「リフトアップ」の検索結果(26件)

記事

20年間お疲れ様ジムニー!新型はどんな姿になって登場する?

2018年2月いっぱいで受注を終了したスズキのSUV、ジムニーとジムニー シエラ。1998年の発売以来、20年間にわたって販売され続けてきた、超ロングセラーな名車です。次期モデルは今年の夏に発売される見込みですが、今回は従来型の魅力と新型の予想をお伝えしましょう。文・山崎友貴

  
5439

話題の新型ハイラックスにAXCR(アジアクロスカントリーラリー)で培った技術を注いだJAOSのカスタ...

トヨタのピックアップトラックとして長年人気を集め続けていたハイラックス。残念ながら日本国内での販売は2004年の6代目の終了をもって途切れてしまっていましたが、海外では生産販売が続けられており、2017年9月に再び日本での販売も開始されています。このハイラックス日本導入を待ち焦が...

  
4858

オフ系パーツメーカーJAOSがこだわるSUVのリフトアップとは?

SUVの魅力と言えば、やはりその高い走破性でシーンを選ばず走行が可能というところでしょう。そして、スポーツカーのユーザーがコーナリング性能を高めるために車高を下げるのと同じく、SUV・4WD車ユーザーもまた走破性を高めるために車高を上げる(リフトアップ)ことが少なくありません。最...

  
9828

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.54 軽自動車税のあり方とは

軽自動車の保有にかかる税金が現行の年7200円から1万800円へと大幅に引き上げられる見込みだ。しかも普通車の税金は据え置き、軽自動車だけを増税するものだから、金持ち優遇、庶民いじめなどと批判はヒートアップするばかり。たしかに公共交通の発達していない地方では買い物に行くにも通勤に...

  
19

フェアレディZが雪道をスイスイ走る!? 日産が公式に改造!

2018年2月は東京都心部にも積雪があり、首都高速をはじめ各所で通行止めや立ち往生が続出。雪道の走行には十分な装備が必要なことを、あらためて思い知らされることになりました。しかし、北米日産が作ったフェアレディZなら、そんな心配は必要ないかもしれません。やっちゃえ日産!

  
7472

【東京オートサロン2018】ローダウンもリフトアップも!オーナーのテイストに合わせたJAOSのモディ...

流行のSUVモデルのカスタマイズを手掛けるJAOS。SUVの持つクロスオーバーな魅力を様々提案しています。

  
6924

使い方いろいろ、新型ハイラックスを選ぶ理由

2017年9月、日本で13年ぶりにハイラックスが復活しました。ピックアップトラックという日本では希有な存在のハイラックス。どんなクルマで、どんな使い方ができるのでしょうか。

  
9188

グランドチェロキーのミニ版!? ジープ コンパスが大変身!注目ポイントは?

2006年より販売されているジープ コンパスのモデルチェンジが、2016年に米国で行われ、日本でも2017年12月2日より販売されることになりました。2代目コンパスは、どのようなクルマになったのでしょうか。

  
9897

ジムニー、ランクル…よく見る四駆のリフトアップにはどんな効果がある?

ジムニ―やランクルといったクロカン系のモデルでよく見られる定番カスタマイズがリフトアップです。見た目の変化はもちろん、どのような効果があるのでしょうか?

  
36694

車の片方の駆動輪を回すと、反対側のタイヤが逆回転する理由とは?

車をリフトアップして4輪とも浮かせた状態で、片方の駆動輪を回してみましょう。すると、反対の駆動輪は逆方向に回りますよね?普通に走っていたら起こるはずのないこの動きは、どのような仕組みから生まれているのでしょうか?

  
15711

アイポイントが高いクルマのメリットとデメリット

2017年現在人気のSUV、各社こぞってニューモデルを投入している最も刺激のあるカテゴリーといえるでしょう。また、安定した人気のミニバン。こうしたモデルのメリットとして、「アイポイントの高さ」による運転のしやすさが挙げられます。しかし、本当にメリットだけなのでしょうか?

  
20951

車のシャーシ部分って洗う必要があるの?洗い方は?

愛車の洗車に気合を入れている方は、多いのではないでしょうか。自身で洗うもよし、ショップやガソリンスタンドで洗うもよし…。ボディの美しい輝きは、満足感を得られるものですよね。しかし、車体の下回りやシャーシ部分となると、洗車をする、しないで分かれるのではないでしょうか。

  
36075

クロカンカスタム車にある、Aピラー横の煙突の正体とは?

クロカン4WD車が、普通の乗用車はもとよりクロスオーバーSUVより優れた悪路走破性を持つのは周知の事実です。その性能は、最低地上高を上げ、より大径タイヤを履くリフトアップなどで、さらに高まりますが、加えて上に向かって伸びるパイプが存在することも。その正体は何でしょう?

  
33508

車高調とダウンサスの違いとは?

車のローダウンに必要なパーツとして、まず挙がるのが「車高調」そして「ダウンサス」。どちらも車高を下げる役割を持ちますが、モノ自体はまったく異なります。この2つのパーツは、どう違っているのでしょう。

  
36268

歴代アウトランダー…あなたはどれが好み?!

三菱 アウトランダーは、現行モデルが2代目となります。ここでは、2005年に発売された三菱エアトレックを含めた、歴代3モデルについて紹介しましょう。

  
14131

釣り好きに朗報!釣り専用キャンパー『つれるんだー』ってナンダ?

近年盛り上がっている軽キャンパーに、新たなムーヴメントを巻き起こすか?車好きには釣り好きが多い、あるいは釣り趣味が高じているうちに車選びの目利きが鋭くなった人もいますが、そんな人向けの"釣り"にひたすら便利な軽キャンパー、その名も『つれるんだー』。この車を使えば、...

  
22349

仕事に遊びに大活躍のリフトアップ軽トラ「SAMURAI PICK UP シリーズ」に注目!

悪路走破性が高いクルマといえば、クロカン4WDのような無骨なクルマを思い浮かべると思います。しかし、パワートレーンの高い信頼性と、軽量でありながらタフネスな作りの軽トラも負けてはいません。リフトアップで最低地上高を増せば、素晴らしいアウトドアギアになりますよ!

  
47628

その自由度はスズキ ジムニーを上回る!中古のジムニーシエラをイジリ倒す最適なカスタマイズとは?

4WD車で険しいオフロード走行を楽しめるコースを見に行くと、やけに立派でたくましいスズキのジムニーに出会う事があります。聞くと実はジムニーならぬジムニーシエラな事も多く、元が海外仕様なので日本の軽自動車枠の制約を受けないためにベース車としての素材はジムニー以上とも言われているので...

  
38123

カスタマイズベースに最高!ジムニーと比較したジムニーシエラの優位点は?

スズキ ジムニーをベースに排気量の大きなエンジンを積み、オーバーフェンダーを装着して車幅、トレッドともに拡大したスズキの本格SUV、ジムニーシエラ。ボディや駆動系には大きな違いはありませんが、それでもジムニーより圧倒的に勝る部分があるから存在価値があるのです。

  
27513

ホイールの「J」という単位は何を表しているのか?インチアップ時の注意点

アルミホイールを購入するときには、様々なサイズを検討するわけですが、「18X8J」などの表記を見ることが多々あると思います。このホイールのサイズ表記にある、「J」という記号…これは何を意味しているのかでしょうか。今回はこの詳細を見てみましょう。

  
139766
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives