「交通安全」の検索結果(41件)

記事

2019年はこれを買っておけ!占い師がおすすめするカー用品5選

2019年は、九星でみると「八白土星」の年。「山」という意味を持ち、何事もコツコツと積み上げていくことで成功へと導かれる運気があります。高い山を登るように、変わらない日常の中に少しずつ変化を取り入れることで、大きくステップアップできる年です。また、風水は「身の周りの環境を整えるこ...

  
4009

SPECIAL ISSUE 母と子とクルマ 被害者にも加害者にもならないために

相変わらず小さな子どもが犠牲になる交通事故は後を絶たない。世の中から交通事故がゼロになることは現実的ではないのかもしれない。それでも、限りなくゼロに近づけるための努力を私たちはしなければならない。ハンドルを握る1人の大人としての心構えはもちろんであるが、子を持つ親として何ができる...

  
155

スマホの"ながら運転"は5万円以下の罰金!? 自転車で違反するとどんな罰則があるの?

右手で飲み物、左手でスマホを持ち、イヤホンをしながら電動アシスト自転車に乗っていた女子大生が77歳の女性を死亡させたという事故。禁固2年(執行猶予4年)の有罪判決が出ている。これは川崎市で起きた事故で、かなり悪質だが、この事故に限らず刑事事件で有罪、民事訴訟で高額の賠償を命じる判...

  
2007

金属チェーンと非金属チェーン、それぞれのメリット・デメリットとは?

国土交通省は、大雪によってチェーンの装着が義務付けられる全国13区間の道路を公表しました。チェーン規制は、大雪特別警報や大雪に関する緊急発表が出された場合にのみ実施されるもので、平時は冬タイヤで走行可能です。さて、そのタイヤチェーンですが、金属製と非金属製がありますが、それぞれど...

  
2766

気をつけたい!違反件数の多い交通ルールとは?

クルマを運転する際、守らなければならない交通ルールはさまざまです。なかには、私たちの認識が誤っていたり、制定された時代背景が古くて、現代には合わないなんてルールもあります。そこで今回は、数あるなかでも守られていない、普段私たちが破りやすい交通ルールを取り上げていきます。しっかりと...

  
3877

冬支度に朗報!タイヤチェーンの用意なら「バイアスロン セルフィット」がオススメ!車を移動するだけで自...

株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:村田隆昭)は、タイヤチェーンブランド『BIATHLON(バイアスロン)』から、新型の 『 バイアスロン セルフィット』を平成30年11月に発売します。バイアスロンシリーズと言えば、非金属チェーンでは初めて『ジャッキアッ...

  
5127

U-18の運転予備校

「U-18運転予備校」は、自動車を運転できる体格(身長150㎝以上)を持ち、四輪の運転免許をまだ取得していない18歳以下の若者に、本物のクルマを運転してもらって交通安全の理解を深めてもらうための体験イベントだ。text:菰田 潔 写真提供:AJAJ [aheadアーカイブス vo...

  
364

「道路は誰のもの?」新しい交通安全の想像

スマートドライバー。この親しみやすく分かりやすい言葉を11年前から交通安全のために使ってきた人たちがいる。放送作家の小山薫堂氏を発起人として、「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」をスローガンに活動を続けてきた市民主体型交通安全プロジェクト「東京スマートドライバー」だ。text...

  
477

飲酒による死亡事故率は8倍!なぜ飲酒運転はなくならないのか?

10年前、20年前に比べ、飲酒運転に対するイメージはだいぶ厳しくなった気がします。しかし、飲酒運転が撲滅されたかといえば、そうでも無く、依然として飲酒運転による事故が絶えません。このままいけば、飲酒運転そのものを不可能にする装置が、標準装備となる日もそう遠くないのかもしれません。

  
3619

秋の交通安全運動、いったいどんな活動しているの?

9月21日(金)から、2018年(平成30年)の「秋の全国交通安全運動」が始まります。期間は9月30日(日)までの10日間です。この交通安全運動は、実際に街中ではどんな活動が行われているのでしょうか?文・赤井福

  
2306

渋滞だから海を走って江ノ島へ!? 水陸両用の道路交通法って?

江ノ島といえば、神奈川県藤沢市にある有名な観光地。その江ノ島に限らず、夏になると水辺の観光地は、車で行くとほぼ渋滞に巻き込まれます。車で水上を移動できたら渋滞知らずで便利ですが、日本の道路交通法で水陸両用車を走らせることはできるのでしょうか。今回は、江ノ島を例に紹介していきたいと...

  
5396

責任と品格

ルールは規則に準ずるので守らなければ罰則を課せられる。マナーは規則の範疇ではないので罰則はない。ルールは基本的に社会によって定められるが、マナーの規範は自分の中にある。ルールは明文化されたものであるのに対して、マナーは個人の価値観に委ねられる。しかしルールに定められていない責任も...

  
1432

TOWARD 2020 自動車の未来を考える

2020年の東京オリンピックに向けて特に開催地となる東京では、空港、鉄道、都市開発、そして道路など、インフラ整備が具体的な形となって進められている。まとめ:今尾直樹、若林葉子 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
626

ドライバーの責任

便利で愉しく、暮らしに役立つクルマ。しかし時に人を傷つける凶器にも変わる。事故を起こさない、事故に遭わない。そのためには日々緊張感を持って運転し、ドライバーとしての責任を自覚することが何より大事。今回は“子ども”に焦点を絞り、私たちドライバーにできること、必要なことを考えてみる。...

  
939

ナンバープレートはどう進化してきたか

日本の公道を走行するすべての登録車両に装着が義務付けられているナンバープレート。自動車事故や交通違反、犯罪などで加害者、被害者、被疑者を特定できるといった効果があります。そんな日本のナンバープレートの歴史を振り返ってみましょう。

  
24047

CITROËN DS DAY in 増上寺

「クルマ離れ」というフレーズ、もはや使い古された感もあるけれど、それはつまり、この問題が依然として進行中であることを示している。メーカーやインポーターはそれを食い止めるべく、あの手この手と知恵を絞っている。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7...

  
484

始動! ピンク・ホイール・プロジェクト

「女性たちのパワーを結集し、もっとクルマ社会に貢献したい」。そんな思いで立ち上げたピンク・ホイール・プロジェクト(PWP)。ジャーナリスト、自動車メーカー、パーツメーカー、モデルさん、タレントさん、雑誌編集者など、たくさんの女性に声を掛け、賛同者は90名にも達し、3月13日のキッ...

  
275

Smartphone × Automobile vol.8 「乗り心地診断」

同乗者の乗り心地を診断するアプリを紹介します。text:近藤正純ロバート [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
215

Rolling 40's Vol.66 赤道での再会

今アフリカのウガンダにいる。それも首都カンパラから600キロほど北西の、ケニアとの国境境近くの辺境地にいる。観光ではなく、某ドキュメンタリー番組の撮影だ。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.136 2014年3月号]

  
377

レンタカーにもチャイルドシート

JAFの「チャイルドシート使用状況全国調査」によると、チャイルドシート使用率は2009年から徐々に上がり、2013年は60.2%になった。これは単に罰則によるものだけでなく、"子どもの安全確保のためには必要だ"という認識が、若いパパママ世代に浸透してきたからだろう...

  
613
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives