「ローダウン」の検索結果(79件)

記事

光る個性があるのに…1代限りで販売終了したホンダの名車3選

いいクルマなのにあまり売れなかった、光る個性があるのに世間の評判はイマイチだった…。今回は、市場に投入されたのに、開発が継続されることなく、”1代限り”で終わってしまった、ホンダの名車たちを紹介します。

  
24352

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.43 ピンクのクラウン

いやはや驚いた。クラウンの発表会で披露されたのはなんとも派手なピンクのボディカラー。最初は発表会用の賑やかしだと思ったが、生まれ変わったクラウンの象徴として今年中に発売される予定だという。なぜピンクなのか? モチーフとなったのはトヨタが展開している企業CM「REBORN」で使われ...

  
755

アンチマーケティングから生まれる FLEXのコンプリートカスタム

「新しい中古車」というと、日本語として通用するのかどうか疑問ではあるが、目の前に並ぶ3台のモデルはそう表現するのが最もふさわしい。大手中古車販売会社のFLEXが新たな取り組みとして発表した、中古車業界初のカタログモデルである。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vo...

  
1636

30アルヴェルの乗り心地を追求したHKS新型車高調HIPERMAX S-style Lをインプレッシ...

アルファード/ヴェルファイアと言えば、日本における高級車という概念を変え、クラウンなどのビッグセダンから王冠を奪い去る勢いで増殖している新しいジャンルのハイエンドサルーンです。最近では会社の重役などのVIPから芸能人に至るまで、多くのユーザーが使用していることからもその実力をうか...

  
4909

史上最高の曲線美をもつアルミホイール 新生WORK SCHWERTシリーズを新型リーフに装着

WORKが2008年に発表したVARIANZA SCHWERT(ヴァリアンツァ シュヴァート)はコンフォートVIPをラグジュアリーへ進化させるべく誕生し、数多くのファンを魅了しました。SCHWERTの名前の通り西洋剣をデザインモチーフとし、天面にポリッシュ、ベースカラーにブラック...

  
8573

HKSの車高調ハイパーマックス Sスタイル Lがリニューアル こだわりの進化とは?

HKSと言えばスポーツカーを中心にハードチューンを好むユーザーに支持されているチューニングパーツブランド、というイメージがあるかもしれません。しかし、今では軽自動車やミニバン、SUVなどに向けたアイテムも多くリリースしているのです。もちろんこれは今までスポーツカーで培ってきたノウ...

  
6893

TEINの車高調と自動減衰調整機能EDFCを装備した30ヴェルファイアを斎藤聡が徹底解説

車高を低くしてカッコよくしたい。車高が低くなれば乗り心地は多少悪くなっても仕方ない。ひと昔前、ローダウンサスペンションはそんな感じでした。いま最前線のローダウンサスペンションは、そこから大きな進化を遂げています。今回はそんな超高性能なストリート用サスペンションキット(車高調キット...

  
13341

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.52 エンジニアのチーム体制

シーズン開幕以来、メルセデスAMGの快進撃がつづいているが、トラブルと無縁というわけではない。第9戦イギリスGPでは、スタートからトップを快走していたニコ・ロズベルグ車にトラブルが発生した。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
120

アーティシャンスピリッツが手掛けたレクサス・NXはより一層スポーティな雰囲気を纏う

日本だけでなくSEMAショーなど、世界に羽ばたくアーティシャンスピリッツが今度はレクサスのSUVモデルであるNX用のエアロパーツを前期モデルに続き、後期モデルを追加リリースしました。今回はNXのラインナップの中でもよりスポーティな味付けが施されたF SPORT用となっており、NX...

  
5299

ブレーキをいじってたら本物!? デキるヤツと思われるチューニング箇所3選

車のカスタムは無数にありますが、改造したことがあからさまにわかるほうが、周囲へのアピール度は高いと言えます。一方でブレーキやエンジンチューンなど、見た目にはっきりわからない改造は、見てくれよりも、性能を追求する通なカスタムとも言えます。今回は、見た目だけではない、機能性重視のデキ...

  
19769

ビッグシングル女史のすすめ KTM NEW 690 DUKE

バイクに乗り始めてから、ずっと単気筒に乗り続けている。シンプルでバイクらしいから? トコトコとした乗り味が好きだから? いいえ、実際のところ見た目が気に入ったバイクが偶然にも全部単気筒だったという単純な理由だったりするのだ。text/photo:サトウマキ [aheadアーカイブ...

  
1609

ミニバン界を牽引するトヨタの3兄弟!ヴォクシー、ノア、エスクァイアの違いって?

トヨタのミドルクラスミニバンは、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの3車種があります。同じクラスに、ほぼ同じ車を3台もラインナップするのは、ディーラーの多チャンネル制を維持しているトヨタならでは。販売店に合わせて若干の違いがありますが、その違いはどこにあるのでしょう?

  
21140

ジャスティン・ビーバーも絶賛!なぜLiberty Walkは人の心を掴むのか

オートサロン2018では、名車ランボルギーニ ミウラをシャコタン&バーフェン仕様にして、話題を集めたLiberty Walk(リバティーウォーク)。世界的なセレブも注目する『リバティーウォーク仕様』とは、どんな車で、その魅力はどこにあるのでしょうか?

  
6995

【東京オートサロン2018】ローダウンもリフトアップも!オーナーのテイストに合わせたJAOSのモディ...

流行のSUVモデルのカスタマイズを手掛けるJAOS。SUVの持つクロスオーバーな魅力を様々提案しています。

  
7425

エアロパーツが車の燃費に与える影響とは?

一般の自動車ユーザーにとって、エアロパーツはドレスアップの手段であることが多いのですが、本来のエアロパーツは”エアロ=空気”を意味することでもわかるように、ボディまわりの空気の流れを整えることが主たる機能で、目的は空気抵抗の低減、ダウンフォースの増強、エンジンやブレーキの冷却など...

  
17603

45歳157cmからの挑戦。女性がバイクに乗るということ

かすかに春の兆しのようなものが感じられるようになった2月のある日、ふいにオートバイに乗りたい、と思った。口にすると実現するのが怖くて、またその気持ちがどのくらい本物なのか見極めたくて、しばらく胸の中におさめていたが、結局、一ヵ月もしないうちに私のところにバイクはやって来た。tex...

  
406

いい大人が乗ってもさまになる HONDA CRF250RALLY

このバイクはいわば「ラリー・レプリカ」である。2013年にダカールラリーに復帰したホンダのファクトリーチーム、HRCのCRF450ラリーのスタイリングをできるだけ忠実に再現し、250㏄というリーズナブルな排気量クラスで商品化した。写真で見るより実物はずっとカッコいい。text:春...

  
3733

Spiegelの車高調を7万円のオンボロ軽自動車に装着させたらどう変化するのか?

恒例となり始めてきました「7万円オンボロ軽自動車」シリーズの車高調編です。今回はこの車のオーナーである編集スタッフ自らがインプレをし、この記事を書き起こしました。筆者は10年ほど前に某サスペンションメーカーの方から聞いた言葉があります。「中古車はサスを変えれば新車も同然」この言葉...

  
27041

"盗まれやすい車"!? ハイエースはなぜカスタムベースとして人気なのか?

一般社団法人 日本損害保険協会が行った調査によると、2016年盗難件数ワースト1位がプリウス、2位にはハイエースがランクインしました。そんな不名誉なランキングに入るハイエースですが、その人気はとどまるところを知りません。働く車としても、またカスタムのベース車両としても人気です。そ...

  
14295

アルトワークス チューニング最新事情。HKSが満を持してリリースしたECU マフラー 車高調 徹底解...

チューニング界の巨人、HKSのアイテムと聞くと、ベテランのクルマ好きは極端にエッジの立ったキャラクターをイメージするかもしれません。ですが、いまや最新モデル用については比較的手軽に「愛車イジリ」が愉しめるメニューも充実しています。例えば、スポーツ派軽ユーザー注目のアルトワークス/...

  
29051
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives