「備品」の検索結果(30件)

記事

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.13 人生5個目のヘルメットは…

初めてレースというものに参戦した日から、もうすぐ20年になる。師匠に教わったことのひとつが、ヘルメットやレーシングスーツなど装備品を選ぶときの心得だ。ちゃんと自分の身体のサイズに合うもの、多少高価でも信頼できるものを選べ。なぜなら、これは命を賭けるスポーツなのだから。そう何度も念...

  
147

シートカバー、土禁カバー、フェンダーミラー…古臭いと思われるクルマの特徴7選

自動車の性能やデザインが進化したことで、すっかり見かける機会が減ってしまった装備品があります。いま目にしたら、昭和を生きてきたお父さんが「懐かしぃ〜」と思わず口に出てしまうようなクルマの装備の数々。あなたはどれだけ知っていますか?

  
9075

ボディに傷がある、注文と違う!? 納車された新車の受け取りは拒否してもいいの?

新車売買契約書に署名してから数ヶ月後、いよいよ納車です。クルマ好きにはワクワクものの一大イベントですが、同時に正しい商品が届いているか仔細に点検を行わないと、不本意な車に乗ることになりそうです。

  
6553

ユーザーが知らない、マイナーチェンジの裏側

一般的に、乗用車は7〜8年毎にフルモデルチェンジが行われます。それに対し、マイナーチェンジは2〜3年に1度、多い車だと毎年行われることもあります。バンパーやホイールのデザインがリファインされたり、専用装備品が追加されたりと、マイナーチェンジ前よりも魅力的な商品になって発売されます...

  
7838

ガードレールは1m約5,000円。ではETCバーはいくら? 気になる道路上の備品の金額

一般道、高速道路問わず、道路上にはさまざまな備品が設置されています。そんな備品ですが、事故などによって破壊されてしまったり、老朽化によって新しいものに取り替える時があります。では、それら備品の金額はそれぞれいくらなのでしょうか。

  
9571

ホンダの技術力が発揮された!知られざる名車、ホンダ ビガーの魅力

近年のホンダのイメージといえば、フィットやN-BOXに代表されるデザインが洗練されていて燃費もいい大衆車を作るメーカーといったところでしょう。しかし、かつてはFFレイアウトにいち早く注目したり、CVCCを開発したりと、独自の路線を歩みながら優れた自動車を作るメーカーというイメージ...

  
7167

イギリスの底力 グッドウッドリバイバル2013

皆さんは「英国」と聞いてどんなイメージを思い浮かべるだろう。おそらく多くの人が「伝統と格式に則った」古式ゆかしい紳士の国……といったニュアンスを答えるのではないだろうか? しかし、それは半分正しく、半分正しくない。英国は歴史や伝統ばかりを重んじて来た国ではない。むしろ常に新しいモ...

  
241

中古99万円〜!お風呂付きの「入浴車」は、マイカーとして購入できる?

車の中にお風呂が積載されている車「入浴車」と呼ばれるものがあります。介護での使用を目的に作られた車両ですが、個人での購入は可能なのでしょうか。そもそも入浴車を購入するのはどのような人々・団体なのか、その使用用途や仕組みを合わせて紹介します。

  
6556

なぜ昔はフロントガラスが2分割式だったのか

黎明期の自動車には、フロントガラスがありませんでした。その後、ゴーグルを使用する時代を経て、1900年以降にフロントガラスが採用され始めます。そんな古い時代の車のフロントガラスをみると、上下や左右に2分割されていますが、これはなぜでしょうか?-------------------...

  
11478

おしゃべりなクルマたち Vol.50 母と娘の探し物

ある秋の週末、友達と映画に出かけた娘を拾い、一緒にスーパーに出かけた。いつ雨が降り出してもおかしくない、そんな日だったから彼女は折り畳み傘を持参していたのだが、スーパーに着くとそれをパンダのグローブボックスにしまった。text:松本 葉 イラスト:武政 諒 [aheadアーカイブ...

  
306

クラシック ミニ(mimi)が中古でも愛される理由

人生に彩りを与えてくれるものの一つにクルマがあります。ただし、すべての車が”彩り”になれるわけではありません。大切なポイントは「デザイン」。デザインといっても見た目のことだけではなく、その車の開発背景や目的、設計思想、また開発陣の志、そしてそれらの具現化度合いなども含みます。当初...

  
4174

車中泊するならこれだけは積んでおきたい!

アクティブなアウトドア派にとっては、車中泊は頻繁にあること。フツーの車、キャンピングカー問わず、何も持たないでは快適な車中泊をすることはできません。今回は、快適な車中泊をする時にあると便利なアイテムを、厳選してご紹介しましょう。

  
43694

特集 熟成の時代へ

クルマやオートバイは、時代と共に進化してきた。工業製品は、常に変化していくことが必然だからだ。しかし今、本気でほしいと思うクルマやオートバイが少なくなったという声が多く聞こえてくる。これからの時代は、求める側も今までとは違う視点に立ち新たな価値観を持つ必要があるのではないだろうか...

  
570

最小回転半径5.6m!カムリより小回りが利く和製ハマー「トヨタ メガクルーザー」

ひと口に自動車好きと言っても、国産メーカー、戦前のヒストリックカー、軽自動車、スポーツカーなどなど、そのこだわりは三者三様。なかでも軍用車両は、民生用として販売された例が少なく、そういった車両のほとんどはレアアイテムとなっています。トヨタ メガクルーザーも、そんな一台です。

  
16765

ボーダーレスの時代

カテゴリやジャンルがはっきりしていれば、相手に伝わりやすく、理解されやすい。そして受け入れる側も迷いを持たずにすむ。しかしここ数年、カテゴリの区分けが難しいモノや、新しいジャンルも増えてきた。クルマやオートバイに限った話ではないが、数字だけでは計れない部分や、言葉化しにくいニュア...

  
472

特集 プリミティブ症候群(シンドローム)

クルマやバイクに関わる多くは、常に足すことによって進化してきた。しかしそれは、根源的なところから離れていくことでもあったはず。何かを追加するのではなく、潔く取り除いたモノしか持ち得ない魅力。足し算ではない引き算の世界、それがプリミティブだ。text:岡崎五朗、世良耕太、伊丹孝裕、...

  
671

おしゃべりなクルマたち Vol.74 たかがつまみ、されど…

がさつな扱いがいけなかったのだろう。ボリュームを上げたり下げたり、ぐるぐる左右に回していたら、愛車パンダのラジオのつまみがある日、ぽろっと落ちてしまった。なんてこと! シートに転がったそれを拾い、くるくる回してから、そろそろっと手を外したが、待ってましたとばかりにまた同じ場所に転...

  
418

おしゃべりなクルマたち Vol.99 頂点の手前で止まるフランス人

フランスに住んでこの国の人々に関わって16年。感心したり落胆したり不思議に思ったりした歳月。未だわからぬことはたくさんあるが、確信を持って言えることがひとつだけあって、それはフランス人の体質を表すなら、ダチアだ! ということ。text: 松本 葉 [aheadアーカイブス vol...

  
505

最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

車の価格もピンキリで、新車でも軽自動車になれば安いものは70万円程度で購入できるモデルもあります。その一方で、高級車となると国産メーカーでも1,000万円超。国内メーカーで、もっとも高額なプラスタグが付いた市販乗用車は、いくらなのでしょうか?今回は、いま新車で購入できる高額な日本...

  
30494

オフロードバイクはレジャーになるのか 〜手ぶらで ”しどき”に行ってみた。

今は、何でもレンタル&1日体験で遊ぶのが当たりまえになってきた。サーフィンやサップボード、ダイビングからスノボーまで、手ぶらで現地に行って思いっきり楽しむ時代。最近はレンタルバイクがメジャーになって手軽にバイクに乗れるようになったとはいえ、免許は必要だし、家族全員でツーリングに行...

  
4125
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives