「中国」の検索結果(202件)

記事

いまさら聞けないMaaSサービス!定義から展開中のサービス、最新動向まで

昨今ではテレビなどでも報道されることが多いMaaS。国交省曰く、「MaaS は、ICT を活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイ カー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ 新たな「移...

  
10152

宮瀬七海、山口ミカ…4名のレースクイーンがオススメする日焼け止めをスーパー耐久第3戦、富士24時間レ...

いよいよ夏が近づく日本列島。強い日差しが肌を焼いていきます。日焼けといえば、サーキットも過酷な場所の一つ。日陰が少ないサーキットでは、あっという間に真っ赤になってしまうことも。ですが、モータースポーツを華やかに彩るレースクイーン達は比較的長時間、夏の日差しに肌を晒しているにもかか...

  
2655

クロカン?SUV?CUV?今さら聞けない意味と違いを解説!

国内ではミニバンに次いで市場のシェアを獲得しているSUV。ですが、昨今はSUVという言葉だけでなく、クロカン4WDやCUVなど、さらに細分化された言葉が使われることが多くなっています。今回はSUVのカテゴライズについて説明しましょう。文・山崎 友貴

  
5141

ルノー・日産自動車・三菱自動車がスタートアップ支援組織とパートナーシップを締結

アライアンス・ベンチャーズは、年2回のアクセラレータ・プログラムを通じて、Plug and Playのグローバルイノベーションエコシステムへアクセスします。

  
1780

上海モーターショー:日産の主力コンパクトセダン新型「シルフィ」を発表

2019年4月16日、アジア最大規模の自動車の祭典でもある上海モーターショー2019で、日産は新型シルフィを発表。新たな姿に生まれ変わった日産の新型セダンに、多くの人が注目を集めました。

  
778

上海モーターショー:TOYOYA中国初投入EVを発表

TOYOTAは4月16日~18日に開催された上海モーターショーで、「CH-R」「IZOA」の電気自動車を世界初披露しました。

  
518

上海モーターショー:HONDA新型EVコンセプト発表

上海モーターショー2019でホンダは中国専用電気自動車「X-NV CONCEPT」のワールドプレミアを行いました。

  
579

トヨタがミドルサイズの3列シートSUV「ハイランダー」の新型を世界初公開

トヨタ自動車は、新型のミドルサイズの3列シートSUV「ハイランダー」をニューヨーク国際オートショーで世界初公開(4月17日)しました。

  
5098

トヨタ、ソフトバンクらが Uber の自動運転開発部門に1,100億円を出資

自動運転ライドシェア車両の実用化へ向けた布石と言えます。

  
584

日本の高速道路で、一番きついコーナーはどこにある?

高速道路というのは安全にスピードを出せるように、可能な限りまっすぐ作りたい。そのためコーナーも緩めにして、あまりハンドルを切らなくても曲がれるように設計されている。そうはいっても山国である日本ではまっすぐな高速道路を作るのは難しい。どうしても地形の影響で、きついコーナーが生まれて...

  
71990

レクサス ES日本導入で、GS、LSはどうなる?

2018年10月から、北米市場で人気の高かったレクサスESが日本でも販売されるようになりました。すでに、フラッグシップセダンのLSと、アッパーミドルクラスのGSがラインナップされているなか、ESが国内導入されることによって、レクサス製セダンはどのような棲み分けになるのでしょうか。...

  
3379

気づいたら、ボディがまっ黄色。黄砂や花粉の効果的な洗車・除去方法とは?

暖かくなり気候が良くなると気になるのが、花粉と黄砂。この花粉や黄砂は、私たち人間にとっても有害ですが、車にとっても有害で、放っておくとシミとなり、最悪の場合、ボディを侵食してしまいます。今回は、そんな花粉や黄砂から大事な愛車を守る除去方法を紹介します。文・吉川賢一

  
24437

走りで評価するVW e-Golfの実力【試乗】

近年ますます人々の注目を集めることになっているのが、電気自動車(EV)です。EVって電気で動くクルマでしょ?と言えばその通りなのですが、20世紀を代表する産業が内燃機関(ガソリンエンジンやディーゼルエンジン)を中心とした自動車産業であったのに対し、21世紀をリードするのは間違いな...

  
1012

花粉やPM2.5など最速3分で99%除去!車載用空気清浄機「Blueair(ブルーエア)」発売

スウェーデンの高性能空気清浄機で知られる「Blueair(ブルーエア)」。日本には、家庭用空気清浄機市場に2010年から参入済みだ。2019年3月15日から同社初の車載用空気清浄機を発売する。最速3分で車内で有害物質、アレルギー物質を99%除去するという専門メーカーの最大のウリは...

  
11781

今新車で買いたいハッチバックの国産車3選

現在新車で普通の乗用車を買う際にリアにバックドアがあるハッチバックは大きな柱となるボディタイプの1つである。その中から今新車で買いたいハッチバックのクルマを何台か挙げてみる。文・永田恵一

  
5301

日本で生産されているのに、日本で売っていないクルマ6選

現在クルマの生産は基本的に「需要が多いところで行う」という流れになっており、日本車でも海外で生産されているというケースは多い。その中には「日本で生産されているのに、日本では売っていない」というクルマも少なくない。いくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
7207

欧州車とは違う魅力を持った、アメリカン・ラグジュアリーを体現する1台、キャデラック XT5

キャデラックと聞くと、古き良き時代のアメリカの高級車というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。あるいは、大型の高級SUVで少し怖目のお兄さんが乗っている、というイメージもあるかもしれません。いずれにせよ、身近なブランドとしてとらえている方は少ないのではと思います。20...

  
19809

【キャデラック XT5試乗レビュー】あのイメージはもう古い?現代のキャデラックの真髄はモダンなデザイ...

キャデラックほど、ポジティブなイメージとネガティブなイメージが乱立しているブランドは少ないかもしれません。古き良き時代を代表するアメリカの高級車であり、大統領専用車両にも採用されているラグジュアリーなブランドというポジティブなイメージもある一方で、アメリカのB級映画などに見られる...

  
47724

マツダの新SUV「CX-30」、CX-3とCX-5の中間サイズなのにCX-4と呼べない理由

ジュネーブモーターショーでマツダが世界初公開した新型クロスオーバーSUV「CX-30(シーエックス サーティ)」が話題を集めています。文・山本晋也

  
40357

三菱の新型SUV エクリプスクロスをデザインから評価!【外装編】

クルマのボディスタイルの基本形と言えば、ながらくセダンがその座を占めていましたが、近年では世界的なSUVブームが巻き起こり、基本形の座をセダンから奪いつつあります。個々のモデルで見れば、昔からSUVの人気モデルというものはありましたが、現在では世界中のあらゆるブランドがSUVを投...

  
3287
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives