「乗り心地」の検索結果(389件)

記事

英ヘンリー王子が結婚式で使用したあのブルーの車はなに?

2018年5月19日(日本時間では5月18日)、イギリスでヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が執り行われました。英国王室の結婚式としては型破りで、世界中の注目を集めましたが、自動車好きが一番注目したのは結婚式場から披露宴会場までの移動に使用した青いロードスターです。果た...

  
1994

ドイツ車にはやっぱりBBS鍛造ホイールだよな?俺たちのBBS鍛造ホイール愛

ブランドの起源もさることながらドイツ車との親和性が高いBBS鍛造ホイール。その組み合わせは30年以上ファンに愛されています。そこでCarMe編集部ではBBS鍛造ホイールをジャーマンカーに履かせる、なんとも羨ましいオーナーたちに取材を敢行し、その思いを伺ってきました。憧れだけじゃな...

  
3812

F1が、"とある"サスペンションを採用する理由

現在の乗用車に使われているフロントサスペンションは、マクファーソン・ストラット形式、ダブル・ウィッシュボーン形式、マルチリンク形式、の3つに大きく分けられます。これらは、クルマの目標性能によって使い分けがされており、後者になるほどに性能は優れていきます。ですがF1マシンには、なぜ...

  
4912

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
33910

SUVタイヤはTOYO OPEN COUNTRY M/Tがイチオシ!北米テイストのワイルドトレッドパ...

未だに衰えることを知らないSUVブーム。ただ、一口にSUVといっても本格的なラダーフレームを持ち、悪路も未舗装路もガンガン走破してしまうようなクロスカントリーSUVから、乗用車をベースにし、比較的高いロードクリアランスとアプローチアングルを持ったクロスオーバーSUVまでそのキャラ...

  
1174

初代カイエン(955型)の人気に値するほどの価値を中古で買って確かめてみた。

プレミアムSUVブームの火付け役となったポルシェ カイエン。今回はその初代モデルとなるタイプ955を紹介します。以前乗っていたハマーH2に代わる何か車高の高い車が欲しいと考えていたときに、あまり深く考えずなんの期待もなくカイエンを購入しました。唯一の理由と言えば、「大人気だけど、...

  
8488

パンクしない!? 「シーリングタイヤ」って知ってる?

近年、ランフラットタイヤを標準装着したクルマが増えています。ランフラットタイヤは、パンクしても、ある程度走行が継続でるように設計されたタイヤです。このランフラットとは違った仕方で、パンクしても走行が継続できるようにした「シーリングタイヤ」をご存知でしょうか。今回は、このシーリング...

  
5107

ホイールベースが伸びると、クルマはどうなるの?

「クルマのホイールベースが長いと、直進性が良くなったり、乗り心地が良くなる」といった話を聞いたことはありませんか。このホイールベース、じつはクルマのキャラクターを決めるうえで、とても大切な要素なのです。今回は、ホイールベースの長さが及ぼす影響について紹介します。文・吉川賢一

  
4754

ボディダンパーの効果とは?

レーシングマシンには、ハンドリングの応答性を高めるため、そして車体の耐久性を高めるため、ロールケージやタワーバーをはじめとした、車体補剛アイテムが装着されています。こういった車体補剛アイテムは、一部の市販車にも装着されていますが、そのなかにボディダンパーというパーツがあるのをご存...

  
2828

新型レクサスES、ついに日本初導入!どう進化した?

北京モーターショー2018のレクサスブースにて、フルモデルチェンジをはたした新型ESが発表されました。「レクサス ES」は、日本国内で販売されたことはなく、多くの方には馴染みの薄い車種ですが、1989年のブランドスタート時からLSとともにランナップされている最古参のモデルです。す...

  
18250

振動の体感が半分に!? 周波数感応ショックアブソーバー搭載車に乗ってみた

自動車の乗り心地やハンドリングを作り込むうえで欠かせないのが、サスペンション。なかでもショックアブソーバーは、スプリングの揺れを抑え、車体を安定させる重要な役目を担っています。このショックアブソーバーに「周波数感応ショックアブソーバー」という製品があることをご存知でしょうか。今回...

  
8095

オフロード車のタイヤの扁平率がとても高いのはなぜ?

昨今のクロスオーバーSUVは、オンロードユースを前提に設計されていることもあり、タイヤは低扁平のロード用タイヤを装着しているものがほとんどです。その一方で、FJクルーザーやランクル、パジェロなど、オフロードの得意なクロカン系SUVのタイヤは、サイドウォールが分厚い高扁平率です。な...

  
9893

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多くのファンが「E-TYPE」の名を挙げるに違いない。文・武田公実

  
4274

ばね下の軽量化は、クルマに悪影響って本当?

ばね下の軽量化を”正義”と考えている方は多くいます。昔から、「ばね下1kgの軽量化はばね上○kgの軽量化に相当する」などと言われてチューニングに励んできたのですが、じつはばね下の軽量化にはデメリットもあるのです。そこで今回は、ばね下の軽量化によるメリットとデメリットについて紹介し...

  
18109

【プロフェッサー武田の試乗記】新生E-PACEは"最もカジュアルなジャガー"だ

2017年7月、螺旋状に270度回転しつつジャンプする「バレルロール」で市販車ギネス記録となる15.3mを飛ぶド派手な動画とともに世界初公開されたジャガー初のコンパクトSUV「E-PACE」。ミドルクラスSUV「F-PACE」を大成功させたジャガーが、次なる”PACE”として日本...

  
4414

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプションが多く、クルマを購入する際、多くの方が悩む装備のひとつとなっています。そこでここでは、サンルーフのメリットとデ...

  
14460

トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタの新型車発表のときによく目にする「TNGA」という文字。2015年末、4代目プリウスに初めて導入されたものですが、これはいったいなんのことで、導入によってどんな効果が期待できるのでしょうか。改めて振り返ってみましょう。文・吉川賢一

  
5819

サスペンション形式でわかるSUVのキャラクター

SUVがもはや車のスタンダートと言っても過言ではないほど、その人気は高まる一方です。コンパクトなクロスオーバーSUVから、オフロード走行を前提としたヘビーデューティSUVまで、さまざまなモデルが続々と各メーカーから市場に投入されています。そんなSUVのキャラクターを判別したければ...

  
12963

マルチリンク式サスペンションのメリット・デメリット

マルチリンク式サスペンション(以下マルチリンク)は、サスペンション形式のひとつです。ダブルウィッシュボーン式に比べ、マルチリンクはアームの本数を増やし、それぞれのリンクへ機能を分担させた設計がなされています。では、このマルチリンクにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょう...

  
13382

【樽見祐佳の”女子流”】アメ車らしくないけどやっぱりアメ車、最新デバイス充実のキャデラックXT5

アメリカ映画の中の、大統領や裏社会のボス、そしてセレブ一家に生まれたお嬢様。そんな重要人物を運ぶのは決まってキャデラック、というイメージがある。文・樽見祐佳

  
7887
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives