「レガシィ」の検索結果(137件)

記事

【やっぱり少ない?】レヴォーグの収納スペースの大きさと数を徹底チェック

スバルから発売された人気スポーツツアラーのレヴォーグ。広い荷室・ラゲッジスペースを活かした使い勝手の良さや引き締まった足回りと剛性感を感じる乗り心地が好評で相変わらず売れ行きは好調のようです。しかも・・・最近は走りに特化したSTIスポーツを発売して、さらに売れ行きを伸ばしているよ...

  
463

【試乗して分かった!】スバル レヴォーグの内装の3つの欠点とは?

レガシィツーリングワゴンの後継車種として発売されたスバルの人気ステーションワゴンのレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)。2016年7月には新グレードとして、”STIスポーツ(STI Sport)”を発売してさらに注目度がアップしていますね。剛性感を体感できる走破性や取り回しのしや...

  
14107

覆面パトカーなどのナンバープレートは決まっているの?

覆面パトカーの見分け方としては、「採用例の多い車種」、「アンテナや上下2段式のルームミラーが装備されている」、「ヘルメットを被った2人組が前席に乗っている」、「リヤがスモークガラス」などがある。では、ナンバープレートの表記に法則はあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
62643

2ドアセダン?4ドアクーペ?どのように見分けるのか代表車種を踏まえてご紹介!

クルマの車体形状を示す言葉はいろいろあります。コンパクトカーや軽自動車に多い荷室と乗員スペースがいっしょになっているカタチは「ハッチバック」と呼ばれますし、そのままラゲッジスペースを大きくすると「ステーションワゴン」と呼ばれることもあります。トランクの付いた乗用車の基本は「4ドア...

  
7408

ガラス交換のプロに聞いた!飛び石の対処や車のガラスの気になる疑問

筆者のレガシィツーリングワゴンのフロントガラスに、盛大にヒビが入ってしまったことであえなくガラス交換となりました。その際の記事については、「4万円弱で!飛び石…アイサイト搭載車のガラス交換をしてみた【実録】」をご覧ください。車のガラス交換をした際に施工のプロに日頃気になっていた、...

  
1759

4万円弱で!飛び石…アイサイト搭載車のガラス交換をしてみた【実録】

最近のスバル車は一部の車種を除き、アイサイトが標準装備となっている車種がほとんど。車に乗っていれば、ガラスに飛び石が当たり、傷やヒビが入ってしまうこともたまに起こります。アイサイト車のガラス交換は費用が高いという噂がありますが、実際はどうなのでしょうか?その実態を調べてきました。...

  
8297

RX-8、S-MX…1代限りで消えてしまった車たち8車種

トヨタ「クラウン」は現行モデルで15代目、日産・スカイラインは13代目と、何十年も続くブランドネームがある一方、1世代限りでひっそりと消えてしまう車名も少なくないもの。しかし、短命だったからといって必ずしも車のデキが悪かったわけではなく、惜しまれながらブランド終了を迎えた車種も…...

  
51511

シーマやセンチュリー…300馬力以上を誇るハイパワーな国産車7つ

かつては自主規制により、どんなスポーツカーでも280馬力に抑えられていた国産車も、今では日産「GT-R NISMO」の600馬力を筆頭に、300馬力オーバーの車が続々登場してきました。今回は、2019年4月1日現在で販売されている国産車の中から、あえてスーパーカーを除いた300馬...

  
59536

新型レガシィアウトバックの人気色をご紹介!【ディーラーに聞いてみた】

2017年10月にマイナーチェンジをおこなった、レガシィアウトバック。新色を含めて10色ものカラーラインアップがあります。この記事では、各カラーの特長と人気色について、説明していきたいと思います。2017/12/13

  
4194

新型レガシィアウトバックの安全性能レビュー【改良されたアイサイトの性能はどう?】

新型レガシィアウトバックにはアイサイトという運転支援システムが装備されています。マイナーチェンジにより、アイサイトがver2から、ver3に進化。より安全に関して充実した装備となりました。この記事ではそのアイサイトについて、説明していきたいと思います。2017/12/13

  
1554

新型レガシィアウトバック試乗レビュー【アウトドアでの走りはどう?】

マイナーチェンジされた新型レガシィアウトバックのスペック、試乗した感想についてご紹介します。2017/12/14

  
20708

新型レガシィ アウトバック外装レビュー【 ライトが動いて夜道の見やすさがアップ!】

2017年9月にマイナーチェンジが発表された、レガシィ アウトバック。今回の記事では、見た目や機能の変化について、お伝え致します。※画像はすべてアウトバックリミテッドです。2017/12/12

  
2529

新型レガシィアウトバック荷室レビュー【荷室の広さ、使い勝手はどう?】

レガシィ アウトバックは、ワゴンタイプですので、荷室の広さも期待できます。今回は、荷物の積みやすさや、使い勝手について説明していきたいと思います。2017/12/18

  
4584

新型レガシィ アウトバックインパネレビュー【 スポーティーかつ上品な仕上がりに】

2017年9月4日にマイナーチェンジした新型レガシィアウトバック。この記事ではアウトバックのインパネ周りについて解説します。

  
6682

新型レガシィ アウトバックの維持費【乗り出し価格、燃料代、月々のローン、車検費用はいくらぐらい!?】

2017年10月にマイナーチェンジされたレガシィ アウトバック。この記事では乗り出し価格、燃料代、月々のローン、車検費用についてご紹介します。2017/12/12

  
26374

新型レガシィアウトバックシートレビュー【シートの座り心地、機能をご紹介】

2017年9月4日に発売された新型レガシィアウトバック。この記事ではシートの素材、座り心地、機能についてご紹介します。2017/12/19

  
4595

忘れられないこの1台 vol.63 スバル・レガシィツーリングワゴン

私が初めて所有したクルマはレガシィだ。やっぱり水平対向だよ、AWDでしょ! だって安定感がちがうし、走りを追求したレイアウトがたまらないよね!! なんていうスバリスト的理由からではない。text : 山下剛 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
1196

スバルレガシィB4や三菱エクリプスクロスなど…実力はあるのに惜しくも不遇の名車5選

「不遇」とは才能や能力は高いのに世間的に認められていない状態を指す言葉。クルマにとって世の中に認められていないことを、売れていないと仮定して、現在の販売ランキングでは下位に沈んでいるクルマの中から、素性の良いモデルをピックアップしてみよう。文・山本晋也

  
22983

スバル フォレスターで確認した、雪道における「e-BOXER」のメリット・デメリット

2019年の冬もスバルは雪国で公道試乗会を開催した。2018年は青森県の酸ヶ湯温泉を目的地にインプレッサとSUBARU XVというSGP(スバルグローバルプラットフォーム)に基づく新世代モデルで八甲田山エリアを走破するというプログラムだったが、2019年は山形県月山付近を肘折温泉...

  
18686

名車誕生の"アタリ年"!1989年に生まれた日本車10選

2019年の春で平成が終わり元号が変わります。平成が始まった1989年、日本はバブル景気の真っ只中にあり、クルマ業界では、世界に影響を与えた名車が次々に誕生した“アタリ年”でもありました。今年30年目を迎える1989年発売の日本車には、どんなモデルがあったのでしょう。文・立花義人

  
13650
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives