「ローダウン」の検索結果(48件)

記事

サンダル運転、車検ステッカーを外すのはNG!?…意外と知られていないルール5選!

車を運転、所有する際には、ルールを守ることは必須です。しかし、愛車を大事にするあまり、知らず知らずのうちにやっていたことが、実は違法だったなんてことも、ないとは言えません。今回は、意外と知られていない車に関する情報をお届けいたします。

  
13739

【車の豆知識】ローダウンのメリット・デメリットとは?

ローダウンのメリット・デメリットとは?車高を下げた車って、なんとなく格好良く見えるものですよね。でも、車高を下げることによって犠牲にしなければならないことも多いのです。あなたは、ローダウンによるデメリットを知った上でも、車高を下げようと思いますか?

  
10390

車高調とダウンサスの違いとは?

車のローダウンに必要なパーツとして、まず挙がるのが「車高調」そして「ダウンサス」。どちらも車高を下げる役割を持ちますが、モノ自体はまったく異なります。この2つのパーツは、どう違っているのでしょう。

  
17145

マーバン・Ⅱバン・セドバンなど…20年前に一世風靡したキャルルックスタイルとは?

「キャルルック」という手法のカスタムカー、皆さんも一度は名前くらい聞いたことがあると思います。1970年前後に日本に上陸して、20年ほど前にもちょっとだけ流行った、フォルクスワーゲンを基本としたカスタムの手法です。

  
10220

「ハイパーマックスG」に変えたら、ロングドライブが楽しくなった。

すべて自社で生産されているHKSのサスペンションキット。その利点を存分に活かして製作された最新モデルが「ハイパーマックスG」シリーズです。上質であることにこだわって、設計された「ハイパーマックスG」は、車高ダウンによるネガをすべて排除したといっても過言ではない、素直なハンドリング...

  
8801

【東京オートサロン 2017】KYBからショックアブソーバーの改良品をクローズアップ!

ショックアブソーバーメーカー、カヤバから販売されている「ニューSRシリーズ」の兄貴分にリファインが加わり新登場です!

  
6947

【東京オートサロン 2017】まさかの「グラチャン」仕様も!?軽の楽しさを発信する「KLC」

Spiegelと隣接するブースで楽しいK-CARを発信していたのが「KLC」。今回は遊び心あふれるアルトと先代コペンを出展しています。

  
4842

【東京オートサロン 2017】K-CARの魅力と可能性を引き出す「シュピーゲル」

軽スポーツカーのカスタマイズを専門に行っているSpiegel。今回のオートサロンには2台のスポーツモデルを出展しています。

  
3313

【東京オートサロン 2017】あのモデルもターボ化…気になるBLITZの新作は!?

BLITZといえばターボチューニングの老舗、東京オートサロンにも毎回斬新なターボ仕様を発表しており、今年もどんなモデルがターボ化されるのか楽しみでもあります。

  
6731

低価格でローダウンを実現!イエローハットの車高調に注目!

ドレスアップの基本中の基本「ローダウン」。古風な言い方をすればシャコタンです。そのローダウンを実現するには、車高調整式のサスキットがベストです。けれど、これまで車高調整式サスペンションといえば、高価なパーツの代表。月々のお小遣いで、おいそれと手を出せるアイテムではありませんでした...

  
16291

オイル交換、一番しづらいクルマはR32スカイライン?!

車によってオイル交換のしやすい、やりづらいはありますが、日本が世界に誇るスポーツカーR32スカイラインはその筆頭かもしれません。今回ご紹介する動画に出てくるR32は足回りのカスタムをしていますが、通常の車のオイル交換にはない工程に着目してみたいと思います。

  
16019

M4GTSってどんな車?

2015年の東京モーターショーで、BMWは1台のクルマをワールドプレミアしました。それがM4 GTS。BMWブースの片隅に置かれた、派手なウイングを立てたチューニングマシンのような迫力のM4を覚えている方もいるでしょう。

  
1648

最近のMのブレーキが気になる、ハイパフォーマンスカーブレーキ事情

クルマのドレスアップの定石といえばインチアップ&ローダウンです。もちろんドライブフィールやサーキットにおける戦闘力アップにも大きく関わるカスタマイズですが、大径ホイールで愛車のエクステリアを個性的に飾りたいとお考えの方は少なくないと思います。ただ、細めのホイールスポークの間から、...

  
8809

時代に合わせた幅広い車種展開に、BLITZが挑戦中!DAMPER ZZ-R シリーズ

スポーツカー用入門モデルとして、2009年に開発されたブリッツのサスキットがZZ-Rでした。その後、ミニバンやセダンユーザーから同スペックのサスキットを望む声が多くなり、カテゴリーの幅を広げて商品をリリース。街乗りメインのライトユーザー用シリーズとして、適応車種を続々と増やしてい...

  
5406

本格オフロード4WDパーツのJAOSが提案、後期ランクル200のスタイルアップはこう攻めろ!

“Experience a New Adventure”をコンセプトとして、4WDの魅力をさらに高めるべくトータルなパーツ展開を行っているのがJAOSです。同社のチューニングブランド「BATTLEZ」のパーツと合わせ、 日常での使い勝手とスタイリングを両立した...

  
5813

一度乗ったら純正には戻れない!? モンスタースポーツのアルトワークスは何が凄いのか?

モンスター田嶋率いるモンスタースポーツと言えば、スズキ車チューンはお手の物。新型アルトワークスでも、得意のコンプリートカーを製作・販売しています。長年の経験と実績を活かした最高のモンスターチューンコンプリートカーとは、どのようなクルマでしょうか?

  
51122

Jeepレネゲード を街中でもっと楽しくスポーティに~2WDモデル専用車高調キット登場!

ジープ レネゲードの2WD車には、Jeepのワクワク感を日常で気軽に体験できるイメージがあります。その2WDモデル向けに、ファイブスター東都から街中でよりスポーティに楽しむポテンシャルを持った「fivestartoto Jeepレネゲード用 車高調キット」がリリースされました。

  
6797

フル乗車でも全席快適!TEINの新機構ハイドロ・バンプ・ストッパー搭載ストリート車高調「FLEX A...

ショックアブソーバーのフルバンプを防ぐ装備といえば、これまでウレタンやゴム製のバンプラバーが一般的でした。TEINでは、その代わりとなる油圧式の「ハイドロ・バンプ・ストッパー」を開発!衝撃吸収性に優れフル乗車でも快適なストリート向け車高調「FLEX A」の誕生です。

  
6312

アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G...

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証も...

  
18305

ホンダ党ならアコードハイブリッドのカスタマイズを楽しめ!

ホンダ車のカスタムは世界中で人気があり、カッコよく決まるフォルムやホンダVTECのエキゾーストサウンドが魅力です。しかし、ハイブリッドモデルはマフラーを変えても音だけは静か…ハイブリッドの台頭で、カスタマイズする楽しみは奪われてしまったでしょうか?

  
8010