。速さは正義であり、メーカーはより高度に進化したスペックを追い求め、ユーザーはそんなバイクをもてはやした。text/photo:...

  
730

Rolling 40's Vol.72 不思議の国のアリス

この夏は暇を見ては奥多摩の林道や、名もない山道を250ccのオフロードバイクでウロウロしている。当然、道交法的に入ってはいけないところや、私有地への侵入、自然のままの形を崩すようなことは絶対にせず、あくまで合法的にお邪魔させてもらうという気持ちを大事にしている。text:大鶴義丹...

  
478

Rolling 40's Vol.78 非日常

オフロードバイクに復帰して1年以上経つが、オフロードを通して新たに広がった交友関係というものがある。やはりバイクは不思議だとあらためて感じた。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.148 2015年3月号]

  
389

Rolling 40's Vol.80 プラモデル少年

つい先日、某自動車メーカーの開発部の方々とお話をする機会に恵まれた。私は子供のころから乗り物好きで、中学生の頃の夢は、自動車メーカーの開発エンジニアだった。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.150 2015年5月号]

  
391

Rolling 40's Vol.90 アドベンチャー的な誘惑

新しくホンダから発売された、CRF1000Lというアドベンチャー系と言われる大型のバイクを二週間ほどテスト的に乗り回す予定だ。昨今ブームになっているアドベンチャー系バイクを簡単に説明すると、多くの方が大型バイクに持っているイメージとは違う新しいジャンルのものである。text:大鶴...

  
696

Rolling 40's Vol.91 20年先のバイク選び

東京モーターサイクルショー2016も終わった。私は昨年からヘルメットインカム「ビーコム」のウェブコマーシャルを担当している御縁で、昨年今年と、同社のブースでトークライブを行った。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.161 2016年4月号]

  
612

Rolling 40's Vol.92 かぶき者の悩み

年以上、これだけバイクで遊んでいると毎シーズンごとに色々な変化がある。基本的にオンロードもオフロードもやる「両刀使い」なのは基本として、その中でも大きなバイクが良かったり、小さなバイクが良かったり、国産の安定感に惚れ抜いたり、外車のエキセントリックさに刺激を受けたりなど色々だ。t...

  
463
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives