「レーシングカー」の検索結果(297件)

記事

お値段、約3000万円?時速250キロ以上で繰り広げられる、ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジ...

スーパーカーで有名なメーカーの一つ、イタリアのランボルギーニ社が販売している「ウラカン」。ノーマルで時速300km以上の軽く叩き出すパワーと安定したコーナリング、力強いデザインで日本含め世界中で高い人気を誇っています。そのウラカンをベースにランボルギーニ社のモータースポーツ活動を...

  
4601

日産がフェアレディZ生誕50周年記念車の価格を発表

2020年3月末までの期間限定モデルです。

  
2508

貴重な働くクルマがGW中のツインリンクもてぎに勢ぞろい

栃木県茂木町にあるモビリティのテーマパーク「ツインリンクもてぎ」において、4月27日(土)〜5月6日(月・祝)まで、働く車の展示・体験イベント「働くクルマ大集合!!」が開催されていました。

  
803

約2年1万キロ走ってわかった ルノー ルーテシアR.S.…特別なクルマ、だけどリーズナブル

ちょうど2年前の春、10年乗ったポルシェ・ボクスターSを手放した僕はフランス製の特別なハッチバックを手に入れることになった。それが「ルノー・ルーテシアR.S.」。それから共に過ごした2年間で感じたことをお届けしよう。文/写真・工藤貴宏

  
38538

軽自動車10台分!?馬力のある輸入車トップ5

ドライバーが感じる加速フィールにおいて、昔からとくに発進時やパーシャル域からのシークエンスにおいて、「トルク感がある」という言葉が使われることがある。そして、速さを決める数値として最高出力が重要なのは言うまでもない。今回、編集部からいただいたお題は「軽自動車○台分!? 馬力のある...

  
32680

最近聞かなくなった自動車チューニング用語&パーツ4つ

チューニングやドレスアップといったカスタマイズは、自動車趣味のひとつとして完全に市民権を得ている。それには合法チューンといわれる保安基準を満たしたカスタマイズが主流になってきたことも貢献していることだろう。とはいえ、日本でチューニングが盛んになりはじめた1970年代からしばらくは...

  
50446

日産ノートe-POWERNISMOとノーマルモデルの外装比較【2台のモデルの違いは?】

現在大人気のノートe-POWER(NOTE e-POWER)に専用のチューニングを施したNISMOモデルが、早くも新発売されましたね。今回新発売されたNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)は専用のチューニングを施した走りの良さが魅力のクルマですが、街中の走行でも映えるスポ...

  
1463

カッコイイのに...日の目を見ることのなかったスポーツカーたち パート2

クルマ好きの心をワクワクさせるスーパーカーやスポーツカー達…環境問題がクルマ造りのテーマになってもそれは変わりません。そんなクルマ達の市販化の話となると当然注目されます。今回はそんな注目されつつも、残念ながら市販化に至らなかったスポーツカーやスーパーカー達をご紹介!たまには「タラ...

  
1776

専用設計され、エンジンは手作業なのに、なぜR35 GT-Rは安いのか?

クルマ好きなら誰もが知っている「R」のバッジを付けた日産のスポーツカー、GT-R。欧州の高級スポーツカーの代表格である「ポルシェ911ターボ」と同格以上の動力性能・耐久性・実用性を兼ね添えながら、価格は911の2分の1ほどの超破格のプライスで世界中から注目を集め、数多く販売されて...

  
6486

鉄仮面や水中メガネなど…クルマの面白い愛称5選

クルマはカローラやノートといった正式な名称があります。しかし人気の高いクルマはAE86やR32のように車両の型式で呼ばれることも多いです。今回紹介する5台は正式な名称や型式ではなく、まったくクルマに関係のない“愛称”で呼ばれるクルマとその由来を紹介します。文・萩原文博

  
2738

高性能エンジンオイルの代名詞「100%化学合成」「エステル」って一体何?

高級エンジンオイルの容器を見ると「100%化学合成」とか「エステル」という言葉が書かれています。これは一体どういったものなのでしょう。そこでSUPER GTをはじめとするモータースポーツの世界を支えるエンジンオイルの製造をするMOTULでレーシングカーをはじめとする様々なエンジン...

  
6486

エンジンオイルにとって重要な「粘度」って一体何?

寒い冬が終わり、そろそろ暖かくなりおでかけしたくなる季節。長距離ドライブに行く前に古くなったエンジンオイルを変えてみてはいかがでしょう。ですが量販店に行くと「0W20」とか「5W30」というような数字を見たことはありませんか? そこで今回、長年レーシングカーや市販車のエンジンオイ...

  
12061

【MOTULに聞いた】余ったエンジンオイルはどうすればいいの?

エンジンオイルを交換すると、大抵余ったりしませんか? 勿体ないからと貰ってきても、どうすればいいかわからない…。そこで余ったエンジンオイルの使い方について、エンジンオイルメーカーMOTUL R&Dで長年オイルの研究・開発をされている工学博士で取締役の新井さんに、オイルの保管方法や...

  
46074

埋もれちゃいけない名車たち vol.41 ツーリングカーレースの定番「日産 サニー・クーペ1200G...

今ではファミリーカーといえばミニバンと相場が決まっているけれど、その昔、小さなセダンがそのカテゴリーの定番だった時代が長いことあった。同時に小さなセダンをベースにした小さなクーペが若者にとっての格好のアイテムであり、ギアであり、スタイルでもあった。もはや日本では絶滅しzしまった小...

  
1664

オートバイメーカーの手掛けたスーパー・スポーツカー

オーストリアのKTMがオートバイのメーカーであることは先刻御承知であろうが、自動車、それもかなりリアルなスポーツカーを作っていることを御存知ない方もおられるかも知れない。text:嶋田智之 photo : KTM [aheadアーカイブス vol.132 2013年11月号]

  
4332

公道を走らないスーパーカー

最初に「えっ?」と思わされたのは、2005年のこと。さすがにコレはキビシイでしょ……という大方の予想を覆し、すんなり完売しちゃったからだ。そのクルマは、フェラーリFXX。エンツォをベースにして、1155㎏の車体に800ps。29台限定で、価格は2年間の走行プログラムや各種メンテナ...

  
3287

バックミラーに変わる未来のバックモニター

レースの世界では、カメラで捉えた後方の視界を車内のモニターに映すシステムが浸透しつつある。乗用車で言えば、シフトレバーをリバースに入れた際に起動するバックモニターが、常時オンになっているようなものだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.152 2015年7月号]

  
2260

パドルシフト、シフトレバー…AT車のマニュアルモードの効果的な使い方

ATやCVT、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)やシングルクラッチの2ペダル車などに用意されているマニュアルモード。積極的に使っている人やほとんど触れたことがないという方まで、ドライバーによってまちまちだろう。どんなシーンで使えばいいのだろうか。文/写真・塚田勝弘

  
10919

なぜオートマなのにマニュアルモードがついているの?

オートマチックトランスミッション、略称「オートマ」はシフトチェンジという行為からドライバーを開放してくれた。にも関わらず、なぜ多くのオートマにおいてシフトレバーのシーケンシャル操作やパドルシフトを採用しているのだろうか。文・山本晋也

  
18954

なぜRF(リアエンジン・フロントドライブ)の車が存在しないのか?

クルマの駆動輪とエンジン搭載位置の関係はと聞けば、大きく3つのレイアウトが思い浮かぶことだろう。オーソドックスなFR(フロントエンジン・リアドライブ)、現在の多数派であるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)、そしてレーシングカーやスーパーカーに多く見られるMR(ミッドシップ...

  
7024
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives