「ワイパー」の検索結果(70件)

記事

ワイパーが"ビビる"とは?その原因と対策

ワイパーを動かしたときに、ワイパーとフロントガラスの間で、不快な音や振動が発生することがあります。この原因は何でしょうか。また、有効な対策とは?文・吉川賢一

  
5067

純正部品の供給が少ない旧車に断熱ガラス「クールベール」がアリな理由とは?意外にお得な選択肢に迫る。

2018年の関東地方は短すぎる梅雨に終わりました。6月の下旬からうだるような暑さが始まり、青空駐車の車内は地獄そのものです。そこで、CarMeで寄稿する自動車ルポライターが意を決して25年オチのロードスターに「クールベール」を導入することに?ちょっと贅沢すぎるとも言えるこの選択は...

  
2463

AIの登場によってクルマはこう変わる

かつては夢のような話であったAI(人工知能)機能、この機能の「クルマへの応用」については、業界内でさまざまな議論がなされています。さて、自動車の世界では、これからAIをどう活用していくべきなのでしょうか。文・吉川賢一

  
2290

事故率4倍に!? 梅雨時の運転で気をつけたいこと

雨の日のクルマは、窓の曇りや油膜、他のクルマが跳ね上げた水しぶきなどで、車外の様子が確認しづらくなります。また、晴れた日に比べて制動力が低下するなど、注意すべき点がたくさんあります。雨天時の運転で気を付けたいことを、まとめてみました。文・加藤久美子

  
3081

「キーッ」とか「キュルキュル」といったタイヤのスキール音。発生のメカニズムは?

サーキットを走る車からは、エキゾーストサウンドの他にも「キーッ」とか「キュルキュル」というような高い音が、あるとき聞こえてきませんか?これらは、タイヤがもつグリップ力の限界に近づいたときに発生する「スキール音」と呼ばれるものです。今回は、このスキール音の発生メカニズムについてご紹...

  
4066

1台のクルマと永くつき合う

クルマを生活の道具として考えた場合、整備や修理を繰り返して乗り続けるよりも、そのクルマと適度な時間を過ごした後、価値が下がらないうちに新型車に乗り換えて行く方が賢いように思える。しかしクルマは、家電や携帯電話ではない。機能やスタイルが新しくなったからといって、全てが自分にとって相...

  
2758

クルマの幅寄せのコツを教えて

狭い道で対向車とすれ違う時、路肩ギリギリにクルマを寄せたり、駐車をする時、枠の狙った位置にピタッと停めたり。幅寄せが上手にできると、運転も上手にみえます。そこで今回は、幅寄せがカンタンになるコツをいくつか紹介していきます。文・吉川賢一

  
5171

青空駐車場でも問題なし!車のボディーカバーにはどのようなメリットがある?

車のボディカバーは、単なるナイロン製の布を縫い合わせたものに見えますが、じつはしっかりと進化していました。青空駐車場などでは、非常に高い効果を発揮してくれるボディカバーの効果と使用時の注意点とは?

  
2954

僕がここで暮らす理由

自分のプロフィールには「森の中に住む~」という一文を入れている。人よりも多くガソリンを消費するモータージャーナリスト稼業のイメージと、自然派のような響きのギャップを面白がっているわけだが、実際に僕が住んでいる家は深い木立に囲まれている。薪を燃やして暖をとり、小石混りの土に鍬を立て...

  
152

クルマとバイクに関する本

30年以上前に当時の若者の心をとらえた片岡義男の小説を現代の若者が読むと、どう感じるのか。かつて雑誌「NAVI」で松本 葉の連載を担当した編集者は彼女のデビュー作をどのように紹介してくれるのか。また、五大陸をオートバイで走破した戸井十月のドキュメンタリーは、旅人でもある山下 剛に...

  
579

梅雨前にしておきたい!洗車で雨対策

今年もいよいよ梅雨の季節が到来。皆さんは愛車のお手入れはお済みですか?何もしていないというあなた、ちょっとしたメンテナンスで梅雨を快適に乗り切ることができます。今回は梅雨前にしておきたいお手入れの話です。文・山崎友貴

  
10148

進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

ワイパーは自動車に欠かせないアイテムの一つです。手動式ワイパーが生まれたのは1900年代初頭ですでに100年以上の歴史があります。その後、電動ワイパー、間欠ワイパー、リアウィンドウ用やヘッドライト用などのワイパーも開発されました。シートベルトと同様で、「ゴムの刃(ブレード)でガラ...

  
6666

クルマに常備してあったら便利なもの10選

クルマにいつも積んでおきたい便利なものって、意外にたくさんありますよね。しかし、いざというときにならないと、なかなか気付かないことも事実。普段からクルマに常備しておいたほうが良いものとは、いったいどんなものでしょうか。今回は、クルマに置いてあったら便利なものをご紹介します。文・吉...

  
30957

買取店に行く前に準備しておきたい3つのこと

新車を購入する際、ディーラーでは、想定していた下取り額がつかないこともしばしば。そんな時は買取店を利用してみてはいかがでしょう?中古車の買い取りを専門に扱う買取店は独自販売ルートを確保しており、愛車に思わぬ高値がつくこともあります。しかしそのためには、査定前にある準備をしておくこ...

  
2155

日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ

日本から遠く離れたヨーロッパには、たくさんの文化、価値観があります。そのヨーロッパを走るクルマにも多様性があり、日本ではあまり見かけないクルマがたくさん走っています。今回は、そんなクルマたちに注目してみます。文・吉川賢一

  
10192

PIAA ─モータースポーツの灯をともし続ける

フィニッシュまで速く安全に走り抜くためには、パワフルなエンジンよりも、ドライビングテクニックよりも、もっと必要なものがある。それが「視界」なのだと言ったドライバーがいた。ライティング、ワイパーブレードのトップブランドとして知られるPIAAは、そんな、ドライバーの気持ちに最も近いと...

  
274

オンナにとってクルマとは Vol.29 雪の日の心得

都心に大雪が降って、毎度のことながら交通網は大混乱になった。高速道路の多くは翌日まで通行止めが続き、立ち往生した末に乗り捨てられたクルマたちが、道路脇にゾロゾロと並んでいた。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.123 2013年2月号]

  
144

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.49 「DUTSAN」は、復活したのか?

かつてフェアレディZや510ブルーバードといった名車を生み出したダットサンがついに蘇った。40代以上の人なら、きっとワクワクするような話題だろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
877

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.55 いいものを評価する世に

同じ事柄でも、立場が違うと見え方が180度違うことがある。最近よく思うのが、クルマ作りをする際のコストに対する考え方だ。現場のエンジニアと話していると、1円にも満たない〝銭〟単位でのコストコントロールを要求される辛さが痛いほど伝わってくる。彼らにとって1円は大金だ。text:岡崎...

  
782

全長、全幅、全高わずか1メートル!? 世界最小の車「ピール P50」とは?

軽自動車は、世界でも類のない規格で生産されていることは有名です。しかし、世界にはそれよりも小さなクルマが存在し、販売されています。ここでは、ギネスに認定されている小さなクルマを紹介します。

  
5812
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives