「価格」の検索結果(1745件)

記事

月々11万円からでフェラーリのオーナーに!? スーパーカーのお得な買い方

残価設定型ローンというクルマの購入方法をご存じですか?販売会社や提携先ローン会社によっては、バリューローンや残価クレジットなどとも呼ばれています。そんな残価設定型ローンを使用して、クルマを購入する方が最近増えています。特にスーパーカーの世界で重宝されているのです。その理由を、残価...

  
2977

日産の高級セダン、フーガとシーマの違いって何?

日産の高級セダンであるフーガ(FUGA)とシーマ(CIMA)。ぱっと見の外見は異なる2台ですが、同じような位置づけのクルマであるだけに「なんで日産は同じようなクルマを出したんだろう」と疑問に思う方も少なくないはず。今回は、フーガとシーマの違いについて見ていきましょう。

  
3846

オイル漏れの修理代っていくらかかるの?

クルマは、乗っていても乗っていなくても経時劣化をします。特にオイルは年数が経つと、車体の下からポトポトと滴ることがあり、気づかずにそのまま走ってしまうと、エンジンを痛めてしまう原因にも…。そうならないためにも、オイル漏れの原因、対処法、そして気になる修理代について知っておきましょ...

  
570

ツウの選ぶR32スカイライン、GTS-tとは?GT-Rとの違い

歴史上もっとも高く評価され、発売から30年近くが経過した現在でも、絶大な人気を誇る日産のR32型スカイラインGT-R。そのGT-Rの影に隠れながら、走り屋に人気だったモデルに、GTS-tがありました。どちらもスカイラインの名が付いたモデルですが、どんな違いがあったのでしょうか?

  
6861

トヨペット コロナが初採用!大流行したハードトップは、なぜ消滅した?

1965年にトヨペット コロナが、日本車として初のハードトップボディを採用しました。その後、ハードトップボディは大流行し、クラウンやセドリックなどの高級車からブルーバードやカローラなどの大衆車まで、広く採用されました。それほど人気を博したハードトップですが、なぜ消滅してしまったの...

  
2845

国内自動車市場にインパクトを与えた!? 90年代後半の名車5選

バブル経済崩壊後の1990年代後半は、景気低迷と就職氷河期に加えて、大きな災害や事件が重なるなど、社会不安が日本を覆う一方、インターネット社会の始まりともいえる時代でした。経済・社会・文化の多方面で大きな変化を日本が経験したころ、どんなクルマが人気となっていたのでしょうか?文・立...

  
5909

逆スラントノーズのカッコ良いクルマ5選

「逆スラントノーズ」を知っていますか?現在は、一部のモデルで採用されているデザイン手法ですが、1960~70年代にはとても流行しました。ここでは、1970年代から現在まで、筆者の印象に残っている5台をピックアップしてみました。文・立花義人

  
5628

本当にフェラーリなの!? 実用性の高いフェラーリFFとは?

フェラーリといえば、エンジンをミドシップに搭載した高性能スーパースポーツばかりをラインナップしていると思いがちですが、フロントにエンジンを搭載したGTも数多く手がけています。そんな実用的なフェラーリのなかでも異色の存在といえるのが、2011年にデビューしたFFです。フェラーリFF...

  
3741

誕生から50年以上のハイエース、特別仕様車は買いか?

トヨタ ハイエースといえば、50年以上続いているロングセラーモデルです。1967年の発売以来、使い勝手の良い商用車として、多くの現場で活躍してきたハイエースに、長寿を記念する特別仕様車が発売されました。50TH ANNIVERSARY LIMITEDとDARK PRIMEⅡ、それ...

  
3872

助手席には謎の美女?故障自慢をする?…スーパーカーオーナーあるある5選

スーパーカーと言えば、人目を引く派手なデザインや極端に低い車高、高額な車両価格に圧倒的な走行性能と、一般的な車とは異なる特徴が盛りだくさん。そんなスーパーカーだからこそオーナーにしかわからない共通の悩みや、思わず「そうそう!」と頷いてしまう“あるある”が存在するはず。今回は、そん...

  
11312

運転する?いやくつろぎたい!ラグジュアリーなインテリアの輸入車5選

近年の車は走行性能や安全機能の充実はもちろんのこと、インテリアの装備についても各メーカーが趣向を凝らしています。そんな贅沢なインテリアのなかでも、もはや車ではなく部屋であるかのような、ラグジュアリーな空間をもつ輸入車たちを紹介しましょう。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局...

  
4234

最強を謳うメルセデス・ベンツの4ドアクーペ AMG GTの凄さ

AクラスからSクラスまで、フルラインナップを誇るメルセデス・ベンツ。その頂点に君臨するAMG GTに、待望の4ドアモデルが登場しました。これまでクーペとロードスターのみだったAMG GTが、実用性の高い4ドアを導入したことで、いったいどのような変化が生まれるのでしょうか。モンスタ...

  
2754

バブル最盛期に突如現れた!初代8シリーズを振り返る

BMWのラインナップは、ボトムの1シリーズからフラッグシップの7シリーズまで、と思っている方は多いかもしれません。しかし1990年代には、”8”の数字が与えられたシリーズが存在していたことをご存じでしょうか。その8シリーズが、2018年秋に復活を遂げることになりますが、ここではバ...

  
3350

昔と今、日本車各メーカーの大衆車はどう変わった?

現代の私たちにとって、クルマは生活に欠かせないものとなっています。その土台となっているのは、戦後、急速に自家用車が普及するきっかけにもなった各メーカーが作る大衆車ですが、時代の変遷とともに、大衆車も変化を遂げています。日本の主な自動車メーカーが販売してきた大衆車には、どんなクルマ...

  
1918

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第二章:テスラ・モデルX

あらゆる分野で常に話題を振りまき、今なお世界の自動車業界の風雲児であるテスラモーターズ。そのフラッグシップである「モデルX」を俎上に乗せて、複数のテスターに試乗させるという今回の企画では、おそらくほかの諸先生方が、例えばEVとしてのパフォーマンスや航続距離、充電インフラ、あるいは...

  
788

ポルシェの911や718、この数字の意味とは?

ドイツのプレミアムカーメーカー、ポルシェのモデルにつけられている「911」「718」などの数字の意味をご存知でしょうか。こうしたポルシェの名称とその意味を知ることで、ポルシェについてぐっと理解を深めることができます。今回は、ポルシェの数字に着目してみました。文・吉川賢一

  
5883

S660が丸目のクラシカルな姿に!? 外装キットが発売!

2018年9月21日、ホンダの純正パーツを取り扱うホンダアクセスから、S660向けの外装キットが発売されます。今日的なデザインが与えられたS660のイメージをガラリと変える「S660 Neo Classic KIT」とは、どんな内容になっているのでしょうか?

  
3300

空き地に放置されているクルマって誰が処分するの?

近所の空き地で朽ち果てそうになっているクルマや、マンションの駐車場などに長期間放置されて大量のホコリを被ったクルマ。土地の持ち主なり、マンションの管理人なりが、処分すれば良さそうに思いますが、簡単には処分することが出来ない事情があるのです。今回は、このように放置された車は、誰がど...

  
2801

新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分

ヒット街道を爆走し、今年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しそうな勢いの新型ジムニー。でも、納車まで1年以上待つという狂おしい状況も。そこで、考えたい選択肢があえて旧型に乗るということ。新旧ジムニーを比較して、JB23/43型ジムニーの良さを検証してみました。文・山崎友貴

  
4521

ホンダ NSX、2018年秋にマイナーチェンジ予定!どのように変わるの?

ホンダ NSXが、2018年秋に改良版を発表することを予定しています。それにともない、本田技研工業では2018年8月24日より特設サイトで改良版の新型NSXを先行公開しています。これまでのNSXからいったいどのように変わるのでしょうか。

  
1348
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives