「レーシングカー」の検索結果(120件)

記事

車のローダウンによるタイヤへの影響は?内側が減りやすい?

カスタムメニューの定番として、ローダウンがあります。このローダウンは、見映えだけでなく走行性能にも大きな変化を与えますが、タイヤの編摩耗・過剰摩耗が発生する可能性もあります。それはなぜでしょうか?

  
3490

いまさらだけど…F1の速さが異常!GTと比較してみた

GTとF1。いくらGTでも、さすがにF1にはかなわないくらいは、誰もが想像出来るでしょう。ですが、まさかここまで違うとは想像出来なかったのではないでしょうか?-------------------------------------------------------------...

  
13687

360モデナからF430、そして488まで。近代スモールフェラーリが目指したもの

360モデナの後継として2004年にデビューしたスモールフェラーリ、F430。初年度登録から10年以上が経過したモデルにも関わらず、中古市場ではまだまだ高値を維持しています。その理由は、どういったところにあるのでしょうか?

  
1241

BMW Z1や三菱 ジープなど…ドアのない車5選

クルマといえばドアを通じて乗り込んだり荷物を載せたりしますよね。これはある意味クルマの常識とも言えます。ところが、そんな常識から逸脱したドアを持たない車があることをご存知ですか?

  
3043

上質な乗り心地を実現する「HKS ハイパーマックスG」に待望のWRX・レヴォーグ用が登場!

サスペンションキットの交換と聞くと、運動性能はアップするものの乗り心地などの快適性が失われるとお思いの人も多い事でしょう。しかし、HKSがリリースするハイパーマックスGは、上質を追い求める人のために新しいアプローチで作られたサスペンションキットです。リリースより1年ほど経って車種...

  
1548

新型NSXにも採用されたドライサンプとは?ウェットサンプとなにが違う?

デリバリー開始から約半年、まだまだ目にする機会の少ない新型NSXですが、その特色のひとつがエンジンにドライサンプを採用していることです。通常の量産車ではあまり採用されず、初代NSXでも採用されなかったドライサンプとは、どんな機構なのでしょうか?また、一般量産車のウェットサンプとな...

  
6571

発表のタイミングが悪かった?お蔵入り国産スーパーカー7選

スーパースポーツと呼べる車両が少ない日本ですが、かつてはさまざまなスーパーカーが開発されました。世界各地のモーターショーで華々しくデビューしたそれらのなかには、公道を走った車もあれば、価格も決まって市販寸前までこぎつけた車もありました。しかし、バブル崩壊やリーマンショックといった...

  
19020

新型ジュリア誕生!ライバルはBMW 、メルセデス、レクサス!?

アルフィスタと呼ばれる熱狂的な支持者も多いアルファロメオ。そんなアルフィスタにとって特別な、ジュリアの名を冠した新型モデルが、まもなく日本でも発売になります!

  
3845

昔、よく見かけたエンジンの空ぶかし…どんな効果があったのか?

エンジンの空ぶかし。いまでもたまに、スポーツカーが信号待ちで行っているのを見かけます。スポーツカーのようなエンジン音にもこだわっている車であれば、なんとなく空ぶかしもさまになるような気もしますが、それ行ったらからといって、なにか効果があるのでしょうか?それとも、レーシングカーの空...

  
6432

モデルもこなす美人レーサー塚本奈々美ってどんな人?

「美人すぎるレーシングドライバー」としてのレース活動はもちろん、テレビ出演や雑誌でのコラム執筆、モデル活動まで幅広い分野で活躍を魅せる塚本奈々美さん。今回は塚本さんご本人に直撃し、レース活動から愛車の話まで、いろいろお話をお伺いしてきました!

  
7109

レーシングハイブリッド「THS-R」ってなに?

トヨタのハイブリッドシステムが、THSです。このTHSをレース用に転用したものが、THS-R。2005年のレース参戦当初は量産に近いシステムでしたが、年々進化し、いまやTHSの限界を引き上げる実験的な側面も持ちます。

  
1253

期待を裏切らないポルシェ911の完成度

環境問題に対処するため、ヨーロッパのメーカーは、こぞってエンジンのダウンサイズを進めています。スポーツカーメーカーであるポルシェも、その例にもれず、フラッグシップの911カレラでは、ダウンサイジングターボをリアに搭載しました。911には、1970年代からターボエンジンを積んだ91...

  
2057

鋳造ホイールは鍛造ホイールに負けていない? モータースポーツで証明される実力。あなどれない鋳造ホイー...

アルミホイールといえば車両のイメージを大きく変えるアイテムです。最近では純正アルミホイールのデザインも進化してきていますが、やはりこだわりのあるユーザーは社外ホイールをチョイスすることが一般的ですよね。その中でもスポーツ系の車種に乗っている人であれば、デザインはもちろん性能にもこ...

  
6109

ブレーキキャリパーの取り付け位置が、車種によって異なる理由って?

普段、あまり気になるものではありませんが、注意してみると、自動車のブレーキキャリパーは、車種によって進行方向の前側に付いていたり、後ろ側に付いていたりしています。フロントとリアでも、違う側についている場合もあります。なぜ場所を統一しないのでしょうか?これには、なにか目的がありそう...

  
6896

なんと6,000万円!! ホンダ NSX GT3の売れ行きはどうか?

2017年7月27日、ホンダはプライベートチーム向けにレース専用車両である「NSX GT3」の受注を発表、翌日より受付を開始しました。FIA公認GT3レースにエントリー可能なNSX GT3とは、どのようなマシンなのでしょう?また、その売れ行きはどうなのでしょう?

  
13661

新型NSXのタイプRは、誕生するのか?

2016年に復活したホンダのフラッグシップスポーツ、NSX。駆動方式をハイブリッドAWDとして走行性能と環境性能を両立。2,370万円という価格も話題となりました。さて、そうなると気になるのが次の一手、そう!タイプRの存在です。

  
5693

718ボクスターSから感じるポルシェの魅力とは?

2016年、搭載エンジンを伝統の水平対向6気筒から、水平対向4気筒ターボに変更したポルシェ ボクスター。往年のレーシングカーを想起させる718を車名に追加し、原点に回帰したモデルとも言えます。しかし、口さがないクルマ好きからは、エンジンがダウンサイズされたことによるネガな意見も聞...

  
2018

レクサスの新旧フラッグシップ、LFAとLCの違いとは?

レクサスのフラッグシップスポーツクーペとして2017年にデビューしたLCと、2010年に世界限定500台でデリバリーされたスーパースポーツLFA。いずれもレクサスのブランドイメージを体現するスポーツクーペです。はたして、この2台には、どんな違いがあるのでしょう?レクサスのLFAの...

  
7431

最高額40億円!? 高額で落札されたヒストリックカー5選

自動車から内燃機関がなくなる日もそう遠くないと思わせるニュースが絶えない昨今ですが、富裕層の投機対象にもなっているヒストリックカーの人気はとどまるところを知りません。今回は、近年、高額で落札された注目のヒストリックカーを5台、ピックアップしてみました。※画像は、すべて落札された車...

  
1277

BBS鍛造ホイールは何故高い?理由解明のためBBSジャパン本社工場へ潜入。

モノはいいけど、値段が高い・・・。前回のユーザーアンケートでも、既存ユーザーですら価格で悩む・・・。BBS鍛造ホイールは、決して安いものではないことは多くのユーザーに知られています。しかし、他社のアルミホイールと何が違うのでしょうか?CarMe編集部では疑問が生まれました。それを...

  
18723