「交通事故」の検索結果(126件)

記事

Rolling 40's VOL.112 運転代行の初夢

最近、人工知能の話題などにおいて「シンギュラリティ」という言葉を聞く機会が多い。調べてみると、私たち乗り物マニアにも大きく関係していることであった。簡単に説明すると、シンギュラリティとは数学用語の「特異性」で、人工知能が人類の知能を超える「技術的特異点」を指し、生物学的な思考速度...

  
10

赤信号を避けて"コンビニワープ"!ショートカットの危険性とは?

「コンビニワープ」という造語をご存じだろうか。目の前の信号が赤、もしくは赤になりそうな時などに、信号を通らず、手前にあるコンビニなどの駐車場を通り抜けて右左折(主に左折)してしまう行為だ。「あおり運転」と同様に、直接取り締まる道交法違反(違反名)はないものの、事故の可能性が高くな...

  
1856

「道路は誰のもの?」新しい交通安全の想像

スマートドライバー。この親しみやすく分かりやすい言葉を11年前から交通安全のために使ってきた人たちがいる。放送作家の小山薫堂氏を発起人として、「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」をスローガンに活動を続けてきた市民主体型交通安全プロジェクト「東京スマートドライバー」だ。text...

  
424

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.162 XC60がトップを射止めた理由

大本命だったリーフが日産の完成車検査問題で辞退し、大混戦となった日本カー・オブ・ザ・イヤー。トップの座を射止めたのはボルボXC60だった。この結果を受け「納得いかない」といった声も聞こえてくる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
236

最近問題視されている"あおり運転"って、昔からあったの?

2017年、東名高速道路で、あおり運転がきっかけでご夫婦が亡くなるという、痛ましい事故がありました。これを契機に、日本ではあおり運転が問題視されるようになりました。そもそもあおり運転は、昔からあったのでしょうか?文・吉川賢一

  
2073

音を奏でる道路!? メロディーロードってどういう仕組み?

メロディーロードと呼ばれる道路が、日本に点在しています。その場所を通過すると音楽が聞こえるメロディーロードは、どのような仕組みになっているのでしょうか?設置するメリット、そしてメロディーロードを設置する上での条件について紹介します。

  
2550

秋の交通安全運動、いったいどんな活動しているの?

9月21日(金)から、2018年(平成30年)の「秋の全国交通安全運動」が始まります。期間は9月30日(日)までの10日間です。この交通安全運動は、実際に街中ではどんな活動が行われているのでしょうか?文・赤井福

  
2208

予約ができたり、ノンストレスに!? いまのカーエアコンがすごい!

バブル前の国産車にとって、エアコンは贅沢品でした。カーエアコンの構造上、エアコンをオンにすると、燃費が悪くなる、エンジンパワーが低下するとされ、エアコンそのものが敬遠されていました。しかし、現代のカーエアコンはとてつもない進化を遂げているのです。

  
9734

車の最大乗車定員、子供はどうやって数える?

ハイトワゴン系の軽自動車は、ファミリーカーとして使われるシーンも多くなっています。ただし、常用の軽自動車の最大乗員定員は4名。両親とお子さんが3名という家族構成では、定員オーバーになってしまうのでしょうか?

  
6133

車のオートライト、どこで明るさを検知しているの?

ヘッドライトを点灯するタイミングは、ドライバーにとっては厄介な問題です。いつ点けるの?いまでしょ!とはいかず、周囲の明るさや交通状況を鑑みる必要があります。その点オートライトは、保安基準で点灯タイミングが定まっており、ドライバーの手を煩わせることがありません。では、このオートライ...

  
17440

これは、あおり?普段の何気ない運転でも、検挙される可能性があります

ここ数年、社会問題となっている「あおり運転」。相手の意思が明らかであれば、通報もしやすいのですが、単に急いでいるだけなのか、嫌がらせなのか、一般人には判断しづらいケースも多々あります。また、知らず知らずに、あなたがあおり運転を行っているかもしれません。あおり運転とは、どんな行為を...

  
10077

フルハイビジョンで高精細録画!煽り運転にも対応の2カメラドライブレコーダー「データシステム DVR3...

コーナーセンサー、後付けカメラ、モニターなどのカーエレクトロニクス全般、スポイラーをはじめとしたエクステリアパーツを得意とするデータシステム。同社は2017年9月にドライブレコーダー「DVR3000」を発売しました。フルハイビジョンを超える高精細3メガ(2304×1296)録画だ...

  
2564

11本の道路が集まる交差点!? 東京23区内にある超多叉路6選

日本国内の道路には、国道から私道まで、さまざまな種別があります。それら道路が交わっている箇所がいわゆる交差点と呼ばれ、日本には大きな交差点に住宅地に進入するための路地を追加するなどして、多叉路(たさろ)になった場所がいくつもあります。今回は、そんな多叉路を東京23区内に限定して6...

  
3989

ゲリラ豪雨でハイドロプレーニング現象が起きたら、どうする?

雨の日に高速道路を走行しているとき、ハンドルが軽くなったことはありませんか?これは、「ハイドロプレーニング現象」と言われ、雨の日の交通事故の引き金になることが多くあります。なぜ、ハイドロプレーニング現象が起きるのでしょうか。また、どういった対策がとれるのでしょう。文・吉川賢一

  
3492

ヘッドレストは「head+rest」じゃなかった!その知られざる機能とは?

初めてのクルマを運転するときは、誰もがシートやハンドル、バックミラーの位置を合わせますが、ヘッドレストの位置まで気にすることはあまりないかもしれません。しかしヘッドレストは、いざというときに”仕事”をしてくれる重要な装備です。今回は、ヘッドレストの機能について解説します。文・立花...

  
4330

夏休み中は要注意!十勝型事故って、知っていますか?

もうすぐ夏休み。長い休みを利用して、普段行けないところにドライブする計画を立てている方もいるでしょう。特に、普段は都市部を運転しているドライバーは、広々と視界の良い場所で、運転に油断がでてしまう…なんてことが、あるかもしれません。そんな見通しの良い場所で問題になっているのが、”十...

  
3451

20年前と現在の衝突基準。クルマのつぶれ方は、こんなに違う!

自動車の衝突安全基準は、年を重ねるごとに厳しくなっています。これは、毎年起こっている交通事故を分析し、死傷者を1人でも減らすために、国によって基準が数年おきに更新されているためです。ではもし、現在のクルマと20年前のクルマが正面衝突をしたら、クルマはどうなってしまうのでしょうか?...

  
8914

AIの登場によってクルマはこう変わる

かつては夢のような話であったAI(人工知能)機能、この機能の「クルマへの応用」については、業界内でさまざまな議論がなされています。さて、自動車の世界では、これからAIをどう活用していくべきなのでしょうか。文・吉川賢一

  
3090

運転中、気づかずにやっている危険な行為

昨今、エアバックや自動ブレーキシステムなど、自動車の安全性能が格段に向上しているおかげで、日本国内の交通事故発生件数は減少しつつありますが、それでも年間53万件(2015年)、1日にすれば、なんと1,500件近く発生しています。その事故原因の多くが飲酒運転や速度違反など、明らかな...

  
25168

ガソリン車にはガソリン税。EVには走行税!? 導入はありえるのか

2018年現在、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)は給油がないため、走行を重ねても「ガソリン税」を取られることはありません。その状況を受け、昨年「EVに”走行税”が導入されるか?」という話が、自動車メディアなどで何度か取り上げられました。そこで今回は、走行税について世界的な...

  
9780
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives