「リコール」の検索結果(43件)

記事

ついに国内生産終了、パジェロが拓いたSUVへの道

日本のRV市場を支えてきた三菱自動車のパジェロが、今年8月で約37年間の国内での歴史に幕を閉じることが発表されました。かつて「夢の景品」ともなっていたパジェロの歴史と、その役割を振り返ります。文・山崎友貴

  
14182

なぜリコールは起きるのか?未然に防ぐことはできないの?

自動車メーカーは新車開発の際、長い時間をかけて、考えられる様々な状況下での走行テストや極端な温度状況下での動作テスト、安全性を確認する衝突テスト、販売モデルに近いテスト車両での長期間に及ぶ公道走行などを経て、我々ユーザーに販売されます。しかし、それでも後から判明する不具合。それが...

  
3635

スバル フォレスターで確認した、雪道における「e-BOXER」のメリット・デメリット

2019年の冬もスバルは雪国で公道試乗会を開催した。2018年は青森県の酸ヶ湯温泉を目的地にインプレッサとSUBARU XVというSGP(スバルグローバルプラットフォーム)に基づく新世代モデルで八甲田山エリアを走破するというプログラムだったが、2019年は山形県月山付近を肘折温泉...

  
22981

パドルシフト、シフトレバー…AT車のマニュアルモードの効果的な使い方

ATやCVT、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)やシングルクラッチの2ペダル車などに用意されているマニュアルモード。積極的に使っている人やほとんど触れたことがないという方まで、ドライバーによってまちまちだろう。どんなシーンで使えばいいのだろうか。文/写真・塚田勝弘

  
10882

平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part.1

2019年4月30日で平成の元号にピリオドが打たれる。平成という時代はバブル景気と大不況、阪神淡路大震災や東日本大震災といった甚大な災害が起きるなど、振り返ると激動の時代であった。激動だったのはクルマも同じで、流行り廃りも大きく変化した。そんな時代だけに、残念ながら短命だったクル...

  
29921

ピンクと緑の冷却水。色によって違いはあるの?

メンテナンスのチェック項目に入っている冷却水。正式名称をロングライフクーラント(LLC)といい、水冷エンジンの冷却に欠かせない重要な部品です。その冷却水には、ピンクや緑など色が付いていますが、色によって違いはあるのでしょうか?文・赤井福

  
29527

ディーゼル車の誘惑

臭くて、煩くて、振動が多い割には、車両価格が高いなど、ネガティブなイメージが先行していたディーゼル。だからこそ自動車を趣味とするような本誌読者にとって、ディーゼルエンジン搭載車はどちらかといえば最も遠い存在だろう。text:橋本洋平 [aheadアーカイブス vol.187 20...

  
2048

車台番号と車両番号の違い

車台番号と車両番号(ナンバープレート)は、自動車を所有していると、ことあるごとに必要になります。しかし、この2つの文字や数字は、それぞれ役割が異なり、記載される文字や数字、桁数も異なります。それぞれの役割を説明しましょう。

  
37230

お隣の国、韓国でいま一番売れている車はなに?

日本ではほとんど見かけないけれど、欧米では知名度が高い、韓国の自動車メーカー。ヒュンダイ、キア、韓国GM、サンヨン、ルノーサムスンなどの乗用車メーカーがあります。欧米への販売台数も着々と伸ばしている韓国メーカーですが、韓国国内では、いったいどんな車種が売れているのでしょうか。文・...

  
6240

「危」の標識。危険物積載車両ってなにが載っているの?

道路を走っているとたまに見かける「危」の文字が書かれている標識を取り付けた車。俗に言う危険物積載車両なのですが、「危」の意味する危険物とは、一体どんな物なのでしょうか?

  
9734

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.82 三菱の企業文化

この原稿を書いているまさにそのタイミングで三菱自動車の燃費試験不正問題のニュースが飛び込んできた。速報性ではどだいネットにかなわない印刷媒体は、本来であればきちんとした取材と考察を売り物にすべきだ。この原稿が皆さまの手に届く頃には、現時点では明らかにされていない新事実が出ているか...

  
2837

豹、大蛇、コウモリなど…動物の名前がついた車8選 part2

Part1で紹介したように、動物の名前を車名にしたモデルは、意外と多くあります。今回は、さらに8台のモデルを紹介しましょう。

  
13205

誇りの持てる日本のブランド

日本のクルマは安くて壊れないという以外に良い部分がない。欧州車に比べて個性がないと言われ続けていたが、このところ状況が変わってきた。「SUBARU」の水平対向エンジンに対する拘り「MAZDA」のスカイアクティブなどが海外で高く評価され、日本でもマニアではない普通のクルマ好きの注目...

  
1819

小沢コージのものくろメッセ その19 時代を映し出したVW事件

クルマ好きの方ならご存じだろうが、今ドイツのフォルクスワーゲン(以下VW)が揺れに揺れている。ドイツの半国営企業ともいいたくなるVWの排ガス疑惑の件だ。戦時中に国策企業として始まったドイツ最大の自動車メーカーで、今も株式の約2割を地元ニーダーザクセン州が持っているVW社は、完全な...

  
679

松本 葉の自動車を書く人々 第3回 福野礼一郎

私は自他共に認める福野礼一郎ファン。『ル・ボラン』、『モーターファン・イラストレーテッド』『ゲンロク』といった自動車雑誌に掲載される福野氏の記事を毎月、心待ちにしている。text:松本 葉 [aheadアーカイブス vol.173 2017年4月号]

  
10779

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.75 VW不正事件とジャーナリストの務め

VWにとって未曾有のスキャンダルになったディーゼル車の排ガス問題。事の発端となった米国に加え欧州でも不正が発覚するなど、ことはVWの経営、ひいてはメイドインジャーマニーの信頼失墜にまで及びつつある。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.155 2015年10月号]

  
2138

愛車を元気に走らせたい!定期的にチェックすべき液体とは?

現代のクルマは非常に高性能で、朝起きたらエンジンがかからない!なんてことは、そうそうありません。過去のクルマたちから得たノウハウ、言い換えれば長きにわたる実証実験の成果が、現在のクルマに詰まっているといえるでしょう。だからといってメンテナンスフリー、なんてクルマはこの世に存在しま...

  
8990

タカタ製エアバッグのリコール未改修車、車検更新できない!? どうすればいいの?

世界規模でのリコールとなったタカタ製エアバッグ。ホンダを始めトヨタ、日産、さらには輸入車メーカーまで、多くの車種に装備されていただけに、その対象も非常に大規模になっています。そんななか、このタカタ製エアバックを搭載したリコール対象車であるにもかかわらず未改修であった場合、車検を通...

  
34699

並行輸入車はディーラーで整備してもらえないことがある?正規車両と違う点は?

輸入車は、国産車にはない性能やデザインなどが魅力です。そんな輸入車の購入を検討するとき、目に留まるのが”並行輸入車”という存在。同程度の装備、グレードでありながら、正規輸入車両より安く購入できたり、日本仕様にはない色や装備、グレード、さらには国内販売されていないモデルなど、さまざ...

  
29086

スタリオン後継モデル「GTO」が復活するって本当!?

三菱のフラッグシップスポーツといえば、「GTO」と即答する方は、ある程度の世代かもしれません。バブル期に先端技術とともに颯爽と現れたGTOは、じつに魅力的に映ったものです。そんなGTOが、思わぬカタチで復活する可能性があると噂されているのです。

  
23404
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives