「ローダウン」の検索結果(54件)

記事

アルトワークス、遊んだデザインと実用性高いカスタムでどんな車に?

新型車のチューニングパーツ製作から、旧車のレストアまで、技術力を活かし幅広く手掛ける埼玉のオートクラフトと、オリジナルデザインに溶け込むラインが特徴のエアロパーツを得意とするガレージ・ベリーがコラボレーション!遊べて、実用性も高いチューニングを施したアルトワークスはどんな車になっ...

  
4357

チューニングカーとカスタムカーの違いとは?

クルマに関する用語は、横文字が非常に多いですよね。そのなかで、チューニングとカスタムのように、同義語と認識されているワードがあります。このチューニングとカスタムの違いは、どういった点なのでしょうか?

  
5249

フェンダーアーチとタイヤの隙間、広い場合と狭い場合のメリット・デメリット

愛車をサイドから眺めた際、タイヤとフェンダーのすき間を見て「もう少し車高が下がればカッコいいのにな…」なんて思ったことはないでしょうか。しかし安易に車高を下げるべきではないのかもしれません。フェンダーアーチとタイヤの関係。その意義といったものを考えてみましょう。

  
6484

50系プリウス専用HKS製サスペンションキット3選。それぞれの味付けとはいかに?

2015年、4代目に進化したトヨタ プリウス。日本を代表するハイブリッドカーとして、性能はもとよりスタリングも進化しました。その乗り心地は、先代に比べると大きく改善されているものの、もうちょっと…、と感じているユーザーは少なくありません。また、同型車に乗る他のオーナーと差別化した...

  
2680

2000馬力、時速370キロを達成!世界最速SUVとなったランクル

トヨタ自動車といえば、金太郎飴や80点主義と揶揄されるほど、万人受けする自動車作りの代名詞的存在です。しかしそんなトヨタが本気モードになると、とてつもなく尖がったマシンを作り出すことも可能です。それが、今回紹介する世界最高速SUVとなったランドクルーザーです。

  
21036

モータースポーツ参戦から得た技術を惜しみなく投入した「Syms LEVORG」

SYMS(シムス)レーシングが活動を開始したのは1993年。当時、注目を集めていたN1耐久レースに、シムス SMSG インプレッサを送り込んだのが最初だった。そこで培った経験と開発力をもとに、アフターパーツ向けブランド”SYMS”を創設。現在では、サスペンションやマフラーからエア...

  
8640

サンダル運転、車検ステッカーを外すのはNG!?…意外と知られていないルール5選!

車を運転、所有する際には、ルールを守ることは必須です。しかし、愛車を大事にするあまり、知らず知らずのうちにやっていたことが、実は違法だったなんてことも、ないとは言えません。今回は、意外と知られていない車に関する情報をお届けいたします。

  
16919

【車の豆知識】ローダウンのメリット・デメリットとは?

ローダウンのメリット・デメリットとは?車高を下げた車って、なんとなく格好良く見えるものですよね。でも、車高を下げることによって犠牲にしなければならないことも多いのです。あなたは、ローダウンによるデメリットを知った上でも、車高を下げようと思いますか?

  
12929

車高調とダウンサスの違いとは?

車のローダウンに必要なパーツとして、まず挙がるのが「車高調」そして「ダウンサス」。どちらも車高を下げる役割を持ちますが、モノ自体はまったく異なります。この2つのパーツは、どう違っているのでしょう。

  
21203

マーバン・Ⅱバン・セドバンなど…20年前に一世風靡したキャルルックスタイルとは?

「キャルルック」という手法のカスタムカー、皆さんも一度は名前くらい聞いたことがあると思います。1970年前後に日本に上陸して、20年ほど前にもちょっとだけ流行った、フォルクスワーゲンを基本としたカスタムの手法です。

  
12884

「ハイパーマックスG」に変えたら、ロングドライブが楽しくなった。

すべて自社で生産されているHKSのサスペンションキット。その利点を存分に活かして製作された最新モデルが「ハイパーマックスG」シリーズです。上質であることにこだわって、設計された「ハイパーマックスG」は、車高ダウンによるネガをすべて排除したといっても過言ではない、素直なハンドリング...

  
12570

【東京オートサロン 2017】KYBからショックアブソーバーの改良品をクローズアップ!

ショックアブソーバーメーカー、カヤバから販売されている「ニューSRシリーズ」の兄貴分にリファインが加わり新登場です!

  
7681

【東京オートサロン 2017】まさかの「グラチャン」仕様も!?軽の楽しさを発信する「KLC」

Spiegelと隣接するブースで楽しいK-CARを発信していたのが「KLC」。今回は遊び心あふれるアルトと先代コペンを出展しています。

  
5713

【東京オートサロン 2017】K-CARの魅力と可能性を引き出す「シュピーゲル」

軽スポーツカーのカスタマイズを専門に行っているSpiegel。今回のオートサロンには2台のスポーツモデルを出展しています。

  
4067

【東京オートサロン 2017】あのモデルもターボ化…気になるBLITZの新作は!?

BLITZといえばターボチューニングの老舗、東京オートサロンにも毎回斬新なターボ仕様を発表しており、今年もどんなモデルがターボ化されるのか楽しみでもあります。

  
7697

低価格でローダウンを実現!イエローハットの車高調に注目!

ドレスアップの基本中の基本「ローダウン」。古風な言い方をすればシャコタンです。そのローダウンを実現するには、車高調整式のサスキットがベストです。けれど、これまで車高調整式サスペンションといえば、高価なパーツの代表。月々のお小遣いで、おいそれと手を出せるアイテムではありませんでした...

  
31350

オイル交換、一番しづらいクルマはR32スカイライン?!

車によってオイル交換のしやすい、やりづらいはありますが、日本が世界に誇るスポーツカーR32スカイラインはその筆頭かもしれません。今回ご紹介する動画に出てくるR32は足回りのカスタムをしていますが、通常の車のオイル交換にはない工程に着目してみたいと思います。

  
17758

M4GTSってどんな車?

2015年の東京モーターショーで、BMWは1台のクルマをワールドプレミアしました。それがM4 GTS。BMWブースの片隅に置かれた、派手なウイングを立てたチューニングマシンのような迫力のM4を覚えている方もいるでしょう。

  
2376

最近のMのブレーキが気になる、ハイパフォーマンスカーブレーキ事情

クルマのドレスアップの定石といえばインチアップ&ローダウンです。もちろんドライブフィールやサーキットにおける戦闘力アップにも大きく関わるカスタマイズですが、大径ホイールで愛車のエクステリアを個性的に飾りたいとお考えの方は少なくないと思います。ただ、細めのホイールスポークの間から、...

  
10115

時代に合わせた幅広い車種展開に、BLITZが挑戦中!DAMPER ZZ-R シリーズ

スポーツカー用入門モデルとして、2009年に開発されたブリッツのサスキットがZZ-Rでした。その後、ミニバンやセダンユーザーから同スペックのサスキットを望む声が多くなり、カテゴリーの幅を広げて商品をリリース。街乗りメインのライトユーザー用シリーズとして、適応車種を続々と増やしてい...

  
6056