「原因」の検索結果(480件)

記事

自動車のプロがおすすめする洗車グッズ17選!これでもう迷うことなし!

洗車は面倒な作業だが、愛車を長持ちさせるには必要なもの。普段気持ちよく乗るためにも、洗車や磨きは定期的に行っておこう。洗車や磨きを少しでも円滑に行う上で大切なのが、その専用グッズだ。今回は、便利で優れモノのおすすめ洗車&磨きグッズをご紹介していきたい。

  
5053

たまに見かける、トランクから伸びたアンテナ。これって何を受信しているの?

最近はめっきり減ってきましたが、おもにセダンタイプのクルマのトランクに長さ50cmほどの太くて黒い棒状のパーツを装着しているクルマを見かけることがあります。あの棒にはどのような役割があるのか、ご存知でしょうか?

  
12050

冬場のスタッドレスタイヤ交換でBBS鍛造ホイールはいかが?氷上でBBS鍛造ホイールを装着して走行テス...

日を追うごとに気温が下がってきて、そろそろスタッドレスタイヤを装着しようか?そう考えている人もいるでしょう。しかし、お気に入りのホイールを履き替えることを寂しく思う人もいるかもしれません。そんな時期ではありますが、今シーズンの冬は、冬用のホイールとしてもBBSを履くことを提案した...

  
2098

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
961

Rolling 40's VOL.114 東京モーターサイクルショー

3月、私たちバイク乗りは暖かい風というものを数ヵ月ぶりに知り、バイクが冷たい風に耐え忍ばなくても良いものであるということを思い出す。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
842

車のマフラーから出る煙の正体は?

まるで煙幕のように、マフラーから煙を吹いているクルマに遭遇したことがありませんか?整備不良によって起きるのか、別のところに原因があるのか。なぜそのような現象が起きるのでしょうか。文・立花義人

  
2023

車室内が臭い?その原因と対策3つ

猛暑の夏が終わり、最近徐々に寒くなってきましたね。季節が移り、気温や湿度が変わると、車内の環境も変化します。エアコンはクーラーからヒーターに変わり、昨日まで感じなかった臭いが気になる時期でもあります。今回は、車内のニオイの原因について解説しましょう。文・赤井福

  
596

最近目立つようになった、後輪のホイールの汚れ。その原因とは?

最近リアのホイールがブレーキダストで汚れているクルマを見かける機会が多いような気がしないだろうか?それは気のせいではない。とある電子制御によって、いまのクルマはリアブレーキの負担が大きくなっている。文・山本晋也

  
3266

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー10月29日〜11月4日

1週間が始まります。肌寒い日も増え、うっかり風邪を引いてしまうこともありそうです。仕事運気を予習して、それに合った体調管理をしましょう。11月は、幸せの感じ方がじょじょに変わっていく月。運勢を把握し、ツキのある運のいい男になりましょう。★占い師・芦田イングリット監修★

  
1237

輸入車のホイールは真っ黒!? 国産車と輸入車のブレーキパーツの違い

輸入車のホイールは、国産車に比べて汚れやすいと言われます。実際、街中で輸入車(とくに欧州車)のホイールを観察してみると、ボディはきれいなのにホイールが真っ黒になっているクルマを見かけます。以前国産車に乗っていたときは気にならなかったのに、なぜか輸入車に多いホイールの汚れは、いった...

  
4111

気になる車のロードノイズ。簡単にできる対策は?

運転中、気になる車のロードノイズ。その原因となる代表的なものといえば、タイヤが路面にふれることで引き起こす摩擦や衝突音ですが、それ以外にも車を構成するパーツの共振音や、スピードを上げたときの風切り音などもロードノイズと呼ばれています。では、これらの騒音はどのようにして対策すればよ...

  
22540

暖房をつけた冬の車内は砂漠状態!! 車内の乾燥対策

冬は、空気が乾燥する季節。そんな季節にクルマの暖房をつけると、車内の空気はさらに乾燥。そのため、冬のドライバーのお肌は、カサカサに乾いています。とはいえ、気温が下がると、ついクルマの暖房をガンガンに効かせてしまうもの。そんな季節の乾燥対策を紹介しましょう。文・CarMe編集部

  
2986

Rolling 40's VOL.113 半世紀

バイク系の有名You Tuberが、80年代を走ったバイク世代に対して、あの時代の峠での「走り屋ブーム」を誇らしげに語らないで欲しい、あれは単なる暴走族の集会であり、そんな時代を美化して語って欲しくないと声高に語っていた。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.18...

  
100

軽自動車をチューニングでパワーアップ!軽自動車登録のままでいいの?

日本独自の規格である軽自動車は、寸法や排気量が決められているかわりに、税制の面で優遇されています。もしこの軽自動車をパワーアップすると、軽自動車のままではいられなくなるのでしょうか?文・赤井福

  
5369

インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

標準装備されたタイヤのサイズは、メーカーがその車にもっとも適していると考え選んだものです。しかし、ドレスアップを目的として、メーカー推奨とは違うサイズのタイヤを装着している人もいます。今回は、標準タイヤと違うサイズのものを装着してもいいのか?車検の時や、安全面に問題はないのか?に...

  
5393

モタスポ見聞録 Vol.9 ダカールで勝てないホンダ(HRC)

「このバイクは遅い」。ホンダの本格的な取り組みは、ライダーが漏らしたこの言葉から始まった。24年ぶりの復帰。かつての「パリダカ」を知る人間は、すでにチームにはおらず、すべてが手探りの挑戦。マシンは市販車の改造型だった。text:春木久史(BIG TANK MAGAZINE編集長)...

  
123

【世界自動車見聞録】いまやポルシェの"柱"。カイエンの成り立ち

ポルシェAGによれば、2017年のグローバルでの新車販売台数は24万6375台、売上高は235億ユーロ(約3兆448億円)、そして営業利益は41億ユーロ(約5312億円)を記録したという。特筆すべきは、そのいずれもが過去最高の数字ということである。さらに、営業利益率は17%を超え...

  
723

ジョン・レノンが世界初!? 車のウインドウフィルムの機能性

現在では、一般的にもよく知られている車のウインドウ用フィルム。そのウインドウフィルムを初めて使用したのは、とても有名な、ある人だと言われています。そんなウインドウフィルムを愛車に使うとき、知っておきたい豆知識を紹介します。

  
5334

スタートボタンを押しているのにエンジンがかからない原因は?

スマートキーが普及したことで、エンジンの始動方法が、キーシリンダーにカギを差し込んでイグニッションを回すのではなく、スタート&ストップボタンを押すという方式に変わっています。では、そのスタートボタンを押してもエンジンがかからない場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?文・西山昭...

  
4182

タイヤに窒素ガスを充填するメリット・デメリット

ガソリンスタンドやカー用品店、タイヤ専門店などで、タイヤに窒素ガスを充填するよう勧められたことはありませんか?航空機やレーシングカーでも行われるタイヤに窒素を充填することには、どんなメリットがあるのでしょうか?またデメリットはないのでしょうか?文・立花義人

  
12365
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives