「ルーフ」の検索結果(452件)

記事

たった8分で手洗い洗車完了の裏技をご紹介!冬にこれは便利すぎる…

冬の洗車は車が好きでないと厳しいし、暖かい日でも1~2時間は取られてしまうため洗車が億劫になっている方もいらっしゃるかと思います。ちょうどCarMe[カーミー]編集部のメンバーが洗車した際にやはり寒いし時間がかかるということで、より手軽に・簡単に・時短できる洗車方法がないかリサー...

  
29543

新型ジムニーシエラ、「JC」と「JL」どちらのグレードが売れている?人気ボディカラーは?

先代の1.3Lから「K15B」型の1.5Lエンジンに排気量アップが図られたジムニーシエラ。軽自動車のジムニーが同モデルの本筋なのは間違いないとはいえ、速度域の高い郊外路や高速道路も頻繁に走るとなると、新型はとくにジムニーシエラの存在感が高まるのは必至だろう。ジムニーよりも生産台数...

  
2208

「軽だからってナメるなよ!?」走って楽しい軽自動車5選

日本独自の自動車規格である軽自動車。コンパクトなボディや価格の安さを魅力に、国内新車販売の3割〜4割を占める人気カテゴリーとなっています。一方で普通車にくらべると、排気量制限によるエンジンパワー不足など、なにかと劣るイメージがあります。とはいえ走る楽しさは、絶対的なパワーだけで語...

  
3181

2018年を代表する新型SUV「スズキ ジムニー」の売れ筋グレードは?

本格クロカン系からスーパースポーツカーブランドの超高級SUVまで、2018年も新型SUVが続々と登場した。日本市場でクルマ好き以外からも注目を集めた1台を取り上げるならやはりスズキ ジムニーだろう。20年ぶりにフルモデルチェンジを受けた最新モデルの売れ筋グレードは?文/写真・塚田...

  
19916

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.110 グラフィックボードと自動運転

パソコンに詳しい人、とくにPCでゲームを楽しんでいる人であれば、NVIDIAというメーカーのことをよく知っているだろう。PCでゲームを楽しむのに不可欠な高性能グラフィックボードの最大手である。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
283

ボンネットに過給器や立体エンブレムなどの突起物。車検は通るの?

ハリウッド映画を観ていると、ボンネットからエンジンの中身?が飛び出てしまったようなアメ車が登場してくる。文・塚田勝弘

  
2020

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.108 白と黒のボディカラーが55%

モータージャーナリストの大先輩である故徳大寺有恒さんはクルマの色にとてもこだわる人だった。僕が「クルマ買い換えたんですよ」と話しかけると、まず最初に「で、色は何にしたの?」と聞かれたし、ご自分のクルマについても「今度○色の××を買ったんだよ」という説明のしかたをされた。徳大寺さん...

  
969

【吉田由美のYou & Me】災害時に家にも人の心にも灯りをともす日産 リーフ

新型車が出るとわーっとメディアを賑わせますが、時間を追うごとにその情報は先細り。そんな中で、ちょこちょこ話題を提供してくれるのが日産 リーフです。文・吉田由美

  
2553

約2倍の価格に!? レクサスのハイパフォーマンスモデル”F”とは?

トヨタ自動車ゆかりの富士スピードウェイの頭文字を冠したレクサス”F"モデル。レクサスの豊富なラインナップのなかで、選ばれたスポーツモデルのみに設定される”F”とは、どんな車に仕上がっているのでしょうか?内容も価格もスペシャルな”F”を、ベースモデルと比較しながら解説します...

  
3902

お金はないけどこれなら買える!? 現行お手頃国産スポーツカー4選

スポーツカーといえば、流麗でカッコいい2ドアクーペで、"走る歓び"や"所有する歓び"を与えてくれる存在。そんなイメージで、どうしても高価な車だと思われがちです。実際、ホンダ NSXや日産 GT-Rなど高級路線で販売されるスポーツカーもありますが、そ...

  
11759

輸入車初の軽自動車!「スマートK」とはどんな車?

軽自動車は、日本独自の規格です。その規格を満たせば、輸入車でも軽自動車として登録できますが、多くは全幅だったり排気量だったりが規格を満たせず普通車登録になっています。そのような状況下で、過去に「スマートK」というモデルが輸入車として初めて軽自動車に登録されていたことをご存じでしょ...

  
11384

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.106 ディーゼル車規制の本質

2月末、深刻化する都市部の大気汚染を受け、ドイツの連邦行政裁判所が、各地方自治体が古いディーゼル車の乗り入れ規制を行うのは合法だという判断を下した。このニュースは日本でも大きく報道されたので覚えている人もいるだろう。問題は、ほとんどが「古い」という部分を抜いて伝えていたこと。その...

  
1558

自動車のプロがおすすめする洗車グッズ17選!これでもう迷うことなし!

洗車は面倒な作業だが、愛車を長持ちさせるには必要なもの。普段気持ちよく乗るためにも、洗車や磨きは定期的に行っておこう。洗車や磨きを少しでも円滑に行う上で大切なのが、その専用グッズだ。今回は、便利で優れモノのおすすめ洗車&磨きグッズをご紹介していきたい。

  
8724

GT-R 50を手がけたイタルデザインのカッコいいクルマ3選

世界屈指のデザイン会社「イタルデザイン」と日産の提携により誕生した『Nissan GT-R50 by Italdesign』が話題になっています。この特別なモデルとともに、近年、イタルデザインが手がけたカッコいいクルマを紹介します。文・立花義人

  
2457

目指せ!カントリージェントルマン VOL.9 勇敢な先駆者に思う

アクアラインの直線路でボルボの先進安全・運転支援システムであるインテリセーフの出来に感心していたら、ウーバーの事故のニュースが飛び込んできた。完全自動運転の実証実験中にテスト車輛が女性をはね死亡させたというのだ。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.1...

  
326

モタスポ見聞録 Vol.13「レーシングカーが先」のスープラ

3月のジュネーブモーターショーでトヨタが「スープラ」を発表した。正確には「GR Supra Racing Concept」である。2002年に生産を中止したスープラを16年ぶりに復活させたことになるが、市販車より先にレーシングカーとして復活させたことに意味がありそうだ。text:...

  
726

全幅2メートルの堂々たる体躯!BMWの新型SUV「X7」とは?

BMWの誇るSUV、Xシリーズに、待望のフラッグシップがついに登場します。「X7」と名付けられたハイエンドモデルは、堂々たる体躯、圧倒的なラグジュアリー感、あらゆる路面状況でも揺るぎない走行性能など、すべてがワンランク上の仕上がり。BMWのこだわりが凝縮された、X7を検証してみる...

  
3809

4年振りの復活!ホンダ新型インサイト、3度目の正直となるか!?

先日、ホンダは新型インサイトを2018年の冬に発売することと発表、同時に公式ティザーサイトでは一部の写真も公開しました。今回は、4年振りに復活する3代目インサイトの情報をお届けします。文・吉川賢一

  
3453

埋もれちゃいけない名車たち vol.67 魔性の色気「フェラーリ・456GT」

〝色気〟もしくは〝官能〟というキーワードでクルマを眺めるとき、誰もがパッと思い浮かべるのは、やはりイタリアンだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
1178

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.101 EV報道の真実

最近、いろいろなメディアでEVにまつわる記事を目にするようになった。ついにEVの時代がやってきた! といった前のめりの姿勢で、IT系や経済系のライターさんたちがこぞってEV関係の記事を書き出したからだ。もちろん、それ自体は悪いことではない。いろいろな人がクルマの話題を採りあげるの...

  
2100
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives