「ロータス」の検索結果(77件)

記事

2008年魅力に負けて突然購入した中古 Lotus Elise(ロータス エリーゼ) 111R 20...

ライトウェイトスポーツカーの代名詞的存在ロータス・エリーゼを紹介させていただきます。車好きの方なら、誰もが一度は所有してみたいと考えたことがあるはずです。何を隠そう私も長女が生まれる直前まで黄色いエリーゼ111R(ワン・イレブン・アール)に乗っていました。文・山里真元 | 日本ス...

  
18430

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.30 ルノー。勝機は「他と違う発想」

ルノーが元気だ。エンジンだけでなくシャシーの開発も手がけ、チーム運営も行うワークスチームとしての活動は2010年いっぱいで終了したが、2011年以降はエンジンをチームに供給するコンストラクターとして再出発を切った。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.118 20...

  
37

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.29 フェルナンド・アロンソ

F1ドライバーは腕自慢ばかりである。ただし、マシンの良し悪しが速さに大きな影響を与えるのが特徴でもある。1年前、2年前にチャンピオンを獲得したドライバーの走りがいきなり精彩を欠くのは、ドライバーとしての技量の衰えではなく、その年のマシンの仕上がりが競合チームより劣っているからと考...

  
87

ノートンとロータスを同時に味わえる空間

「イギリスの『ノートン』が復活する」。最初にそのニュースが駆け巡ったのは'08年の暮れのこと。すべては若き実業家であるスチュアート・ガーナーがその名門にまつわるすべての権利を手に入れたことから始まった。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス ...

  
129

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.33 "アイスマン"復活の舞台裏

キミ・ライコネンが第18戦アブダビGPでF1復帰後初優勝を飾った。フェラーリに在籍していた2009年第12戦ベルギーGP以来の勝利である。55周で争われたレースをリードしていたのはマクラーレンのルイス・ハミルトンだったが、20周目に燃料供給系のトラブルが発生しリタイア。2番手を走...

  
87

オートバイを芸術作品にした男

東名高速道路の厚木インターチェンジを降りて程なく。工場が立ち並ぶその一角に、バイクのミュージアムがある。そんな風に書くと驚かれるかもしれないが、数々のイタリアンブランドを手掛け、そのパーツを開発するショップ「モトコルセ」の扉をくぐれば、まさにそう表現するのにふさわしい空間が広がっ...

  
105

ロータスF1が富士を走った日

ロータスの創始者、コーリン・チャップマンのクルマ造りの哲学は、「シンプルな構造で、ライトウエイト、そしてドライビングファンであること」。その思想に共感したロータスフリークが、日本にこんなにも多いという証しである「ジャパンロータスデイ」が今年も富士スピードウェイで開催された。tex...

  
165

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.34 もうひとりの日本人

限界を極めるあまり、ブレーキングでタイヤをロックさせてしまうことがある。するとタイヤが部分的に摩耗してしまい、バイブレーションを引き起こす。激しい振動がステアリングに伝わってくるので、ドライバーは不安になる。そこで、無線に話しかける。「バイブレーションがひどくて運転できない!」t...

  
142

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.35 予測不能の2013年シーズン

2013年のF1シーズンは3月17日のオーストラリアGPで幕を開ける。以前は一度開発したマシンを複数年にわたって使い続けるのが一般的だったが、それでは競争力を保てなくなり、1980年代頃からはシーズンごとに新型を設計するのが通例になっている。text:世良耕太 [aheadアーカ...

  
111

FCVといえばトヨタMIRAI?他にどんな燃料電池車がある?

メルセデスやBMWをはじめ、多くのメーカーが研究開発を続けている燃料電池車(FCV)。しかし、その多くはまだ研究段階で、市販化にこぎつけているメーカーは、ごくわずか。なかでも有名なのはトヨタ MIRAIですが、他にはどんな車があるのでしょう?

  
906

殿堂入りした、元祖ライトウェイトスポーツ

「ヨタハチが殿堂入りしたんだって」と聞いたのはつい先日のこと。「トヨタ スポーツ800」が殿堂入りしたのは、日本自動車殿堂(JAHFA)の2012年歴史者部門である。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.124 2013年3月号]

  
344

埋もれちゃいけない名車たち VOL.9 和み系の大衆車「RENAULT TWINGO」

2013年の開幕戦オーストラリアGPでポールポジションを獲得したのは、3年連続チャンピオンのS・ベッテルだった。2番手にM・ウェバーがつけて、レッドブルが最前列を独占。3番手には、マクラーレンからメルセデスに移籍したL・ハミルトンがつけた。text:嶋田智之 [aheadアーカイ...

  
859

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.37 2013年シーズン、不穏な幕開け

2013年の開幕戦オーストラリアGPでポールポジションを獲得したのは、3年連続チャンピオンのS・ベッテルだった。2番手にM・ウェバーがつけて、レッドブルが最前列を独占。3番手には、マクラーレンからメルセデスに移籍したL・ハミルトンがつけた。text:世良耕太 [aheadアーカイ...

  
105

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.40 1.6ℓターボエンジン戦争勃発

ホンダは6月14日、前の月に行ったF1参戦記者会見を補完する目的で合同取材会を設けた。まず開発状況だが、「基本的な設計をスタートしたばかり」だと、F1参戦活動の責任者を務める新井康久 本田技術研究所 取締役専務執行役員 四輪レース担当は説明した。第1号エンジンができあがるのは秋を...

  
58

LOTUS motorcycles

先頃、世界中のライダーはもちろん、4輪ファンにとっても気になるニュースが飛び込んできた。イギリスのスポーツカーメーカー「ロータス」が、オートバイの開発に乗り出したというのだ。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
110

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.46 カーナンバーの固定

F1は2014年シーズンから固定カーナンバー制度を導入する。'96年以降のF1は、前年にドライバーズチャンピオンを輩出したチームが「1」と「2」を付け、以下はランキング順にカーナンバーが与えられた。ただし「13」は西洋では忌み嫌われているため欠番だった。text:世良耕...

  
71

水陸両用車って個人で買えるの?価格は?

水陸両用車といえば、軍用のAAV7という車両が有名ですが、映画「007」に登場したロータス エスプリが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。いずれにしても、自分の愛車で海や河川を走れたら、冒険心をくすぐられますよね。そんな水陸両用車は、私たちでも購入することは可能なのでし...

  
6442

クルマ好きの琴線に触れるテスラの新型EV

ジュリア・ロバーツが両手にブランド袋をぶら下げて闊歩する(映画「プリティー・ウーマン」より)街並で、ほんの数分立ち止まる。すると白、黒黒白黒…来るわ来るわ、「テスラ・モデルS」を一気に5台も目撃する。text:桂 伸一 photo:Guy Spangenberg [aheadアー...

  
1062

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.42 市販車とF1の距離

9月中旬、ドイツ・フランクフルトでモーターショーが開催された。ヨーロッパではパリ、ジュネーブに並ぶ規模で、技術立国のドイツらしく、技術展示が充実しているのが特徴だ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.131 2013年10月号]

  
77

F1で通算300勝を達成 NGK スパークプラグ

寒い朝のエンジン始動であろうと、高速道路で長時間運転しようと、標高の高い場所に出かけようと、「エンジンの着火は大丈夫かな」と、気にする人はまずいないだろう。クルマのエンジンはきちんと動いて当たり前の時代だから。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.134 2014...

  
68
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives