「凍結路」の検索結果(22件)

記事

安全そうに見えて一番危険!? 都会でも発生するブラックアイスバーンとは?

2018年の冬は世界各地で寒波に見舞われています。日本も例外ではなく、全国で例年を越える降雪が確認されました。本稿執筆時、東京では大部分の雪が溶けていますが、外気温は10度以下。風が吹けば体感温度は、氷点下以下になることもあります。こんなときに気をつけたいのが、ブラックアイスバー...

  
2866

後編・自動車ルポライターフナタンがネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4seasonで雪深い...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
3774

関東で大雪!雪道を夏タイヤで走ると違反ですよ。

2018年1月22日から23日にかけて、日本各地が大雪に見舞われ、道路も鉄道もマヒ状態に陥り、さまざまな方面に影響をおよぼしました。なかでも路上では、積雪によるスリップ事故や立ち往生が相次ぎましたよね。ところが、ニュース映像をよく見ると、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行していた車...

  
11497

4WD車はいつも4輪が駆動しているわけではない?

降雪があるこの季節、ドライブで心強いのが4WD、いわゆる4輪駆動です。4つのタイヤにエンジンの力が伝わることで、優れた走破性を発揮するのですが、実はいつも4輪が駆動している車種ばかりではないのはご存じですか?

  
18066

大雪で車が動かなくなった!その場合はどうすればいいの?

都会は雪に弱いと言われますが、2014年2月のように都心部で30cmもの積雪があれば、立ち往生する車がそこかしこで見られるようになります。もしも自分の愛車が大雪で動けなくなったら、どうしたら良いのでしょうか?

  
12279

積雪・凍結道路のドライブテクニックは?

年の瀬となり、北日本のみならず関東・東海地方も寒波に襲われ積雪が確認されています。お正月帰省は雪道ドライブとなる方もいると思うので、積雪・凍結路のドライブテクニックをいま一度、チェックしておきましょう。

  
11314

突然の大雪で動けなくなったら、どうしたら良いの?

2014年2月、日本列島は中国四国地方から東北地方にかけて大雪となりました。みなさんは覚えていますか?このとき、関東では平野部で30〜80cm、山梨県では一晩で100cm以上の積雪で、中央道大月ICから甲府方面が閉鎖され、並走する国道20号線に700台もの立ち往生が発生しました。...

  
9667

外気温5度以下には要注意!路面凍結が起こる条件とは?

これからの時期は、雪が降らない地域でも、路面の凍結には要注意です。毎年、交通事故の大きな原因にもなっている路面凍結は、一般的に外気温が5度以下になると発生すると言われています。路面凍結しやすい場所を覚えて、安全運転に役立てましょう。

  
18780

パンクしたら無料保証?クムホタイヤのスタッドレスタイヤで安心を手に入れよう

暑い夏もあっという間に過ぎ去り、そろそろ準備をしなければいけないのがスタッドレスタイヤ。日常的に雪が降る地域はもちろんのこと、関東以南でも急な大雪で交通マヒが定期的に起こっているのはご存知の通り。しかし、国産有名スタッドレスタイヤはハイグリップタイヤに匹敵する価格であり、定期的に...

  
7203

AWD車は雪道やオフロード以外でもメリットはあるのか?

AWD(全輪駆動。おもに4WD)車は、雪国やオフロードで重宝されます。しかし、雪が降らない、もしくは少ない土地で、舗装路だけを走るならAWDは必要なのでしょうか?

  
9896

どんな路面でも問題なく快適に走れるオールシーズン『NEXEN N blue 4Season』が新発...

株式会社ネクセンタイヤジャパンは2017年9月1日から、オールシーズンタイヤ『NEXEN N blue 4Season』を発売することを発表しました。発売サイズは計18サイズ(13インチから17インチ)で価格はオープン価格となっています。

  
4740

九島辰也が灼熱のアブダビで試乗【前編】ミシュランPilot Sport 4S

ミシュランが世界のメディア関係者等を招待し、主催した「MICHELIN PASSION DAYS」。九島辰也が灼熱のアブダビで試乗した。

  
5783

まだ間に合う冬支度、欧州で鍛えられたピレリの冬タイヤとは?

2016年も終盤!雪国では、すっかり冬支度を終えた事でしょう。とはいえ、それ以外の地域では、これからという人も多いのでは?ここでは今年注目の冬タイヤ、『PIRELLI ICE ASIMMETRICO(ピレリ・アイス・アシンメトリコ)』をご紹介します!

  
8594

パウダースノー、ミラーバーンでも濃厚なグリップ感がたまらない!ミシュランX-ICE XI3を徹底試乗...

一度履いたらやみつき!ミシュランX-ICE XI3×プリウスでの長距離テストも、いよいよ終盤。パウダースノー、ミラーバーンなど過酷な冬道で問われた真価。

  
12104

本当にスタッドレスタイヤ!?トータルパフォーマンスに驚愕した!ミシュランX-ICE XI3を徹底試乗...

ミシュランX-ICE XI3の良し悪しを徹底的にテストすべく、東京〜新潟の長距離ドライブを敢行。都会、高速道路、雪道などあらゆる場面でスタッドレスタイヤ性能を検証してきた。

  
30100

気温7度が目安。スタッドレスは、冬ドライブの必需品!

東京の12月から翌年3月までの平均最低気温は、2〜6度。風が吹いたり雨が降れば、路面温度はそれ以下になります。その一方で、一般的に夏タイヤは、外気温7度前後を境として、それ以下になれば本来の性能を発揮できなくなると言われています。冬には冬に適したタイヤへ交換することが安全への近道...

  
24237

危険なケースも!? 2速発進・飛ばしシフトのメリット・デメリット

マニュアルトランスミッション(以下MT)や多段式オートマチックトランスミッション(以下AT)では、2速発進ができますし、MTなら途中の段を飛ばす”飛ばしシフト”もできます。これらは車にどのような影響をもたらすのでしょうか?

  
338396

【対立比較】CX-5とCR-Vの中古価格・グレード|オフロード走行性の軍配はどちらに!?

シーンを選ばず使用できるのもSUV人気のポイントのひとつ。悪路も走行できる、といった点も評価につながるわけですが、マツダ CX-5とホンダ CR-Vの悪路での走破性能はどうなのでしょうか…!?

  
16544

なぜ雪が降らなくてもスタッドレスタイヤに交換すべきと言われるのか?

2015~2016年シーズンの冬は異常気象とも言える暖冬!タイヤ交換の時期を逃したまま夏タイヤの人もいるのではないでしょうか。でも、雪が降らなくてもスタッドレスタイヤに換えておいた方がいいんです!というお話です。

  
72048

オーバーステアとアンダーステアとはどういう意味?駆動方式ごとの特徴は?

「肝心なところでねー。アンダーが出ちゃってねー!しかたないねー!」昔の日本人F1ドライバーでレース終了後の口癖として定番化してしまった方もいました。「アンダーステア」や、その対義語で「オーバーステア」という言葉を使う人は多いと思いますが、実際のところどのような意味があるのでしょう...

  
28202
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives