「ヴィッツ」の検索結果(137件)

記事

ヴィッツ ハイブリッドとアクアを試乗【運転して分った3つの違いとは?】

短い全長を生かした取り回しの良さが魅力のトヨタのヴィッツ(Vitz)が2017年1月にマイナーチェンジをして、ハイブリッド車を発売しましたね。たヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は、同じトヨタから発売されている人気ハイブリッド車”アクア(AQUA)”と同様の1.5リ...

  
2238

ヴィッツ ハイブリッドの内装比較【UとFグレードの違いは?】

2017年1月、現行モデルとなる3代目ヴィッツ(Vitz)が2度目のマイナーチェンジを行い、ハイブリッド車が発売されましたね。ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は3つのグレードを用意してますが、一番人気はスタンダードなFグレード、次いで人気なのが最上位モデルのUグレ...

  
3179

【後方だけではなく前方の視界も…】新型スイフトの試乗の感想

スズキの世界戦略車の新型スイフト(SWIFT)が2017年1月にフルモデルチェンジをして、4代目が発売されましたね。先日、ターボエンジンを搭載したRStグレードを試乗してきたのですが、加速力&パワーの良さにビックリ!1.0リットルエンジンのクルマとは思えない乗り心地でした。ただ、...

  
28250

RX-8、S-MX…1代限りで消えてしまった車たち8車種

トヨタ「クラウン」は現行モデルで15代目、日産・スカイラインは13代目と、何十年も続くブランドネームがある一方、1世代限りでひっそりと消えてしまう車名も少なくないもの。しかし、短命だったからといって必ずしも車のデキが悪かったわけではなく、惜しまれながらブランド終了を迎えた車種も…...

  
51679

マイナーチェンジを果たしたトヨタ アクア!どんな車か試乗してきました!

アクアは、1500ccのガソリンエンジンと、モーターを積んだトヨタのハイブリッド車です。プリウスよりも小さく、コンパクトカーの部類に入ります。大きさに関していえば、同じくトヨタのヴィッツと同等のサイズです。2017年6月に、2度目のマイナーチェンジをしたトヨタ アクア。今回は見た...

  
9242

人気はプロボックス?営業車に多く採用されるクルマたち

営業車といえば、軽自動車からハイエース(スーパーロング ワイド ハイルーフ)まで多様なサイズが揃っている。配達に特化したクルマをのぞくと、定番といえる営業車に多く採用されるクルマは意外と限られてくる。文・塚田勝弘

  
2679

覚えてる?テレビCMが印象的で人気に拍車を掛けたクルマ6選

クルマの売れる売れないはスタイルやクルマの出来も重要だが、テレビCMに代表されるプロモーションというのも決して小さくない要素だろう。そこで、テレビCMが印象的で人気に拍車を掛けたクルマをいくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
4784

「ボディがデカい」「運転しにくい」…ミニバンへの大きな誤解

ファミリーカーの定番として、大小さまざまな車種が販売されているミニバン。一見すると大柄に見えることから、「運転しにくそう」と敬遠している人もいるのでは? しかし、実際に乗ってみると意外に運転しやすいことがわかります。今回は、そんな“ミニバンへの誤解”を解いていきましょう。文・木谷...

  
5821

平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part.2

まもなく、2019年4月30日をもって平成が終わります。平成は、ホンダ NSXや日産 スカイラインGT-Rなど、多くの名車が誕生した一方で、何らかの事情ですぐに販売終了となってしまった短命のクルマもありました。そんな、平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part...

  
6702

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
2376

ツライチOKの保安基準

見えるか見えないか、オトコはそんなところに心惹かれる。見えてしまっては台無し。ギリギリを突くチラリズムがたまらない。コレ、決して女性のスカートの丈の話じゃない。タイヤとフェンダーの位置関係のお話。平たく言えばツライチか否かということだ。text:橋本洋平 [aheadアーカイブス...

  
1190

小回りのプロ!最小回転半径が小さい国産車トップ5

幅の狭い道や1台のスペースが小さな駐車場など、日常で使うクルマは、なるべく小さく、取り回しに優れたほうが、日本ではなにかと便利です。そのため、多くの方が最小回転半径を気にして、クルマ選びを行っています。そんな小回りが利いて取り回しのいいクルマを、最小回転半径の数値から考えてみまし...

  
10087

新型センチュリーも!? 箱根駅伝大会関係車両の豪華な顔ぶれとは

関東地方では30%近いテレビ視聴率を誇る一大イベントの箱根駅伝に、トヨタは2004年第80回大会から、一部の運営車両を提供するなど大会運営に協力。クルマ好きとしては、各大学の順位争いと同時に、大会関係車両にも目が行きます。そんなPR効果を狙ってか、2019年は大会関係者使用車両は...

  
2180

舗装路対策された冬タイヤ

いまスタッドレスタイヤに求められることは多岐に渡る。スノーやアイスの性能はあって当然と考えられており、そこだけでなく舗装路における転がり抵抗やウエット性能、さらには何年にも渡って性能低下がないことなどもタイヤメーカーは考えるようになってきた。text:橋本洋平 [aheadアーカ...

  
14095

ハイパフォーマンスカーを開発するサブブランドたち 〜国産車編〜

サブブランドをスポーツカー部門とする例は、メルセデス・ベンツのAMG、BMWのM社、アウディのアウディスポーツなど、ドイツ勢が先行していたイメージだが、ここ数年、国産メーカーもライン生産のサブブランドとすることで、注力している。文・塚田勝弘

  
15256

SPECIAL ISSUE エターナルバリュー

世の中全体がひとつの方向を向いていられる時代ではなくなり、あふれる情報や多様な価値の中から、それぞれが自分なりの価値観を見つけなくてはならなくなった今。私たちはクルマやバイクをどう選び、どう付き合っていけば良いのだろう。text:山下 剛、竹岡 圭、山下敦史、嶋田智之 photo...

  
674

SPECIAL ISSUE クルマに関わる見栄と意地

人にとって見栄を張ることは、ときには必要ではあるが、他人に見せびらかすためだけの見栄ほどみっともないものもない。そのバランスの中に、その人の生き方が現れると言っても言い過ぎではないだろう。特に男性にとって、クルマやバイクと"見栄"の関係は浅からぬものなのである。t...

  
992

ホットハッチの火は消さない

SUVが全盛の今、ホットハッチの存在感はやや薄れてしまっている。執筆陣の1人、今尾直樹氏は言う。「ホットハッチはプアマンズ・スポーツカーなのですよ」と。なるほど、そうなのだ。基本として実用性とスポーティブネスを兼ね備えているのがホットハッチ。お金があるなら2ドアのバリバリのスポー...

  
2885

四輪ジャーナリストがADIVAの三輪スクーターに乗ってみた。

text:橋本洋平、舘内 端 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.189 2018年8月号]

  
706

軽自動車とコンパクトカーの年間維持費ってどれくらい違うの?

小回りが利いて運転しやすく、維持費も抑えられるクルマといえば、「軽自動車」もしくは「コンパクトカー」が思い浮かびますよね。最近では、新車・中古車市場ともに高額な軽自動車も増えており、コンパクトカーのほうが安いなんてことも…。車両購入の際には、どちらが本当にお得なのか迷うところです...

  
16219
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives