「塚田勝弘」の検索結果(88件)

記事

よく聞くピラーってなに? Aピラー、Bピラー、Cピラー、Dピラーの違いは?

日本の自動車用語でよく聞くピラーは、英語のPillar(柱)に由来し、クルマのウインドウ間に配置されている。Aピラー、Bピラー、Cピラー、Dピラーとは? 役割に違いがあるのだろうか。文/写真・塚田勝弘

  
27690

輸入車販売台数"ナンバー1"を3年連続で達成したメルセデス・ベンツが「Mercedes me GIN...

2016年から4年連続で輸入車販売台数ナンバー1、6年連続でプレミアムブランド首位に輝いているメルセデス・ベンツ。その原動力はもちろんブランド力ではあるが、国産メーカーも含めてナンバー1といえそうな積極的なブランドアピール、多彩なマーケティングの賜物でもある。2019年4月15日...

  
16605

車庫証明は住所から離れた場所でも取得できる?

車庫証明をディーラーなどでお願いをすると、見積もりの1万円〜2万円前後の手数料気がつくはずだ。車庫証明は自分でも容易に取れるだけに、こうした積もり積もった手数料(ディーラーにとっては貴重な収入源ではある)を代行してもらわずに自分で行う手もある。マンションなどの場合で自宅近くに借り...

  
33431

覆面パトカーなどのナンバープレートは決まっているの?

覆面パトカーの見分け方としては、「採用例の多い車種」、「アンテナや上下2段式のルームミラーが装備されている」、「ヘルメットを被った2人組が前席に乗っている」、「リヤがスモークガラス」などがある。では、ナンバープレートの表記に法則はあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
62306

ハイエースがステッキ式パーキングブレーキを採用し続ける理由とは?【トヨタ広報部に聞いた!】

ハイエースといえば、そろそろ次期型も気になるところで、フィリピンで発表された新興国向けの新型が日本にも導入されるか注目を集めている。まだ絶大な人気を誇る現行ハイエースは、2004年8月にデビューしてからロングセラーモデルになっている。お馴染みのハイエースだが、なぜステッキ式パーキ...

  
39983

希少カラー、カスタム……街中で愛車の存在感を際立たせる3つの方法!

誰もがランボルギーニ・ウルスのような圧倒的な存在感を放つスーパーモデルやスーパースポーツカーに乗れれば、あえて際立たせる必要はないだろうが、そうはいかないのが現実。90年代のようなカスタム、ドレスアップ全盛時代が過ぎ去った今、街中で愛車の存在感を際立たせる方法とは?文・塚田勝弘

  
7387

クルマのヘッドライトカバーは黄ばみで車検通らない!?原因と対策

長い間、赤外線を浴びることで、経年劣化によりヘッドライトのカバーが黄色に変色してしまったり、曇ってしまったりすると、明るさが足りず車検に通らない可能性も出てくる。その原因と対策はあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
42727

通常は現行犯逮捕のスピード違反。後日逮捕はあるのか?

今回は、スピード違反の後日逮捕について。そもそもスピード違反で逮捕されるというのは、どちらかというとレアケースだろう。逮捕となるケースでも現行犯逮捕が多く、後日逮捕になるのはどういった状況だろうか。文・塚田勝弘

  
41050

知らぬ間に道路交通法違反となっている可能性も…高速道路の駐車場、空きがなかったらどうすればいいの?

ゴールデンウィークや夏休みなどは、高速道路上ではなく、サービスエリア(SA)/パーキングエリア(PA)も混雑する。空いている駐車枠が見つからない場合、どう対処すればいいのだろうか?文・塚田勝弘

  
40201

一般人でもナンバープレートから住所って割り出せるの?

傷害やひき逃げなどを目撃した際、犯人が乗っているクルマのナンバープレートを記憶して、警察に通報する。あるいは、警察が重大な違反行為を目撃し、停車を命じても逃げてしまった場合にナンバープレートを記憶するなどのケースはありそうだが、何らかの事情で一般人がナンバープレートからその所有者...

  
86228

違反?!カートやミニカーで公道は走れるの?

昔からあるミニカー、マイクロカーといった小さな四輪車をご存じだろうか。日本では本当の玩具であるミニチュアカー(ミニカー)と混同を避けるため、マイクロカーとも呼ばれる。条件を満たせば公道の走行も可能で、現在も市販されているモデルもある。各自動車メーカーが市販したり、実証実験をしてい...

  
20759

セダン、サルーン、リムジンの違いとは?

同じ3ボックス、4ドア、2列シート車にも関わらず、国やメーカー、車種によって「セダン」や「サルーン」、「リムジン」、などと呼称が変わるのを不思議に思ったことがあるはずだ。呼び方によって定義や違いはあるだろうか。文・塚田勝弘

  
14004

人気はプロボックス?営業車に多く採用されるクルマたち

営業車といえば、軽自動車からハイエース(スーパーロング ワイド ハイルーフ)まで多様なサイズが揃っている。配達に特化したクルマをのぞくと、定番といえる営業車に多く採用されるクルマは意外と限られてくる。文・塚田勝弘

  
1963

どうせならギリギリまで入れたい!けど、超満タン給油が危険な理由

セルフのガソリンスタンドが急増している中、「まだ入りそうなのに、給油が自動停止する」という経験をしたことは誰しもあるだろう。一度停止しても、もう1回給油口に給油ノズルを差し込むと、「まだ入る」という体験も使ったことのある人ならあるはずだ。超満タン給油にできない理由があるのだろうか...

  
17227

セダンの美しさを訴求する新型プジョー508が日本上陸!!

2018年のパリモーターショーでワールドプレミアされた新型プジョー508が2019年3月20日、日本でも発表された。プジョーブランドのCEOを務めるジャン=フィリップ・アンパラト(Jean-Philippe Imparato)氏が来日し、プレゼンテーションを行う注力ぶり。今夏には...

  
2179

車検が受けられないってこと!? 車検拒否制度とは?

「車検拒否制度」をご存じだろうか? これは駐車違反による放置違反金を滞納したことがある人は、車検時に放置違反金を納付、または徴収(つまり取り立てられたこと)されたことを証明できなければ、自動車車検証の返付が受けられないという制度。車検が通ったとしても新しい車検証が下りないという制...

  
3788

2018年に消えていったクルマたち

販売(生産)を終えたクルマは、ホームページなどのラインナップからいつの間にか消えていたり、販売を終えたクルマと表示されたりして、ひっそりと姿を消すケースが多い。2018年に「カタログ落ち」したクルマはあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
3686

なぜ大型トラックはPA・SAで休憩中でもエンジンを切らないのか?

パーキングエリア・サービスエリアで休憩中でもアイドリングしたままのトラックを見かける。同じ大型車でも観光バスなどは、休憩時にエンジンを切る印象はあるのだが、なぜだろうか?文・塚田勝弘

  
60096

花粉やPM2.5など最速3分で99%除去!車載用空気清浄機「Blueair(ブルーエア)」発売

スウェーデンの高性能空気清浄機で知られる「Blueair(ブルーエア)」。日本には、家庭用空気清浄機市場に2010年から参入済みだ。2019年3月15日から同社初の車載用空気清浄機を発売する。最速3分で車内で有害物質、アレルギー物質を99%除去するという専門メーカーの最大のウリは...

  
11680

メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボした未来の家「EQ House」が期間限定オープン!

2019年3月19日から六本木にある「Mercedes me」内に、メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボした未来の家である「EQ House」を約2年間の期間限定でオープンする。文/写真・塚田勝弘

  
34618
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives