「修理」の検索結果(247件)

記事

自動車メーカー創業者は、中間子が多いのか?調べてみた

上下に兄弟姉妹がいる中間子は、独立心旺盛かつ人付き合いのエキスパートで、一流企業の創業者や政治家に多いと言われます。ソフトバンクの孫正義社長や、ユニクロの柳井正会長兼社長、政治家では田中角栄、小泉純一郎、現首相の安倍晋三も中間子です。この傾向は、自動車メーカー創業者にも当てはまる...

  
1848

デロリアンの復活って、どうなったの?

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズに登場したタイムマシンを、いまだに覚えている方も多いでしょう。当時、自動車がタイムマシンになる設定は衝撃的で、未来の車はこうなるのか…とワクワクさせられました。かくいう筆者もそんな1人でした。数年前、そのタイムマシンのベース車だった「...

  
3871

新型ジムニー、ついに情報解禁!どう進化した?

2018年6月18日、正式な発表を前に新型ジムニーのティザーサイトが公開されました。20年ぶりのモデルチェンジに、ジムニーファンのみならず多くのクルマ好きから注目されている4代目ジムニーは、どのように進化したのか?予想を含めて検証していきます。文・山崎友貴

  
10824

特集 日本のクラシックについて

欧州には、古いクルマを文化遺産としてとらえる価値観が根付いている。それは、国の歴史だという視点に基づいていたり、貴族意識に起因していたりする。そして自動車メーカーも自分たちの製造してきたクルマを後世に残していこうとする姿勢が古くから備わっていた。翻って戦後の日本人の生活を支えてき...

  
104

たかがオートバイされどオートバイ

オートバイに乗る人は不思議だ。クルマと違い、生活に必要なものではなく、背負うリスクも他の趣味に比べて極端に大きい。なのに、オートバイに乗る人は趣味の域を超えてオートバイにのめり込む。オートバイに興味がない人からみると、その価値に意味を見出すことは難しい。「どうして、オートバイなん...

  
135

アコースティックプレジャー

電子制御された過給器やハイブリッド、それに安全のための電子デバイスは、時代が求めた必然であり、未来を豊かにする可能性があることは理解できる。しかしそれだけでは、クルマやバイクの持つ本来の魅力がなおざりにされてしまう気がする。何もかもをデジタル化するより、アナログな味わいを残して生...

  
91

自動車で世界一周旅行はどうしたらできるのか?

世界中のどんな僻地にも、人が住んでいるならば道があるはず。そして道があるなら車で行くことができるはず。公共交通機関がないところでも、自由に行けるのが、車やバイクを使った旅の醍醐味ですよね。そこで、車で世界一周するには、どういった点に気をつけなくてはいけないか、考えてみました。文・...

  
2074

1台のクルマと永くつき合う

クルマを生活の道具として考えた場合、整備や修理を繰り返して乗り続けるよりも、そのクルマと適度な時間を過ごした後、価値が下がらないうちに新型車に乗り換えて行く方が賢いように思える。しかしクルマは、家電や携帯電話ではない。機能やスタイルが新しくなったからといって、全てが自分にとって相...

  
2680

あの金属製のゴツいバンパーはなぜ消えた!? 近年のバンパー事情

ひと昔前のバンパーといえば、金属製のいかめしい作りでしたが、最近のバンパーはいろいろと様相が変わってきましたよね。今回は、バンパーの歴史とともに、近年のバンパー事情について紹介していきます。文・吉川賢一

  
4100

黄色いビートルを見ると幸せになれる!? クルマに関わる都市伝説4選

クルマに関する都市伝説は、1980年代から盛んに語られるようになりました。ここでは、雑学的な都市伝説をご紹介します。

  
4122

「バチッ!」飛び石でフロントガラスに傷がついた時にしてはいけないこと

走行中に「バチッ!」という音が聞こえたと思ったら、フロントガラスに傷がついていた、という経験は多くの方にあると思います。飛び石によるフロントガラスの傷は、大小さまざま。ボディならタッチアップやボディリペアで直すことができますが、ガラスの場合はどう対処したら良いのでしょうか?文・立...

  
8444

トランクに鍵穴がない!? 鍵紛失!そんな時の対処法

スマートキーが普及するにつれて、トランクやリアゲートに鍵穴のない車が増加しています。鍵穴がない車のトランクやリアゲートは、どうやって開けるのでしょうか。それと合わせて従来型・キーレス型の鍵をなくしたときの対処法を紹介します。

  
4171

カメムシのような強烈な臭い!? ガソリンは本当に”腐る”のか?

長期間放置してあったクルマのエンジンを久しぶりに動かすというシチュエーションは、日常の足として購入したクルマなら、まずありえません。しかし、レンジエクステンダーEVやPHEVなどの場合、数ヶ月エンジンを始動させることなく使うことも可能です。でも「ガソリンが腐る」なら、エンジンはと...

  
5747

【ahead archives】4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

現在CarMe[カーミー]で公開されている「ahead archives」。自動車情報だけでなく、二輪自動車や自動車ライターのコラムなど幅広いコンテンツをラインナップしています。そんな「ahead archives」、4月はどの記事がもっとも読まれたのか、Let's プ...

  
1395

買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷…そんな時の対応手順

愛車に乗り込もうとしたとき、駐車時にはなかった見覚えのない傷や凹みを発見したら、どのような対応をすればいいのでしょうか?対策と合わせて紹介します。

  
12294

初代カイエン(955型)の人気に値するほどの価値を中古で買って確かめてみた。

プレミアムSUVブームの火付け役となったポルシェ カイエン。今回はその初代モデルとなるタイプ955を紹介します。以前乗っていたハマーH2に代わる何か車高の高い車が欲しいと考えていたときに、あまり深く考えずなんの期待もなくカイエンを購入しました。唯一の理由と言えば、「大人気だけど、...

  
10686

パンクしない!? 「シーリングタイヤ」って知ってる?

近年、ランフラットタイヤを標準装着したクルマが増えています。ランフラットタイヤは、パンクしても、ある程度走行が継続でるように設計されたタイヤです。このランフラットとは違った仕方で、パンクしても走行が継続できるようにした「シーリングタイヤ」をご存知でしょうか。今回は、このシーリング...

  
5652

走行距離が少なすぎる中古車はじつは危ない!?

中古車の購入時、走行距離は大事な指標です。1年間の走行距離を1万キロとして、それに対して低走行車か過走行車かというチェック方法は、一応の合理的な基準と言えるでしょう。では、走行距離が極端に少ない中古車に出くわした場合、私たちはどう判断すればよいのでしょうか?文・吉川賢一

  
16987

バリアブルギアレシオってなに?メリット・デメリット

バリアブルギアレシオやアクティブステアリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ステアリングのギア比を、車速や状況に応じて変化させ、鋭いハンドリングと、高い安定性を両立することができるといった機構です。非常に優れたシステムに聞こえますが、じつは一長一短があるのです。文・吉川賢...

  
4219

平成5年生まれの僕がモータースポーツを楽しむために買った中古「デミオ 15C」

大学卒業後、仕事で貯めたお金で初めて購入したマイカーが2007年(平成19年)式のマツダ デミオでした。街中でよく見かける3代目デミオ 15Cを筆者が選んだ理由は、モータースポーツを楽しむため。コスト・部品供給などの面からも、デミオ 15Cはオススメです。文・よよ

  
4413
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives