「剛性」の検索結果(230件)

記事

後部座席の窓を片側だけ開けると聞こえるボォボォボォ音。これってなに?

時速30〜40キロ以上で走行中、後部座席の窓を少し開けると、「ボォボォボォボォ」という音が耳を圧迫するように聞こえてきます。非常に不快な音ですが、対処方法はあるのでしょうか?

  
4571

初代からファイナルまで…今ランエボ買うならどの世代が良い?

惜しまれつつ2016年で生産・販売が終了した三菱 ランサーエボリューション。1992年のエボIから最後のファイナルエディションまで、24年の長きにわたり三菱自動車のスポーツイメージを支えてきました。大雑把に言っても4世代10モデル、サブタイプを含めればさらに多数のバリエーションを...

  
5290

商用車やトラック、RV車に多い屋根のライン。これってなんのためにあるの?

2017年のクリスマスに販売を開始したスズキ 新型クロスビー。ルーフには、軽自動車SUVのハスラー同様、進行方向に向かってラインが入っています。この屋根のラインは、ちょっと無骨な雰囲気もありSUVには良いのですが、ワゴンやワンボックスでは、ちょっと安っぽいという意見も聞かれます。...

  
12064

スズキもSUV市場に本格参入!? 新型XBEE(クロスビー)ってどんな車?

2017年初頭から噂になったハスラーワイドの存在。同年の東京モーターショーでコンセプトカーとして出品された、XBEE(クロスビー)がその正体。12月25日には、店頭での販売が開始されました。注目のクロスビーとは、どんな車なのでしょうか?

  
6215

BBS鍛造ホイールを生み出す技術スタッフへインタビュー ものづくりのスタンスとは?

その高い真円度や強靭性、そして重量など、ホイールに重要な要素が高いレベルにあることで、一般ユーザーからモータースポーツシーンまで、多くの人に支持されているBBS鍛造ホイール。そのホイールの開発に携わる技術スタッフにお話を伺ってきました。

  
2452

ベントレー コンチネンタルGT、よりオーセンティックなプロポーションをまとったニューモデルがジャパン...

2017年9月のフランクフルト・モーターショーにて世界初公開されたベントレー新型コンチネンタルGTだが、年の瀬も押し迫った12月19日、東京都内においてジャパンプレミアが執り行われることになった。

  
4699

【諸星陽一の百“車”繚乱】VW e-Golfは、間違いなくGolfだった

e-Golfは間違いなくGolf(ゴルフ)であった。クルマの心臓はエンジンであると言われる。一般的にクルマの性能を語るとき、何リットルのクルマであるか?で語られるのが一般的。にも関わらず、Golf(ゴルフ)は心臓をまったく違うものに入れ替えても、どこをどう見ても、Golf(ゴルフ...

  
4347

最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

車の価格もピンキリで、新車でも軽自動車になれば安いものは70万円程度で購入できるモデルもあります。その一方で、高級車となると国産メーカーでも1,000万円超。国内メーカーで、もっとも高額なプラスタグが付いた市販乗用車は、いくらなのでしょうか?今回は、いま新車で購入できる高額な日本...

  
11581

武闘派が身につけた上質感 〜スバルWRX STI

WRX STIのような個性の強いスポーツモデルにとって、クルマを操る楽しさとは何か。それはもう、言うまでもなく、ドライバーの操作がいかに素早く、忠実かつ正確にクルマの動きとして返って来るかである。text:桂 伸一 [aheadアーカイブス vol.177 2017年8月号]

  
304

ライダーの命を守るプロテクター

全身で風を受けながら走る。そんな開放感あふれる感覚はバイクの魅力のひとつ。その一方、事故に遭遇すると直接身体にダメージを受けやすい。そのためライダーはヘルメットやライディングジャケットなどの安全装備で身を守っている。その中で今、注目されているのが胸部を保護する「チェストプロテクタ...

  
177

SUPER GTで絶対的な信頼を集めるBBS鍛造ホイール ドライバー・チーム監督の評価は?

BBS鍛造ホイールの高い性能は、F1をはじめとしたモータースポーツの現場で証明されてきました。最初の挑戦は、1991年。フェラーリF1へのマグネシウム鍛造ホイール供給でした。このBBSホイールを装着したフェラーリF1は、1992年から2011年までの間に、8度のコンストラクターズ...

  
3368

馬力だけで車を判断するのは間違い!? スポーツカーを選ぶ際に考えるべき3つのこと

かつて国産車にあった「280馬力自主規制」はすでに消滅し、いまでは国産車であっても、400psや500psの新型車がリリースされています。しかし、上限が決められていた時代のスポーツカーのほうが楽しかったと思えるのはなぜでしょう?

  
9821

2017年、いま売れているSUVトップ5はこれだ!

あと2週間もすれば、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーが発表されますが、日本の年度ではようやく上半期が終了し、折り返し点に入ったところ。SUVでは、トヨタ C-HRが圧倒的な人気で、世界的にも好調な販売を記録しているといいます。はたして、国内ではC-HRの存在を脅かすモ...

  
14591

英国紳士が乗りこなす!ジャガーのラインナップ

エレガントなイメージの強い、英国のブランドジャガー。現在はデザイン性や信頼性も向上し、そのブランドの地位を引き上げることに成功しています。そんなジャガーのラインナップをチェックしてみましょう。

  
4825

2ドアと4ドア、ボディが強いのはどっち?

クルマのボディは、2ドアと4ドアではどっちが強いの?たまにこんな質問を耳にします。巷には多種多様なボディ構造のクルマがありますが、はたして皆同じなのでしょうか?今回は、ボディ剛性について考えてみましょう。

  
14670

兄弟車のトヨタ ハリアーとレクサスNX。その違いは?

トヨタとレクサスには、兄弟関係にあるモデルが多く見られます。なかでも、両ブランドともに人気なのが、ハリアーとNXの2台。この兄弟車は何がどう違うのでしょうか?

  
24307

走行中、落ち葉に要注意!? GT-R NISMOが大炎上!

2017年11月3日〜5日、アメリカ・ノースカロライナ州の国道129号線の峠道を使って開催されたTouge Fest(峠フェス)で、日産 GT-R NISMOが炎上。廃車になってしまいました。原因はブレーキに挟まった落ち葉とのことですが、はたして真相は?

  
18658

新井敏弘監修 勝つための鋳造ホイール、WORK M.C.O Racingとは?

世間一般の鋳造ホイールのイメージと言えば、「安い」「重い」「ドレスアップ用」と偏りがちと考えらます。しかし、CarMeでは過去、鋳造ホイールがモータースポーツシーンで活躍していることをレポートしてまいりました。その結びの章として本稿では、具体的な製品を紹介したいと思います。

  
6852

あなたのドライビングポジション、最適化されていますか?チルト・テレスコピック機能とは?

オーナーのために徹底的にカスタムしてくれるスーパーカーなら、正しいドライビングポジションを実現するために、シートを最適化してくれるかもしれません。しかし量販車でそれを行うと、価格が上がってしまいます。シートやハンドル回りの調整機能を利用して、正しいドライビングポジションにできるだ...

  
7819

WRXやマークXなど…しっかり4人乗れるスポーティーカー5選

自分だけ乗るのであれば、好きなクルマを買いたいものですが、家庭持ちの場合、家族全員が快適に乗れる、という制約がつきます。しかし、普通のミニバンでは飽き足らないというユーザーは少なくありません。そこで今回は、2017年10月現在、新車で買える「スポーティーカーなのに4人がしっかり乗...

  
12449