「交差点」の検索結果(112件)

記事

ステアリングホイールの大きさによる影響とは?

クルマを運転するとき、多くの人は行きたい方向に何気なくステアリングを回していると思います。しかし、このステアリングホイールの操作は、運転においてとても重要な要素なのです。その理由は、ステアリング機構の仕組みと、ステアリングの大きさの違いを知るとわかります。文・吉川賢一

  
3035

11本の道路が集まる交差点!? 東京23区内にある超多叉路6選

日本国内の道路には、国道から私道まで、さまざまな種別があります。それら道路が交わっている箇所がいわゆる交差点と呼ばれ、日本には大きな交差点に住宅地に進入するための路地を追加するなどして、多叉路(たさろ)になった場所がいくつもあります。今回は、そんな多叉路を東京23区内に限定して6...

  
2487

正しいクロスハンドル、送りハンドルをしっかり理解していますか?

知人の車に乗っているとき、ハンドル操作に不安を感じたことはありませんか?教習所で正しいハンドルの回し方を習ったはずですが、その後自己流の回し方をしているドライバーをたまに見かけます。しかし、車のハンドル操作は、運転のなかでも重要な操作のひとつ。今回は、正しいハンドル操作について、...

  
3297

消防車、救急車、パトカー、それぞれ運転に必要な免許は?

消防車、救急車、パトカーといえば、数ある緊急車両のなかでも広く認知されており、目にする機会も多い車両です。これら緊急車両を運転するためには、特別な資格が必要なのでしょうか?それとも、消防士や警察官になれば、誰でも運転できるものなのでしょうか?

  
8006

夏休み中は要注意!十勝型事故って、知っていますか?

もうすぐ夏休み。長い休みを利用して、普段行けないところにドライブする計画を立てている方もいるでしょう。特に、普段は都市部を運転しているドライバーは、広々と視界の良い場所で、運転に油断がでてしまう…なんてことが、あるかもしれません。そんな見通しの良い場所で問題になっているのが、”十...

  
2433

国道って何号線まであるの?

国道に限らず、高速道路、県道、町道など、道路は番号によって分類されています。そのなかでも、特に私たちに馴染みの深い国道は、いくつ路線があるのでしょうか?

  
6201

鎌倉さんぽ、開運の旅

いつものルートで、いつものドライブ。気にはなっているけれど、ついすっ飛ばしてしまう、そんな場所はありませんか。思い切ってクルマを停めて、歩いてみたら…いつものドライブ風景も、違って見えるかも知れません。text:村上智子 photo:山岡和正 [aheadアーカイブス vol.1...

  
126

大の大人のクルマ事情

クルマへの憧れとともに人生を過ごしてきた40代、50代。皆が特別だと口を揃えるあのクルマは今なら買えるのだろうか。なぜ若かった自分はあんなにもそのクルマに惹かれたのだろうか。その昔、誰もが“素晴らしい”と信じて疑わなかったクルマたちの現状はどうなのだろうか。過去を振り返りつつ今を...

  
611

今じゃありえない!? カーナビのない時代、どうやって目的地まで辿り着いていたの?

カーナビゲーションやスマートフォンのナビ機能などが、スタート地点から目的地までを、最短時間で結ぶ道順を教えてくれる時代になりましたが、これらがなかった時代は、どうやって目的地まで辿り着いていたのでしょうか。今回は懐かしいカーナビの話から、カーナビの将来像まで、紹介していきます。文...

  
4554

ドライバーの責任

便利で愉しく、暮らしに役立つクルマ。しかし時に人を傷つける凶器にも変わる。事故を起こさない、事故に遭わない。そのためには日々緊張感を持って運転し、ドライバーとしての責任を自覚することが何より大事。今回は“子ども”に焦点を絞り、私たちドライバーにできること、必要なことを考えてみる。...

  
203

「キーッ」とか「キュルキュル」といったタイヤのスキール音。発生のメカニズムは?

サーキットを走る車からは、エキゾーストサウンドの他にも「キーッ」とか「キュルキュル」というような高い音が、あるとき聞こえてきませんか?これらは、タイヤがもつグリップ力の限界に近づいたときに発生する「スキール音」と呼ばれるものです。今回は、このスキール音の発生メカニズムについてご紹...

  
4459

嶋田智之のこれからはじめる趣味的クルマ生活 2016

2012年4月号の特集「これからはじめる趣味的クルマ生活」の第2弾です。あれから4年が経ち、クルマを取り巻く状況も、読者の平均年齢も、日本人のクルマに対する考え方も少し変化したのではないでしょうか。そのことを前提にしたチョイスになっています。そして、前回40代だった嶋田智之も50...

  
550

クルマやバイクに文学はあるのか 前編

これまでに多くの人がさまざまな言葉を用いてクルマやバイクに関わることを表現してきた。それはクルマの乗り味だったり、バイクがもたらすフィーリングであったり、技術の解説だったりと幅広い。ときにその言語表現は、読む側の心の奥に入り込み、その人の人生にまで影響を与えることがある。今回と次...

  
565

クルマとバイクを美しく乗りこなそう

できるならクルマもバイクも“かっこよく”乗りこなしたい。そのためには運転姿勢が何より大切です。クルマやバイクを安全にかつ効率よくコントロールするための基本を、ジャーナリストの竹岡 圭さん(クルマ)とサトウマキ(バイク)さんに聞きました。photo:長谷川徹 [aheadアーカイブ...

  
485

1台のクルマと永くつき合う

クルマを生活の道具として考えた場合、整備や修理を繰り返して乗り続けるよりも、そのクルマと適度な時間を過ごした後、価値が下がらないうちに新型車に乗り換えて行く方が賢いように思える。しかしクルマは、家電や携帯電話ではない。機能やスタイルが新しくなったからといって、全てが自分にとって相...

  
3030

現実と折り合いをつける 

ついにベールを脱いだ新型ロードスター。興味はあってもウチには子供がいるから無理だとあきらめていませんか。お子さんが中学生になっていたら「オープン・ツーシーター」に買い替える良い時期なのかもしれません。また、走りのイイクルマがほしいけど、AT免許の妻も運転するし、日常の買い物の荷物...

  
1337

東大受験より難しい!? 世界一過酷なタクシー試験って?

世界各地で活躍し、海外旅行では多くの人がお世話になるタクシー。そんなタクシードライバーの頂点に立つのが、ロンドンのブラックキャブです。どうしてブラックキャブが世界の頂点なのでしょう?その理由は、運転手になるための試験にありました。

  
8099

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? 小沢コージvs神尾成

インターネットの普及によって、どこにいようと何時であろうと必要な情報を取り出せるようなった。また、メールやSNSの発達によって、どこにいても、即座に人とつながれるようにもなった。誰もが時間や距離を飛び越えられるので今までよりも選択の自由度が増え、様々な生き方を実現しやすい。しかし...

  
358

日本の交差点がすべてランドアバウトになったらどうなる?

ヨーロッパでは、広く取り入れられているラウンドアバウト(環状交差点)。日本においては、ようやく徐々に増えつつあります。しかし、もし日本の交差点が、すべてラウンドアバウトになったらどうなるのでしょうか?検討してみましょう。文・吉川賢一

  
9937

多段ATとCVT、それぞれの特徴は?

日本は、狭い路地や交差点が多く、また信号がいたるところにあり、交通渋滞も頻発することから、オートマチック(以下AT)車が圧倒的に人気です。そのAT車には、多段ATとCVT(無段変速機)がありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?今回は、多段ATとCVTのメリット・デメ...

  
6346
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives