「交換」の検索結果(389件)

記事

トヨタとヤマハの共同開発エンジンを搭載した車は?

トヨタとヤマハの関係は1967年発売のトヨタ2000GTに始まります。現在までにヤマハが関わったエンジンを積んだトヨタ車はLFAを含め、多数存在します。F1のエンジンも作っていたことでお馴染みのヤマハ。トヨタとヤマハの関係を改めて調べてみました。

  
1529

これで、ほんとに普及できるの?EV車の問題点

近年各メーカーでは、次世代を担う車として電気自動車に力を入れ始めています。EVの充電スタンドも、いたるところで見かけるようになり、いよいよEVの普及も現実的となってきました。しかし、まだまだ問題点があるんだとか?今後、本当にEVは普及できるのでしょうか?

  
2733

車のメーカーオプションとディーラーオプション、どんな違いがあるの?

新車購入時、予算内に収めるためには、なにを付けてどれを外すのか、オプション選択に迷うというのは、よくある話ですよね。同じナビゲーションシステムひとつ取っても、メーカーオプションとディーラーオプションがそれぞれにあったりして、判断に迷うような選択肢に出くわすこともあります。今回は、...

  
3275

ジムニー、ランクル…よく見る四駆のリフトアップにはどんな効果がある?

ジムニ―やランクルといったクロカン系のモデルでよく見られる定番カスタマイズがリフトアップです。見た目の変化はもちろん、どのような効果があるのでしょうか?

  
9461

台風前に確認しておこう!ハイドロプレーニング現象の原因と対策

自動車のハイドロプレーニング現象。教習所で習うので、おぼろげながら覚えているという方は多いかもしれません。この現象は、タイミングが悪ければ、どこでもどんな車でも起こりうることですし、遭遇すると大変な重大事故につながることもあるのです。

  
1294

モデルもこなす美人レーサー塚本奈々美ってどんな人?

「美人すぎるレーシングドライバー」としてのレース活動はもちろん、テレビ出演や雑誌でのコラム執筆、モデル活動まで幅広い分野で活躍を魅せる塚本奈々美さん。今回は塚本さんご本人に直撃し、レース活動から愛車の話まで、いろいろお話をお伺いしてきました!

  
6670

タカタ製エアバッグのリコール未改修車、車検更新できない!? どうすればいいの?

世界規模でのリコールとなったタカタ製エアバッグ。ホンダを始めトヨタ、日産、さらには輸入車メーカーまで、多くの車種に装備されていただけに、その対象も非常に大規模になっています。そんななか、このタカタ製エアバックを搭載したリコール対象車であるにもかかわらず未改修であった場合、車検を通...

  
5630

近くで山が噴火。その対策と対処法は?

日本には、狭い国土のなかに111の活火山があります。愛車が思いもよらず災害に巻き込まれてしまう、雹被害や大雨による浸水などに加えて、知っておきたいのが、火山噴火による車両への影響です。交通事故には気を付けようと思っていても、自然災害は予期できないもの。今回は、山の噴火に遭遇してし...

  
571

間違った燃料を入れてしまった!どうすればいい?

以前のガソリンスタンドは、どこでも係員が給油を行ってくれました。しかし、1998年の消防法改正によってセルフ式が増え、2017年現在では全スタンドの30%近くがセルフ式になっています。そんなセルフ式スタンドに初めて訪れた際、給油ノズルで迷ったことはありませんか?レギュラー仕様なの...

  
13135

並行輸入車はディーラーで整備してもらえないことがある?正規車両と違う点は?

輸入車は、国産車にはない性能やデザインなどが魅力です。そんな輸入車の購入を検討するとき、目に留まるのが”並行輸入車”という存在。同程度の装備、グレードでありながら、正規輸入車両より安く購入できたり、日本仕様にはない色や装備、グレード、さらには国内販売されていないモデルなど、さまざ...

  
4345

なぜスポーツカーに乗っていると、燃費がだんだん悪くなるの?

スポーツカーをお持ちの方で、乗っているうちにだんだん燃費が悪くなってきたと感じたことはありませんか?故障でもない限り、燃費性能は大きくは変わらないと思われていますが、乗り方や使い方で燃費が悪化することもあります。スポーツカーの場合は、なにが燃費の悪化に繋がるのでしょうか。

  
7769

節約第一!すぐできる、車の燃費を向上させる方法

ガソリンの消費を抑えるためには、燃費の良い車に乗ることが、もっとも手っ取り早い方法です。しかし、いま乗っている愛車を手放して、燃費の良い車に乗り換えるなんて、そう簡単にはできません。今回は、すぐできる燃費向上のための運転方法を紹介します。

  
5954

査定前に、車の傷は修理・補修すべきなのか?

外装に傷がないピカピカな状態で査定してもらうほうが、買取額が高額になるのは当然です。では、査定前に傷は直すべきか?この点で悩む方は多いのではないでしょうか。

  
753

LEDテープのアレンジ…どこまでなら許される?

自動車には、さまざまなランプが装備されており、それぞれに目的があります。また搭載されるバッテリーには容量があり、ランプ類を無闇に追加するとバッテリー上がりというトラブルが待ち受けています。そこで注目されるのが、消費電力の少ないLEDです。では、美しい光を放つLEDテープのドレスア...

  
4158

車の中で流す音楽…いい音で聞くにはどんな工夫が必要?

車のなかで好きな音楽を良い音で聞きたいと願う人は少なくありません。ただし、オーディオはこだわると際限がないと言われる恐ろしい世界。そこで今回は、標準的なシステムで良い音を聞くDIY的工夫を紹介します。

  
1672

車内のたばこの臭いは減額査定?簡単にできる車内の消臭方法5選

車内のタバコの臭いは減額対象になります。喫煙車に乗っている方は、査定前にぜひ一度消臭をしておきましょう。消臭対応によって査定額が大きく変わるかもしれません。今回は、簡単にできる車内の消臭方法をご紹介します。

  
1552

なぜ水平対向エンジンのタイミングベルト交換は高額になるのか?交換における注意点は?

エンジンのなかでも重要な役割を果たすタイミングベルトは、一般には10万キロが交換時期といわれます。水平対向エンジンも同様のタイミングですが、交換費用が高額といわれます。これはなぜでしょうか?

  
11660

旧型NSXの維持費は?高い?安い?

現行型NSXは、ベースモデルで2,370万円。対して初代NSXはⅠ型なら、中古相場で500万円前後から見つけることができます。また、大きく現代的になった現行型よりも、ホンダらしい思想の旧型には、価格以上の魅力があります。はたして、購入後の維持費はいくらぐらいなのでしょう?

  
7136

どちらが良いの?新品エンジンとリビルドエンジンのメリット・デメリット

最近では、エンジンが故障して載せ替えたというケースは少なくなっているかもしれません。とはいえ、頑丈なエンジンも壊れることがあります。エンジンが壊れた際の修理は、メンテナンスや扱い方に問題があったり、保証切れの場合は自費となります。その際、新品エンジンに比べ、リビルド品なら出費を抑...

  
4837

エンジンのエアフィルター(エアクリーナー)…形状による違いは?

純正のエンジン吸気用エアフィルター(エアクリーナー)のほとんどは、エアクリーナーボックスと呼ばれる箱状のケースに入っています。このエアフィルターには、アフターパーツとしてキノコ型やファンネル型など、さまざまな形状がありますが、性能に違いはあるのでしょうか?

  
4100