「冠水」の検索結果(12件)

記事

万が一、クルマが浸水・冠水したらすべきこと

昨今、台風や洪水の被害が相次いで報道されています。このような被害は誰にでも起こりえることで、クルマが浸水したり冠水したりすることも、他人ごとではなくなってきています。クルマが浸水・冠水した場合にすべきことをチェックしておきましょう。文・吉川賢一

  
1841

水たまりや道路の陥没で事故に!? 欠陥を見つけた際の対処法

冠水路や思わぬ亀裂、落石、あるいは倒木…。公道には状況の変化や、老朽化によるトラップがつきもので、頻度は高くありませんが、多くの危険が潜んでいるといえます。こうしたリスクの回避方法や対処法を考えてみましょう。

  
2704

フロントグリルやダクトに雨水や雪が入っても大丈夫?

フロントグリルやダクトは車が走行するうえで、重要な役割を担っています。エンジンは洪水などで冠水してしまうと致命的なダメージとなることから、水には弱いイメージがありますが、走行中に入る雨水や雪は影響がないのでしょうか?また、洗車などではフロントグリルやダクトに高圧水を当てても問題は...

  
17061

なぜ水平対向エンジンのタイミングベルト交換は高額になるのか?交換における注意点は?

エンジンのなかでも重要な役割を果たすタイミングベルトは、一般には10万キロが交換時期といわれます。水平対向エンジンも同様のタイミングですが、交換費用が高額といわれます。これはなぜでしょうか?

  
59808

ピックアップトラック再流行のきざし? 新型ハイラックスが復活!?

日本では、2004年で販売を終えたトヨタ ハイラックス(ピックアップ)が、再び日本で発売されるとの噂です。現在、タイで生産されるハイラックスとはどんな車なのでしょうか?また、日本に輸入される仕様は?搭載エンジンや価格も気になります。

  
12431

道路が冠水!駐車場の愛車は大丈夫?冠水路を走る際の注意点とは?

8月以降は、大型の台風が日本列島に接近するシーズンです。さらに近年は、集中豪雨による自動車の水没被害も相次いでいます。クルマを愛するものとして、気が気ではありませんね。そこで今回は道路の冠水と、その際の保険について調べてみました。

  
13682

運転中に突然の雹!どうすればいい?損害は保険で直せる?

2017年7月18日15時過ぎ、東京の池袋で直径数cmの雹が降り、歩行者や家屋、自動車などに損害を与えました。降ってきた雹で、ボディがボコボコになった自動車も多いとか。この被害に、保険は適用されるのでしょうか?

  
8723

GT-Rが水浸しになりながら走行…冠水路を走る際の注意点とは?

近年、気候が変化しており、夏場では急激なゲリラ豪雨に見舞われることも多くありますね。日本の排水インフラは優れているとはいえ、処理が追いつかないほどの豪雨であれば冠水しますし、排水の弱いところは冠水ポイントともなってしまいます。こうした状況をクルマで走る際、どのような点に注意すれば...

  
14733

エンジンやマフラーなど…車はどこまで水に浸かるとOUTなのか?

自然災害による洪水などで浸水してしまった場合、そのクルマの修復はほぼ不可能です。とはいえ、日頃から愛車の水没を想定している方は少数派でしょう。台風やゲリラ豪雨など、以前はテレビでしか見たことのなかった光景が、現在では他人事とも言えなくなってきています。ところで、車の水没=廃車は、...

  
57887

【梅雨前に要確認】車が天災により水没したらどうすべき?対応方法をご紹介

日本の治水技術は非常に高く、住んでいる地域に大きな河川があっても、まず洪水の心配というのは近年なかったと思います。しかしここ数年、気候の変化やインフラの老朽化により、思わぬ洪水被害が発生しています。今回は、梅雨前に確認したい、大雨による車の水没の対応方法をご紹介します。

  
14576

クロカンカスタム車にある、Aピラー横の煙突の正体とは?

クロカン4WD車が、普通の乗用車はもとよりクロスオーバーSUVより優れた悪路走破性を持つのは周知の事実です。その性能は、最低地上高を上げ、より大径タイヤを履くリフトアップなどで、さらに高まりますが、加えて上に向かって伸びるパイプが存在することも。その正体は何でしょう?

  
44316

10万円以下の激安中古車って大丈夫?激安の訳とは?

10万円以下というような、車としてはちょっと考えられない価格の中古車が数多く出回っていますが、そういった車はなぜそんなに安いのでしょうか?また、そんな激安中古車は買っても大丈夫なのでしょうか?

  
120773
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives