「三菱」の検索結果(285件)

記事

韓国の自動車メーカーと言えば、ヒュンダイ!他にどんなメーカーがある?

韓国の自動車メーカーと言えば、ヒュンダイがメジャーな存在です。日本市場では、乗用車の販売が2010年をもって撤退しましたが、大型バスの販売は続いています。とはいえ、いまや日本では馴染みのないメーカーといって良いでしょう。ところが、世界的に見れば日本メーカーを脅かすほどの存在感を示...

  
3259

あんなものやこんなもの。 座席の下に収納できる車5選

現代のクルマはあらゆる箇所に収納があり、インパネやドアポケットはもちろん、シート下に収納スペースを設けたモデルもあります。車内に散らかりがちな荷物や、同乗者にはあまり見られたくないものなどを目立たず仕舞うことができる座席下収納は、使い勝手の良さがポイントです。しかし、すべてのクル...

  
3639

カムリ、ハイラックス、シビックなど…逆輸入車のメリット・デメリットとは?

トヨタのカムリやハイラックス、スズキのバレーノ、ホンダのシビックなど、国産メーカーなのに海外で生産されたモデルが増えている印象です。いわゆる逆輸入車と呼ばれる、それらにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょう?

  
4390

建設用とかの重機であっても買取に出せるの?

普通の乗用車ではなく、工事現場で使うような重機でさえも買い取ってもらえるのでしょうか。また、買取相場、買取先とは?重機ならではの高額査定のコツも加えて解説していきます。

  
3050

初代からファイナルまで…今ランエボ買うならどの世代が良い?

惜しまれつつ2016年で生産・販売が終了した三菱 ランサーエボリューション。1992年のエボIから最後のファイナルエディションまで、24年の長きにわたり三菱自動車のスポーツイメージを支えてきました。大雑把に言っても4世代10モデル、サブタイプを含めればさらに多数のバリエーションを...

  
6967

ほぼ同じ価格帯のハリアーHVとアウトランダーPHEVでは、どちらがおすすめ?

トヨタのハリアーHV(ハイブリッド)と三菱 アウトランダーPHEVは、車両のコンセプトやボディサイズ、車両価格帯が近いことから、購入時に悩む人が多いようです。それぞれの車の魅力を探ってみましょう。 

  
9005

意外な祖先を持つジムニーの系譜

2018年夏に新型が出ると、巷で話題沸騰中のジムニー。現行型は発売から20年という超ロングセラーモデルで、未だ人気が衰えません。今回は、そんなジムニーのDNAを遡ってみました。

  
6124

直噴エンジンの燃費が良いと言われる理由とは?

ガソリンエンジンは、シリンダー内にガソリンと空気が混ざった混合気を噴射し、圧縮。スパークプラグで点火するという形式を採用していました。その考え方を変え、空気を先に送り込み、その圧縮行程でガソリンをシリンダー内に噴射してスパークプラグで点火する直噴エンジンが市販されたのは、もう20...

  
22798

車両重量999kgを実現!? ランボルギーニが採用する"フォージドコンポジット"技術とは?

高価な素材としておなじみのカーボン繊維ですが、いまやスポーツカーのみならずエコカーにも採用される時代。しかし、ランボルギーニが、キャロウェイ、名古屋工業大学との提携により開発された新技術「フォージドコンポジット」の登場で、これまでのカーボン素材は時代遅れになると言われます。フォー...

  
8565

SUVのツートップ!ランドクルーザーVSレンジローバー、あなたはどちら派?

現代のSUVブームの礎とも言えるモデルが「ランドクルーザー」と「レンジローバー」です。共にハイエンドな四輪駆動車として、長き渡って君臨してきた双璧ですが、現在はどんなポジションニングなのかを考えてみました。

  
8361

今年はヤマハのバイクが受賞。オートカラーアウォード、知ってますか?

一般社団法人 日本流行色協会の主催で選考されるオートカラーアウォード。1998年より開催されているもので、記念すべき第20回大会のグランプリに選ばれたのは、ヤマハのネイキッドバイクでした。

  
2626

NSX、スカイラインGT-R、シルビア...90年代は日本車の時代。なぜあれほど盛り上がっていたのか...

90年代といえば、バブルを引き擦りながらまだスポーツカーも元気だった時代。そんな時代に生産されていた国産スポーツカーに、注目が集まっていると言います。その魅力とは、どんなものだったのでしょうか?

  
7645

ジェミニ、シティターボ、スターレットターボ…80年代のかっ飛びコンパクトカー5選

80年代はハッチバックを中心とする小さな車がとても元気な時代でもありました。ここでは、当時走り屋に愛された小型車を5台紹介してみたいと思います。

  
14810

1990年前後に日本に誕生した、3ナンバー専用モデル5選

1990年前後といえば、日本中が好景気に沸いたバブル期でした。現在40~50歳代の方々は、当時の様子を鮮烈に覚えていらっしゃるのではないでしょうか?そんな時代の真っ只中、1989年に税制が見直され、それまでボディサイズによって高額だった3ナンバー車の税金が大幅に下がることを見越し...

  
9888

2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

アメリカでは、製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります。2017年から2018年かけて輸入解禁になることで、中古市場に影響を及ぼしそうな1992-1993年生まれのモデルを紹介しましょう。

  
37476

クルマ好きの仲間入りに!若者にオススメしたいカーアクション映画5選

昨今、購入はおろか自動車そのものに興味を持たない若者が増加中とのこと。自動車はたとえ乗らなくとも、ショールームで眺めたり、写真に撮るだけでも楽しいと思うのですが…。そこで今回は、若者に少しでも自動車に興味を持ってもらいたく、自動車が格好よく描かれている映画を紹介しましょう。

  
10273

満を持して日本進出を果たしたネクセンタイヤ 世界中の車両メーカーで純正採用されるタイヤ「NEXEN」...

2017年3月に新しいタイヤメーカーが日本進出を果たしました。みなさんは「NEXEN Tire(ネクセンタイヤ)」というメーカーをご存知でしょうか。じつは世界では有名、日本では知る人ぞ知るタイヤブランドであるのです。この記事では、メーカーの歴史と強みに触れてみたいと思います。

  
15087

"腐りかけのマッシュルーム"や"全裸"など!? 世界が驚く日本の変な車種名7選

車にはさまざまなネーミングがありますが、日本と海外では異なることがよくあります。これは、車名に使われた単語に対するイメージが、ある地域ではとんでもないことになるからで、そういった際はあえて車名を変えて販売しています。今回は、世界の人が眉をしかめる名前の日本車を紹介します。

  
28812

その数10以上!? VWグループのブランドを全部言えますか?

現在、世界販売台数トップの座を争う、トヨタとVWグループ、そしてルノー日産アライアンス。これまでトヨタとVWグループの一騎打ちでしたが、2017年上半期の累計販売台数では、三菱と提携したルノー日産アライアンスが躍進。VWやトヨタとしても無視できない存在感を発揮しまっした。このよう...

  
11741

1,000万円超えもあった!? ランエボX ファイナルエディションとは、どんな車だったのか?

惜しまれつつ生産が終了した三菱のランサーエボリューション。最終モデルとなった”ファイナルエディション”は、世界中であっという間に完売となったことでも、その高い人気を裏付けていました。そんなランエボ ファイナルエディションは、なんと約1,000万円で取り引きされた個体もあったようで...

  
10200
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives