「低床化」の検索結果(8件)

記事

FF、FR、MR、RR、4WD…それぞれの走りの特徴は?

クルマの基本構造を示すのに「FF、FR、MR、RR」といったアルファベットを使うことがある。これは順にフロントエンジン・フロントドライブ、フロントエンジン・リアドライブ、ミッドシップ・リアドライブ、リアエンジン・リアドライブの略称で、エンジンの搭載位置と駆動輪の関係による分類だ。...

  
30855

軽自動車で車高が高いとどんなメリットがあるの?

一見、同じようにみえる軽乗用車ですが、なかにはベーシックな2BOX、走りと広さのバランスが良いハイトワゴン、車高1,700mm以上のスーパーハイトワゴン、4人乗っても荷物スペースにゆとりがあるワンボックスなど、いくつかの分類があるのをご存知でしょうか?そんな軽自動車のなかでも、最...

  
2371

新型クラウンがデビュー!60年以上に渡るクラウンの歴史をざっと振り返ってみた

2018年6月26日、新型(15代目)クラウンが発売になりました。デザイン、環境性能、走行性能、安全性能が全面的に進化、それに加え、クルマ自身が情報をやり取りするコネクテッド技術を充実させました。1955年の初代クラウン発売から今回の15代目まで、60年以上に渡るクラウンの歴史を...

  
6920

ミニバンが低床になって、得すること4つ

ひと昔前のミニバンといえば、多くの人を乗せることができる背の高いクルマ(床も高め)というイメージでした。ところが、昨今は低床ミニバンが当たり前のようになってきています。多くのミニバンが低床化するには、なにか理由があるはず。ここでは、床が低くなるとどんな良いことがあるのか紹介しまし...

  
10094

ダブルタイヤのメリットとデメリットとは?

道路を走行中、前を走るクルマのリアタイヤが2重になっているのを見たことはありませんか?ダブルタイヤと呼ばれるタイヤの装着方法のひとつで、おもにトラックやダンプでの採用されています。この方式のメリットやデメリット、さらに面白い機構も紹介します。

  
43887

エスカルゴ、ラシーン、パオ、Be-1…いまでも通用しそうな1980〜90年代の日産車5選

Be-1を筆頭にバブル時代に発売された日産のパイクカーたち。発売から30年近く経過しても、いまだに新鮮なデザイン、存在感の強さはさすがです。

  
15047

高級ミニバンの先駆けエルグランドの中古価格|新型エルグランドで王者奪還なるか!?

素晴らしい居住性と走行性能、そして迫力あるエクステリアで支持の高い日産のエルグランド。そんな日産 エルグランドに新型情報が発表されました。新型エルグランドはどんなパワーアップを果たすのでしょうか?さまざまグレード展開、価格設定が行われています。高いグレードは新車価格もかなりいいお...

  
22354

マツダからミニバン撤退の噂が。3つのマツダ製ミニバンが遂に生産終了!?

11年の長きにわたって生産が続けられていたプレミアム・コンパクトのベリーサがついに2015年で生産を打ち切られたことで、マツダの車種整理が本格化するという見方があります。最近のマツダはコンパクトカーからミドルサイズセダン・ワゴン、そしてCXシリーズSUVが好調な一方で、後継車の噂...

  
89013
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives