「北米」の検索結果(431件)

記事

欧州レベルの美しいデザイン!マツダ アテンザの外装は何がスゴい!?

クルマのデザインにおいて、欧州ブランドのレベルが高いというのは周知の事実でしょう。中世より続くヨーロッパの美的センスは自動車のデザインも美しく仕上げました。同様に美しいヨーロッパの街並みに、欧州ブランドの美しいクルマを置くだけで、まるで1枚の絵のような美しい光景が完成します。

  
23163

日産57.3%の減益、北米などでの販売不振が影響

日産が5月14日に発表した2019年3月期通期連結決算は、最終(当期)利益が前期比57.3%減の3,191億円でした。

  
148

大人気のSUV、こんなメリットやあんなデメリットとは?

もはや車のカテゴリーとしてはスタンダードになったSUV。その人気は留まることがありませんが、購入を決断する前に知っておきたいことがいくつかあります。今回はSUVのメリットとデメリットについてお話します。文・山崎友貴

  
8220

2.5Lエンジン222ps…武骨な力強い雰囲気で存在感あるトヨタ RAV4を試乗レビュー

けっこうゴツいイメージに振ってきた...。それが、約3年ぶりに復活したトヨタRAV4の第一印象。初代RAV4は、それまで武骨だったクロスカントリーモデルのヨンク(当時はまだSUVという言葉が定着していなかった)に対して乗用車ライクな雰囲気やメカニズム、そして乗り味が斬新でした。文...

  
6101

トヨタ RAV4を国内初試乗!ひとまわり大きくなって日本復活…どんな車になった?

1994年に初代モデルが発売され、「気軽に付き合えるコンパクトRV」として瞬く間に大ヒットしたRAV4が、満を持して日本市場に復活!国内初試乗しました!文・工藤貴宏/写真・宮越孝政

  
11298

新型カムリのタイヤ3種類の実物画像【グレードによってメーカー&ブランドが違う!?】

北米を中心に世界各国で人気のトヨタのミドルクラスセダン車新型カムリ(CAMRY)が2017年7月10日にフルモデルチェンジをして、新しく生まれ変わりましたね。新たなプラットフォーム(TNGA)を採用した新型モデルは、先代モデルよりも低重心化され、スポーティーな外装・エクステリアに...

  
1149

2019年アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

R32型スカイラインGT-Rが生産から25年経過した際に話題となった25年ルール。国外で生産された車両をアメリカへ輸入する場合、様々な事項に適合させる必要があるため中古車の輸入は実質不可能ですが、25年以上経った車両は規制が緩和されるため「輸入解禁」状態となります。そこで今回20...

  
42763

【ノーマルモデルとの違いは?】新型カムリの人気カスタマイズ車”モデリスタ”を見てきた

日本よりも北米で人気が高いトヨタのセダン車新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。新しいプラットフォーム”TNGA”を採用して新しいデザインに生まれ変わったこの新型モデルですが、他のトヨタ車と同様にカスタムモデルのモデリスタを用意...

  
14496

バブル期の車で今でも人気といったらこの5台

1980年代後半のバブル期、クルマは憧れでありステータスであり、ときにはモテるためのアイテムでもありました。そんな時代ですから、生まれたクルマもユニークなものが多く、今も根強い人気を誇るモデルが数多くあります。今回はそんなバブルの一翼を担い、今も人気の高いクルマたちをピックアップ...

  
45041

なぜ輸入車は国産車に比べてステアリング操作が重いのか?

「欧州車はステアリングなどの操作系が重く、日本車は軽い」と指摘する声は昔からある。そして、欧州車のほうが安心して運転できると評価することがマニアには多い。ステアリングが重くなっているのは何故なのだろう。いや、そもそも本当に重いのだろうか?文・山本晋也

  
4889

レクサス ES日本導入で、GS、LSはどうなる?

2018年10月から、北米市場で人気の高かったレクサスESが日本でも販売されるようになりました。すでに、フラッグシップセダンのLSと、アッパーミドルクラスのGSがラインナップされているなか、ESが国内導入されることによって、レクサス製セダンはどのような棲み分けになるのでしょうか。...

  
2995

1990年代を代表するクロカンSUV5選

1997年に登場したトヨタ「ハリアー」によってクロスオーバーSUVというジャンルが確立され、2002年のポルシェ「カイエン」をきっかけに世の中はSUVブームへ。しかし、ハリアー登場以前の1980年代後半から1990年代中頃にかけて、日本ではクロスカントリー4WD(通称:クロカン四...

  
9678

新型日産スカイライン200GTt Type P 外装画像インプレ【先代モデルとの違い&変更点は?】

現行の日産スカイラインは13代目のV37型。日産が海外で展開する高級車ブランド、インフィニティのQ50としても販売されている車で、2014年に誕生したモデルです。このV37スカイライン、デビューから3年目の2017年12月20日にマイナーチェンジをしていました。今回、マイナーチェ...

  
61172

日本で生産されているのに、日本で売っていないクルマ6選

現在クルマの生産は基本的に「需要が多いところで行う」という流れになっており、日本車でも海外で生産されているというケースは多い。その中には「日本で生産されているのに、日本では売っていない」というクルマも少なくない。いくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
7057

スペシャリティカーやボンバンなど、最近聞かなくなったクルマ用語

どの業界にも時代の変化や技術の進歩により使われなくなった用語というのがあるものだが、それはクルマ業界も同じだ。「そういえば最近聞かなくなったなあ…」というクルマ業界の用語をクルマのジャンルでいくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
16992

埋もれちゃいけない名車たち vol.40 911を前に敗れた主力モデルという夢「ポルシェ 928」

初恋というのは、ほんのりとした淡い憧れじみたものだったり、いきなり熱病のような重篤なものだったりする。その双方の普遍的な対象としてポルシェの名前を挙げたとしても、異論はないだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.156 2015年11月号]

  
1260

欧州レベルのコンパクト!?マツダ・デミオに試乗してみた

クルマは趣味性の高い、あこがれの対象になるものでありながら、一方で、世界中の人々の移動を支える日常のアシとして、生活にになくてはならないものとなっています。いわゆるコンパクトカーは、安価で運転もしやすいことからはじめてのクルマにも選ばれやすいものですが、あまりクルマに興味がなかっ...

  
3241

昔見かけた顔面スワップ車、なぜ最近見かけなくなったの?

フロントマスクをほかのクルマと入れ替えた顔面スワップ車(フェイス・スワップ車)やニコイチ化(2台のクルマの要素を1台に融合する)は、1980年代を中心に見られた大幅な改造車といえるだろう。スペシャリティカーやハイソカーといわれたジャンルが中心で、ブランド(販売チャネル)違いの兄弟...

  
31572

ランチア・ストラトスの英国製レプリカ「the STR」、日本での輸入販売開始!

先ごろ東京都墨田区にガレージをオープンした「ジェイブランディング:UK CLASSIC FACTORY」では、英国リスターベル社が開発・製作するランチア・ストラトスのレプリカ「the STR」および、同じく英国AKスポーツカーズ社が製作するACコブラ427のレプリカ「AK427」...

  
3957

250ccの車体に70馬力オーバーのEV

今、世界中で電動の乗り物による様々な試みが行われようとしている。レースに参戦したりソーラーパネルを張り付けた飛行機が世界一周に挑戦している。そんな中、ハーレーが開発した電動モーターサイクルが「ライブワイヤ」である。text:後藤 武 [aheadアーカイブス vol.150 20...

  
1655
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives