「ランチア」の検索結果(27件)

記事

GT-RやLFAにも採用!トランスアクスルのメリットとデメリット

フロントエンジン車の前後重量配分を考えた際、重量物であるエンジンを車体中央近くに載せるやり方は、比較的簡単な方法です。しかし、それでは肝心の室内空間が狭くなってしまいますし、搭載位置にも限界があります。そんな問題を解決するために考え出された方法が、エンジンとミッションを分離して車...

  
12859

インプレッサとランエボ…世界で勝つために造られた両者の決定的な違いとは?

スバル インプレッサと三菱 ランサーエボリューション。この2台は、長年しのぎを削ってきたライバルでした。サイズ、排気量、値段など、共通項がたくさんあるのは周知の事実ですが、その両車にはいったいどんな違いがあるのでしょうか。

  
35337

生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

1965年に発売された初代日産 シルビアは、欧州の香り漂う非常に美しいモデルでした。しかし生産台数はわずか554台…。現存している台数も極めて少ない稀少車といえるでしょう。そんな美しい名車について触れてみます。

  
10807

クアトロポルテのライバルは、AMGやMが手がけたスポーツサルーン

ラグジュアリー性とスポーツ性を合わせ持つマセラティ クアトロポルテ。5mを超える優美なボディ、その心臓部にはフェラーリと共同開発されたエンジン、イタリア製レザーを使った上質なインテリア、すべてが特別なイタリア生まれの高級サルーンを紹介しましょう。

  
1740

いくらになる?唯一の未走行車「マツダ RX-7 グループBラリーカー」がオークションに出品!

高額で落札されたヒストリックカーを以前記事で紹介しましたが、上位のものはすべて過去にレースに出場し、それなりの戦績を残してるモデルでした。これは、華々しい履歴を持つモデルを欲する方が多いことを示しています。そんな国際的に注目の集まるオークションで、国産のラリーカー、それもマツダR...

  
5797

ミーティングの聖地、東は大黒PA、西は芦有ドライブウェイ?集まる車に東西の違いはあるのか?

SNSももはやインフラといっていい状況になっている昨今。クルマを愛する私達にとっても「同好の士」を見つけるのに苦労しなくなったといえます。それにともなって、自然発生的な”ミーティング”が盛んになりました。その代表的な場所が「大黒パーキングエリア」と「芦有ドライブウェイ」といわれて...

  
3676

ランボルギーニLM002やポルシェ959など…オフロードを駆けたスーパーカー

かつては超高級車ロールス・ロイスのスポーツバージョンを作っていたベントレーが、高級クロスオーバーSUV、ベンティガを発売したのは最近の話。こうした高級車やスーパーカーメーカーが、SUVをリリースするのは、より広い顧客を掴むためですが、かつてはブランドイメージ向上のために作られたス...

  
6932

ファブリック、レザー、アルカンターラ…車のシート各種のメリット・デメリット

自動車のシート表皮には、大きく分けてファブリックと本革、人工皮革の3つがあります。各種のメリット・デメリットを把握したうえで、シート選びをしていますか?今回は、いまさら聞けないシート表皮のメリット・デメリットをまとめてみました。

  
20104

いまさら聞けない!! マツダのロータリー神話ってなんですか?

ロータリーエンジンを長年に渡り生産、そして進化させてきたのは世界でもマツダだけです。また、実用化だけでなく、モータースポーツシーンでもその性能を証明してきた歴史があります。これは、マツダの技術力と日本のモノづくりのスピリッツが込められている証であり、「神話」と言って差し支えないも...

  
27989

4駆を買うなら三菱!? 他メーカーの4WDと何が違うのか?

かつての三菱イメージといえば、やはりラリーを中心としたモータースポーツ。過酷な戦いのなかから、その技術を磨いてきたメーカーであり、数々の栄光を憶えている方が多いのではないでしょうか。そんな三菱が、モータースポーツシーンを経て磨き続けてきたのが4WD技術です。

  
14355

Vol.5 30歳妻子持ち男性が、現状打破の思いで手にした憧れの車

30代に突入。子供も二人目が生まれ、仕事もまあまあ順調。なんというか絵に描いたような無難な生活。でもこれでいいのか。本当は他に望む事がいろいろあったハズ…自問自答し矛盾を抱えながらも日々のやりすごす自分がいた。そんな時、深夜TVで昔のラリー映像を見たんだ…。

  
5625

DQNからスポーツカー・旧車乗り…お金があれば、やはりスーパーカーに乗りたいのか?

クルマ好きな方の嗜好はさまざま。DQN系と呼ばれてしまうカスタマイズや、スポーツカーで走りを愉しむ、あるいは旧車でミーティングに参加するなど、多岐にわたる価値観が存在し、いずれも楽しいカーライフ。しかしもしも…潤沢な資金があれば誰しもスーパースポーツカーが欲しいのではないでしょう...

  
14477

ランチア ストラトスは購入できる!? 伝説のランチアストラトスは何が凄かったのか?

ランチアストラトス。スーパーカー世代の方や、WRCラリーなどお好きな方などにとってはまさに伝説のマシーンの一つかと思います。ランチアのラリー黄金期を支えた1台で、その希少性から現在では手に入れるのも難しい車です。そんなランチアストラトスについて今回は紹介したいと思います。

  
145946

タイミングベルトや燃料フィルター等…10年たったら交換しておきたい車のパーツとは?

近年のクルマは非常に性能が上がっています。これは単純に動力性能の事だけではなく、「素材の耐久性」といった所にも及びます。過去の技術の蓄積が反映されている、常に実証実験が進められているのがクルマであるといえます。しかし、メンテナンスフリーでずっと乗れる、なんてクルマは存在しません。...

  
35612

世界に3台の黒のポルシェ959は2億円以上?発売当時世界最速のその実力とは?

1986年に「世界最速のスーパーカー」として登場し、同じく世界最速を誇ったフェラーリ「F40」ともども、バブル景気時代の日本でも大きなニュースとなったポルシェ「959」。中でもたった3台のみ製作された、ブラックのボディカラーをまとう「黒い959」の一台が、2015年8月に開催され...

  
33902

初代エボは最高出力250馬力…ランエボはなぜあそこまで速かったのか?

惜しまれつつ、今年生産終了となってしまったランサーエボリューション。とにかく速い、曲がる、といった声をよく聞きますし、車格が上のGT-Rとの比較、という事もよくされていました。この理由はどこにあったのでしょうか。

  
43363

ピレリタイヤは国産タイヤと比べて何が優れているのか?そのメリット・デメリットとは?

ピレリタイヤ。大手の国産タイヤメーカーがひしめく日本ではメジャーな存在とはいえないかもしれませんが、タイヤメーカーに詳しくない方でも、一度は耳にした事がある名前ではないでしょうか?F1などでも使用されることのあるピレリタイヤ、果たしてどんなタイヤメーカーなのでしょう?

  
110087

人気シート素材アルカンターラの歴史は意外に古い?お手入れのコツとは?

アルカンターラというと上級車種に採用される人工繊維でバックスキンやスエードを表現した高級素材です。しなやかでしっとりとした肌触りと艶やかな表面、シックで美しい見栄えなどで人気のあるマテリアルになっています。日本の東レが編み出したこの素材、しかし最初に目をつけて自動車の内装材に用い...

  
59058

シリーズ最終作「さらばあぶない刑事」公開が待てない!? ・・・大下勇次、思い出の覆面車7+1選

いよいよ「あぶない刑事」もシリーズ最終作の公開が来年に迫ってきましたね。横浜を舞台にキザでお洒落で、ギャグやアドリブ満載で楽しませてくれたあぶない刑事。1986年10月にTVドラマでスタートして来年で満30年。多くのファンの記憶に残るカーチェイスシーンを彩った大下勇次の覆面パトカ...

  
83178

190E、3シリーズ…バブル期にカーマニアを熱くさせた輸入車6選

バブル期とは様々な意味で刺激的でした。日本車はハイパワー、ハイテク化の進歩発展が著しく日を追うごとに高性能化。また同時に豊かになった生活感を反映する贅沢な設え。そして円高レートによる輸入車の著しい台頭も忘れることができません。今回は6台、当時を思い起こさせる輸入車を取り上げて、ち...

  
18236