「原因」の検索結果(372件)

記事

F1が、"とある"サスペンションを採用する理由

現在の乗用車に使われているフロントサスペンションは、マクファーソン・ストラット形式、ダブル・ウィッシュボーン形式、マルチリンク形式、の3つに大きく分けられます。これらは、クルマの目標性能によって使い分けがされており、後者になるほどに性能は優れていきます。ですがF1マシンには、なぜ...

  
3610

タイヤの騒音低減!高級タイヤが採用する「インナータイヤアブソーバー」とは?

今から10年ほど前、タイヤメーカーから「インナータイヤアブソーバー(振動吸収装置)」という技術が登場しました。これは、路面の継ぎ目を乗り越える際に鳴る、「ドン」という空洞共鳴音を低減することを目的に開発されたものです。どんな技術なのか、今後の普及の可能性についても考えてみました。...

  
2886

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
33763

自動運転の国際基準制定、国土交通省も発表

2018年3月、国土交通省は、自動で車線変更を行う自動ハンドル操作に関する国際基準が新たに成立したことを発表しました。この基準は、今後の自動運転に関して、重要な内容を含んでいます。私たちには、どういった影響があるのでしょうか。文・吉川賢一

  
2040

ボディダンパーの効果とは?

レーシングマシンには、ハンドリングの応答性を高めるため、そして車体の耐久性を高めるため、ロールケージやタワーバーをはじめとした、車体補剛アイテムが装着されています。こういった車体補剛アイテムは、一部の市販車にも装着されていますが、そのなかにボディダンパーというパーツがあるのをご存...

  
2755

煽られてしまいがちな運転4選

見知らぬ車にあおられるのは、誰でも嫌なこと。どうしてあおられるているのか、理由がわからないままハンドルを握っていた、そんなことを経験した人はいませんか?あおり運転をして検挙されたドライバーの言いぶんは、身勝手なものがほとんどで、それを耳にすると「ちょっと避けようがないよなぁ」と思...

  
6559

走行距離が少なすぎる中古車はじつは危ない!?

中古車の購入時、走行距離は大事な指標です。1年間の走行距離を1万キロとして、それに対して低走行車か過走行車かというチェック方法は、一応の合理的な基準と言えるでしょう。では、走行距離が極端に少ない中古車に出くわした場合、私たちはどう判断すればよいのでしょうか?文・吉川賢一

  
16118

建物のドアにはないのに、なぜ車には「半ドア」があるの?

自動車のドアは、中途半端に閉めると、いわゆる「半ドア」と呼ばれる状態になります。同じドアでも、通常、建物には半ドアがありません。どうして、自動車には半ドアがあるのでしょうか?

  
29193

バリアブルギアレシオってなに?メリット・デメリット

バリアブルギアレシオやアクティブステアリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ステアリングのギア比を、車速や状況に応じて変化させ、鋭いハンドリングと、高い安定性を両立することができるといった機構です。非常に優れたシステムに聞こえますが、じつは一長一短があるのです。文・吉川賢...

  
3825

必要?それとも不要? 新車購入すぐの慣らし運転

クルマについてよくある質問「新車を買ったら慣らし運転はしたほうが良い?」この答えは、聞いた人によってわかれるところです。いまから20年くらい前は、必ず「やったほうが良い」という意見が多かったのですが、最近は「不要」という意見が増えてきています。どちらの意見が正解なのでしょうか?文...

  
6901

ばね下の軽量化は、クルマに悪影響って本当?

ばね下の軽量化を”正義”と考えている方は多くいます。昔から、「ばね下1kgの軽量化はばね上○kgの軽量化に相当する」などと言われてチューニングに励んできたのですが、じつはばね下の軽量化にはデメリットもあるのです。そこで今回は、ばね下の軽量化によるメリットとデメリットについて紹介し...

  
18064

ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルをまっすぐにしているのに、クルマが勝手に左右に流れていってしまう。こんな現象に遭遇したことはありませんか?わずかな片流れでも、気になり始めたらストレスが溜まってしまいます。なぜこの片流れが起きるのでしょうか。考えられるその原因と対策について見ていきましょう。文・吉川賢一-...

  
5921

セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフ式ガソリンスタンドで給油するとき、必ず耳にする「静電気除去パッドに触れてから給油を始めてください」というアナウンス。じつはこれ、あなたの命にかかわる大事なアナウンスだと知っていましたか?今回は、なぜ静電気除去パッドに触れないといけないのか?についてお話をしていきます。文・吉...

  
10699

クルマに常備してあったら便利なもの10選

クルマにいつも積んでおきたい便利なものって、意外にたくさんありますよね。しかし、いざというときにならないと、なかなか気付かないことも事実。普段からクルマに常備しておいたほうが良いものとは、いったいどんなものでしょうか。今回は、クルマに置いてあったら便利なものをご紹介します。文・吉...

  
16187

横風に負けない!クルマが横に流されにくくなる対処法

高速道路を走っているとき、突然の強い横風によってクルマが流されることがあります。特にミニバンや背の高い軽自動車は、この横風の影響を受けやすくなっています。今回は、横風を受けた時の対処法についてみていきます。文・吉川賢一

  
11874

綺麗な車内はモテの秘訣!車内をキレイに保つためにしておくべきこと5つ

車を手放す手放さないに関わらず、どうせなら愛車の車内は、いつもキレイに保っておきたいもの。ちょっとでも油断すると、コンソールボックスは駐車場やガソリンスタンドの領収証が溜まり、リアシートの足下にはコンビニの空き袋がなんてドライバーは少なくありません。どんなに高級車に乗っていても、...

  
4445

花粉や黄砂からクルマを守る正しい洗車方法

春になると到来する花粉や黄砂。人間に花粉症や喘息を引き起こすだけでなく、自動車の塗装にダメージを与え、シミとなって残ることもあります。シミが残ると当然、買取査定金額にも影響してきます。そこで花粉や黄砂に対し有効な洗車方法をご紹介します。

  
4112

アクセル操作でスロコンON!シエクルのレスポンスブースターフルオートとは?

日常的にクルマに乗っていると、急勾配の坂道や、高速道路での合流など、瞬発力が必要なシーンで「もう少しレスポンスよく加速してくれたらなあ」と思うこともありますよね?そうなると、パワー不足を嘆きたくなるところですが、実はこれ、電子スロットルが原因ということも少なくないのです。

  
4082

ブレーキを踏むと聞こえる「ガタガタ」「グワングワン」音について解説

クルマは、乗っていても乗っていなくても劣化は進み、いたるところにその影響が出てきます。特に気を付けなければならないのが、ブレーキング時の異常振動や異音です。一般にブレーキジャダーと呼ばれるこの現象が出ていたら、愛車はすでに危ない状況なのかもしれません。文・吉川賢一

  
7494

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.93 キーワードは“余白”

もう半年以上経ったからここで紹介してもいいだろう。昨年の夏、ある雑誌の取材でカーデザイナーの和田 智さんと対談をした。日産自動車を経てアウディに移籍し、先代A5をはじめとする数々の名車を世に送り出した。現在は独立しフリーのカーデザイナーとして活躍している。text:岡崎五朗 [a...

  
795
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives