「ランドクルーザー」の検索結果(191件)

記事

ダカールラリーとは何か 若林葉子から見た 三橋 淳 45歳の挑戦

マッド・デイモン扮する宇宙飛行士が火星に取り残され、やがて地球に帰還するまでが描かれた映画『オデッセイ』。「ちょっと話が遠いかもしれないけど」と、この映画を例えに出しながら、ダカールラリーから帰国したばかりの三橋 淳は話し始めた。text:ahead編集長・若林葉子 photo:...

  
631

重量2.5トン超えの巨大ボディで操作性が高いトヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー(200系)は、全長約5m×全幅約2m、重量2.5トン超の巨大なボディですが、意外に取り回しは良く操作もしやすい車です。また収納スペースの使いやすさと広さ、シートアレンジの操作性もよく考えられた車でもあります。そんな200系ランドクルーザーについて紹介しま...

  
13518

車をいつ買い替えたらいいの...と悩んだら"6つの買い替えサイン"を確認!

買い替えのタイミングに悩む方も多いかと思いますが、じつは車には買い替えを示すサインがいくつもあります。どんなサインがあるのでしょう?

  
8735

【東京オートサロン2018】CLIMATE発「SUW」の独自デザイン

富山県富山市に本拠地を置く株式会社CLIMATEが手がけるSUWブランドから、2018年新作のホイールとボディキットが東京オートサロン2018に登場。トヨタ C-HR用ボディキットに注目です。

  
3475

【東京オートサロン2018】ローダウンもリフトアップも!オーナーのテイストに合わせたJAOSのモディ...

流行のSUVモデルのカスタマイズを手掛けるJAOS。SUVの持つクロスオーバーな魅力を様々提案しています。

  
8526

あぁ懐かしい…西部警察に登場した名車たち

カーアクションで有名な日本のドラマといえば『西部警察』でしょう。「太陽にほえろ!」と並ぶ、石原プロの看板作品です。西部警察は日産協力のもと製作されたため、主役級マシンはすべて日産車がベースでした。

  
10044

小さくても世界一?驚異の潜在能力を持つジムニーの秘密

世界でもっともコンパクトなヘビーデューティ4WD 「ジムニー」。1970年に初代が発売されて以来、世界中のユーザーに愛されてきました。その秘密は一体何なのかを探ってみました。

  
29072

ちょっと不恰好?なぜ最近の車にはサイドアンダーミラーがないのか?

SUV特有の安全装備の代表的な存在が「サイドアンダーミラー」です。日本特有の法定保安部品であり、ユーザーからは不評です。ですが、昨今のSUVには付いていないものも。今回は、このサイドアンダーミラーについてお話します。

  
35384

なぜ6輪SUVがなかなか普及されないのか?

2014年に5台限定で発売された「G63 AMG 6×6」は、当時クルマファンの間では大変な話題になりました。ですが、その後は新たな6輪駆動車がなかなか市販されません。なぜ6輪駆動車は、世界に普及しないのでしょうか。

  
13960

LX、RX、NX…レクサスSUVはそれぞれ何が違う?どんな人におすすめか?

日本車の押しも押されぬトップブランド「レクサス」。このチャネルには3モデルのSUVが存在しますが、果たしてどんなキャラクターを持ったクルマで、どんなライフスタイルに合っているのでしょうか。今回は3モデルの違いをチェックしてみました。

  
74984

SUVのツートップ!ランドクルーザーVSレンジローバー、あなたはどちら派?

現代のSUVブームの礎とも言えるモデルが「ランドクルーザー」と「レンジローバー」です。共にハイエンドな四輪駆動車として、長き渡って君臨してきた双璧ですが、現在はどんなポジションニングなのかを考えてみました。

  
18299

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.75 VW不正事件とジャーナリストの務め

VWにとって未曾有のスキャンダルになったディーゼル車の排ガス問題。事の発端となった米国に加え欧州でも不正が発覚するなど、ことはVWの経営、ひいてはメイドインジャーマニーの信頼失墜にまで及びつつある。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.155 2015年10月号]

  
1338

なぜ最近のディーゼルエンジンは昔より静かになったのか?

その昔、ディーゼル車と言えば、「ガラガラ」というような独特なエンジン音がする乗り物でした。筆者は20年以上前に、4WD雑誌のライターをしており、たびたび、パジェロやランドクルーザーなど、いまでいうところのディーゼルSUVを借りて、試乗や撮影など行っていました。信号待ちなどアイドリ...

  
33167

最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

車の価格もピンキリで、新車でも軽自動車になれば安いものは70万円程度で購入できるモデルもあります。その一方で、高級車となると国産メーカーでも1,000万円超。国内メーカーで、もっとも高額なプラスタグが付いた市販乗用車は、いくらなのでしょうか?今回は、いま新車で購入できる高額な日本...

  
33949

日本のオフロード車

空前のSUVブームが到来したこの数年、世界中の自動車メーカーがこぞってSUVを発売し続けている。text:まるも亜希子、伊丹孝裕、河村 大 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
1759

アウトドアのための車!? 小型SUVコンセプト「FT-AC」の姿が明らかに!

2017年12月1日(現地時間)から米国で開催中の2017ロサンゼルスオートショーにおいて、トヨタの新型SUV「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」の全貌が明らかになりました。トヨタのSUVシリーズに新たに加わるといわれるFT-ACは、は...

  
8263

市販モデルが登場!スバル アセントってどんな車?ライバル車は?

アメリカで開催されているロサンゼルスオートショーにおいて、来年夏の発売を予定しているスバルの新型SUV アセントが、ついに正式発表されました。エクシーガやフォレスターなどSUVのラインナップが充実しているスバルにおいて、アセントはどのような位置づけのモデルなのでしょうか?

  
10355

"盗まれやすい車"!? ハイエースはなぜカスタムベースとして人気なのか?

一般社団法人 日本損害保険協会が行った調査によると、2016年盗難件数ワースト1位がプリウス、2位にはハイエースがランクインしました。そんな不名誉なランキングに入るハイエースですが、その人気はとどまるところを知りません。働く車としても、またカスタムのベース車両としても人気です。そ...

  
16899

国内で50車種以上販売されているクリーンディーゼル。あのブランドも!?

マツダの貢献もあって、日本でもクリーンディーゼルが注目されるようになっています。ガソリンよりも燃料代が安く、トルクフルなエンジン特性に気づいた人が乗り換えをはじめています。そんな市場動向に呼応するように、新車で購入できるクリーンディーゼルモデルが増えています。

  
6497

トヨタのコンセプトモデル『FT-AC』、国内では次期型RAV4か?

2017年のロサンゼルスオートショーで発表予定のトヨタのコンセプトモデルが『FT-AC』です。現時点では、フロントのイメージ画像のみが配信されただけで、詳細については未発表。ですが、CH-Rでそれまでの保守的なイメージを大きく転換したトヨタだけに、期待が膨らみます。はたして、どん...

  
10455
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives