「リブ」の検索結果(61件)

記事

野生であれ、紳士であれ

「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」フィリップ・マーロウの台詞の意味が分かりかけてきた。相反するWild=野性とGentle=紳士。タフなだけではない。優雅なだけでもない。人生の折り返し地点を越えた今だからこそ、自らを安らぎ、鼓舞するクルマが求めら...

  
53

クルマのレスポンスを左右する重要な部品「フライホイール」の原理と役目

数あるエンジン部品のなかにあって、もっともシンプルな構造で重たい部品がフライホイールです。エンジンをスムーズに回すという基本的な役目を担いつつ、一方でクルマのレスポンスを左右する重要な部品です。今回は、このフライホイールの原理や役目について紹介します。文・吉川賢一

  
10501

タイヤ溝のデザインはどうやって決めているの?

黒くて丸くて、一見どれも同じように見えるタイヤ。ですが、溝のデザインはそれぞれ異なり、その種類は無数に存在します。今回は、タイヤ溝のデザインがどのように決められているのか紹介します。文・吉川賢一

  
3588

ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスはつい先頃、新型SUV「カリナン」のティザー画像を発表しました。同社初のSUVとなるカリナンは、はたしてどんな車になるのか、検証していきたいと思います。文・山崎友貴

  
2849

マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

2017年2月、人気のオフロード4WD「Gクラス」のバージョンのひとつとして登場した「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」。G63AMG 6×6を彷彿とさせるスタイリングで巷の話題を呼びました。今回は、このモデルにスポットを当ててみたいと思います。文・山崎友貴

  
17856

眠くなりがちな高速道路には、さまざまな工夫がされていた!

高速道路の良い点は、基本的に交差する道路がなく、一般道よりも速い速度で目的地まで移動できることです。その反面、運転が単調になりがちで、ときには睡魔に襲われることがあります。そんな万が一のために、日本の高速道路にはドライバーを眠気から覚ますある工夫が盛り込まれているのです。

  
8886

ヘルメットの種類 Vol.3 二輪

ヘルメットの種類を紹介する本企画。最終回はアライの二輪用ヘルメットについて詳しく解説する。アライの「安全に対する徹底したこだわり」の根底には、社長を筆頭に社員ひとりひとりが「自分たちもライダーである」という強い思いがある。text:伊丹孝裕  [aheadアーカイブス vol.1...

  
865

熟成の域に達した3気筒の雄 Triumph DAYTONA 675R

世界中のスポーツバイクを集めて一斉にエンジンを掛けたとしても、独特のサウンドですぐに聞き分けられるのがトライアンフの3気筒ユニットだが、そのアイデンティティを確固たるものにしたのは「デイトナ675」シリーズといえるだろう。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 撮影協力・トライ...

  
26

日産 新型アルティマが登場。日本への導入の可能性は?

日産自動車は、ニューヨークモーターショー2018で、4ドアセダンの新型アルティマを世界初公開しました。この新型アルティマには、可変圧縮比エンジン「VCターボ」、運転支援システム「プロパイロット」など、日産が持つ最先端技術が織り込まれています。今回は、この新型アルティマをみていきま...

  
6082

忘れられないこの1台 vol.47 シトロエンDS

シトロエンDSDSはトラクシオン・アバンの後継車として1955年に生まれた。1個の油圧ポンプで送り出したオイルプレッシャーで、サスペンション、ギアボックス、ブレーキ、そしてステアリングまでもコントロールしている。全長4,800㎜ながらホイールベースは3,125㎜もあり、さながら宇...

  
45

デザインがモノを選ぶキモになる キスカデザインが造ったKTM

スピードに陶酔したいだとか、映画で憧れの主人公が乗っていたから、などという理由で、勢いのままバイクを選ぶ年齢ではなくなった。かといって、流行りのブランドにすがる時代ではないことも分かっている。text:桜間潤 photo:長谷川徹  [aheadアーカイブス vol.118 20...

  
66

実用的なスタンダートタイヤ KUMHO ecowing ES31をテスト

CarMe編集部ではこれまで、クムホタイヤの実力を確認するためいくつかのタイヤを評価してきました。いずれのモデルも期待を裏切らない高い性能を見せつけてくれましたが、これはすべてプレミアム系タイヤでの話。真の実力というのはベーシックなモデルを評価してみないとわからないということで、...

  
4011

デザインに現れた「走破力」

ようやくiPhone5発売の狂想曲も一段落してきた。流石に今回のデザインもいい。できることならカバーに入れず、素のまま使いたいものだ。text:河村 大 photo:山岡和正 取材協力:グランデコスノーリゾート [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
234

2018年新登場SUV専用タイヤ KUMHO CRUGEN HP71 は走りもデザインも文句なし?

SUVに装着されるタイヤは、普通の乗用車用と比較すると操縦安定性や快適性などの点で負担が大きくなりがちなもの。なぜなら、SUVは構造的に車重が同クラスの乗用車より重くなることに加え、重心も高くなってしまうからです。また、近年でこそオンロードの基本性能が高められているが、ロードノイ...

  
5733

正統派ヨーロピアンスポーツタイヤKUMHO ECSTA PS71の実力は?斎藤聡が徹底インプレッショ...

2018年春、クムホタイヤジャパンより新しくKUMHO ECSTA PS71がリリースされました。以前、私たちCarMe編集部では、KUMHO ECSTAシリーズのトップレンジPS91のテストをモータージャーナリストの斎藤聡氏に託しました。その際の高評価は編集部では韓国製タイヤへ...

  
8905

トナカイやネズミ、猫など…動物の名前がついた車8選 part3

動物の名前を車名にした車シリーズPart1、Part2に続き、今回はすでに絶版となった車種から現在発売中の車種まで、バラエティに富んだラインナップになっています。

  
4641

忘れられないこの1台 vol.47 シトロエンDS

「クルマ1台分くらい後ろに下がって、斜め30度の角度から眺めたときにビシッと映る。それがいいクルマの条件なんだよ」。まだ掛け出し編集者時代、徳大寺有恒氏との同行取材時に教えていただいた言葉である。text:堀江史朗 [aheadアーカイブス vol.125 2013年4月号]

  
1341

抜群のコスパを誇るハイグリップスポーツタイヤ「NEXEN N Fera SUR4G」が5月にデリバリ...

“良い商品を買いやすい価格で“という「スマートチョイス」をモットーにさまざまなタイヤをリリースし続けているネクセンタイヤジャパン。最近注目を集めつつあるオールシーズンタイヤを始め、SUV向けからコンフォート向け、ベーシックタイヤまで幅広いラインナップを誇っていますが、その中で唯一...

  
4718

道とクルマと未来のコト

地球環境への配慮、高齢化社会への対策。私たちは今、否応なくそれらの問題と向き合わなくてはならない。どうしたらクルマの魅力を失わず、誰もがハッピーになれる未来を描けるか。自動車先進国ヨーロッパに、ヒントはありそうだ。text:森口将之 photo:長谷川徹、森口将之、RENAULT...

  
36

埋もれちゃいけない名車たち VOL.24 予想外、世界で人気のリゾートカーに「ミニ・モーク 」

〝夏〟といえばヴァカンスである。今年の日本の場合はカレンダーに合わせてお盆休みをとるなら9連休。楽しい休日を思い浮かべながら、その相棒として近頃流行のクロスオーバーSUVあたりが欲しいなぁと夢想している方もいらっしゃるだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol....

  
629
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives