「塩害」の検索結果(6件)

記事

雪国で見かける道路の融雪、これってどういう仕組み?

2018年の冬は、日本列島が最強寒波に覆われ、九州南部でも積雪が観測され、関東地方も約20cmの積雪を記録。さらに雪の多い北陸や上越地方では、ひと晩で約1mもの積雪があったといいます。それでもほぼ通常通り日常生活が行われていた雪国の道路の融雪は、どういう仕組みになっているのでしょ...

  
19314

日本のオフロード車

空前のSUVブームが到来したこの数年、世界中の自動車メーカーがこぞってSUVを発売し続けている。text:まるも亜希子、伊丹孝裕、河村 大 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
2384

国内に一台のみ!? 九州北部豪雨で活躍した「レッドサラマンダー」って?

レッドサラマンダーは、なんとなく光岡自動車のオロチのライバルっぽい名称ですが、スポーツカーではありません。日本に1台しかないという全地形対応車の通称です。2013年3月より、総務省消防庁によって愛知県岡崎市消防本部に配備されています。

  
7871

海に行った後は、塩害が気になります。どんな対策をすべき?

夏といえば、海。たとえ泳がなくても、クルマで海を訪れる人は多いでしょう。しかし、皆さんご存知の通り、塩はクルマにとって悪いことだらけ。海の近くで潮風にあたったクルマをそのまま放置しておくと、ボディやパーツのサビや腐食の原因になることもあります。そういった塩害には、どんな対策がある...

  
10695

仕事に遊びに大活躍のリフトアップ軽トラ「SAMURAI PICK UP シリーズ」に注目!

悪路走破性が高いクルマといえば、クロカン4WDのような無骨なクルマを思い浮かべると思います。しかし、パワートレーンの高い信頼性と、軽量でありながらタフネスな作りの軽トラも負けてはいません。リフトアップで最低地上高を増せば、素晴らしいアウトドアギアになりますよ!

  
57650

アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G...

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証も...

  
25416
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives