「ロールス・ロイス」の検索結果(44件)

記事

こだわりがすごすぎる!超ド級のプレミアムカー6選

ブランドも値段も超一流のプレミアムカーは、車両価格以外もプレミアムに違いない。ここではそんな世界的に有名なプレミアムカーたちのプレミアムな部分を、“価格以外”の注目ポイントからお届けします。さすがに雲上ブランドのプレミアムカーだけあって、そのこだわりぶりもまさしくPREMIUMで...

  
3841

砂漠で壊れてもヘリコプターで新車が届く!?…ロールス・ロイスにまつわる5つの噂

先日ブランド初となるSUV「カリナン」が発売されたことでも話題のロールス・ロイス。その価格は21万ポンドと発表されましたが、日本円に換算すればおよそ3,100万円。ただしこれはロールス・ロイスの中では決して高額とはいえません。そんな世界一のプレステージ性を持つ超高級車ブランド、ロ...

  
37050

人気マーベルヒーロー、アイアンマン!トニー・スタークの愛車たち

2018年4月に日本でも公開された、マーベル映画最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、世界興収MCU(マーベルシネマティックユニバース)史上トップとなり、人気沸騰中です。アベンジャーズといえば、マーベルコミックのスーパーヒーローたちが集結するマーベルシリーズのひとつ...

  
11522

ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスはつい先頃、新型SUV「カリナン」のティザー画像を発表しました。同社初のSUVとなるカリナンは、はたしてどんな車になるのか、検証していきたいと思います。文・山崎友貴

  
2718

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.68 参戦する理由

今年、ホンダが7年ぶりにF1に復帰する。しかもタッグを組むのはマクラーレン。マクラーレン+ホンダの黄金コンビは23年ぶりの復活だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.148 2015年3月号]

  
521

ひこうき雲を追いかけて vol.50 みなとみらい

今号の撮影で、みなとみらいにある8つのショールームを半日で回った。フェラーリとロールス・ロイス、ポルシェとBMW、MINIはそれぞれ隣り合った場所にあるので、実質5ヵ所。text:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.165 2016...

  
86

現在人気カテゴリーの「SUV」はどのように誕生したのか

今や自動車市場で空前絶後のブームとなっている「SUV」。セダンやミニバンを抜いて、自動車カテゴリーのベーシックになりつつあります。このSUV、一体どのように生まれたのでしょうか?今回は、SUVの成り立ちを追ってみましょう。

  
8555

今新車で買える丸目の車5選

自動車のヘッドライトは、HIDやLEDライトを採用することで、デザインの自由度がぐーんとアップしています。その結果、先鋭的な印象の薄型ヘッドライトが多くなりました。しかし車のデザインには先鋭的なものばかりではなく、古き良き時代を彷彿とさせる牧歌的なデザインもあります。そんな牧歌的...

  
6527

ポルトフィーノは、フェラーリV8・2+2モデルの系譜を受け継いだのか?

1947年の創業から、58年の「250GT」でピニンファリーナ製クーペ/カブリオレを標準モデルとしてデビューさせるまでは、メーカー指定の純正ボディを持たず、独立した「カロッツェリア(ボディ専門工房)」にボディのデザイン/製作を委ねていたフェラーリ。文・武田公実/Takeda Hi...

  
12631

イタリアの高級リゾートを感じる、フェラーリ ポルトフィーノが登場

昨2017年8月下旬に概要とメーカー公式フォトが発信。9月のフランクフルト・モーターショーにてワールドプレミアに供されたフェラーリの新型車「ポルトフィーノ」が、この2月19日に日本国内でも正式デビューを果たすことになった。文・武田公実/Takeda Hiromi

  
19722

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.90 僕のプリウス評価

37回目を迎えた日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)は日本でもっとも歴史が長く、かつ権威のある賞だ。元編集者や自動車メーカーOBが中心のRJCカーオブザイヤーに対し、選考委員のほとんどが現役バリバリのモータージャーナリストであり、ドライビングスキル、試乗しているクルマの数、...

  
2266

ひこうき雲を追いかけて vol.51 ファンタジー

先月号の女性版特集ではみなとみらいの8つの輸入車ディーラーを紹介したが、恥ずかしながら、ロールス・ロイスについてはまったく予備知識がなかった。だからかどうか、このクルマのもつ世界観にすっかり興味を惹かれてしまった。text : ahead編集長・若林葉子 photo : 長谷川徹...

  
112

ベントレー コンチネンタル、遙かなる系譜をたどる〜世界最高の企て〜

今世紀に入って大躍進を遂げたベントレー。その屋台骨を支える基幹モデルとなっているのが、2003年にデビューした“コンチネンタルGT”とその係累たちである。しかし“コンチネンタル”というロマンティックな車名を与えられたベントレーは、遥か60年以上も前から脈々と系譜を綴っていた。

  
4355

最高額5,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜輸入車編〜

世界には本当に様々な車が存在します。輸入車で最も高価なモデルはなんなのでしょうか?今回はトップ5をご紹介します。※今回のランキングでは2017年12月現在、日本で購入できるモデルをご紹介します。⇨最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

  
13372

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.99 ダイソンのEV参入

このところEVの話題で持ちきりの自動車業界。先日のフランクフルトモーターショーではドイツメーカーを中心にEVのコンセプトカーが大量に展示され話題をさらっていた。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
1410

その数10以上!? VWグループのブランドを全部言えますか?

現在、世界販売台数トップの座を争う、トヨタとVWグループ、そしてルノー日産アライアンス。これまでトヨタとVWグループの一騎打ちでしたが、2017年上半期の累計販売台数では、三菱と提携したルノー日産アライアンスが躍進。VWやトヨタとしても無視できない存在感を発揮しまっした。このよう...

  
19323

イルミネーションの季節!クリスマスに乗りたい車5選

もう11月も半ば。街はイルミネーションに溢れ、クリスマスムード一色です。イルミネーションを楽しむなら、どんなクルマで行きますか?23区在住の筆者の独断と偏見によるオススメ5選を紹介します。

  
8660

日本のSUV史に残る名車(迷車?)5選

日本で自動車産業が勃興し、80年が経ちました。数多くの車種が生まれては消えていきました。数多ある国産車のなかで、SUVにフォーカスして世界に誇る名車(迷車?)を、5台厳選してみました。------------------------------------------------...

  
45639

レクサスやGT-Rなどに標準装着!ランフラットタイヤのメリット・デメリット

1本あたりハガキサイズ×4本分の設置面積で車重を支えているタイヤは、クルマとってなくてはならない部品のひとつ。パンクしただけでも、その車は走行できなくなってしまいます。そこで考え出されたものが、ランフラットタイヤです。

  
20187

フロントグリルってなんのためにあるの?メリットとは?

自動車のフロントグリルは、モデル、メーカーによって、いろいろな形状のフロントグリルが採用されています。どんな目的で付いているのでしょうか?今回は、フロントグリルの役割についてみていきます。

  
11134
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives