「ランサーエボリューション」の検索結果(48件)

記事

4駆を買うなら三菱?!他メーカーの4WDと何が違うのか?

かつての三菱イメージといえば、やはりラリーを中心としたモータースポーツ。過酷な戦いのなかから、その技術を磨いてきたメーカーであり、数々の栄光を憶えている方が多いのではないでしょうか。そんな三菱が、モータースポーツシーンを経て磨き続けてきたのが4WD技術です。

  
6397

なぜスバルの車(ターボ)はボンネットに大きなエアインテークが開いてるのか?

スバルのターボ車には、一部を除きボンネットに大きなエアインテークが開いています。外観上の大きな特徴となっているので、クルマにあまり興味のない方も、あのエアインテークには気づかれるのではないでしょうか?過去を振り返れば、ハイパワーなターボ車のボンネット上にエアインテークやアウトレッ...

  
30615

アウトランダーを意識した!? 新型RVRのスペックはどう変わる?

2017年現在の三菱ラインナップに生き残っているSUVモデル「RVR」。人気のカテゴリーでもあり、三菱としても浮上の契機としたいモデルなのではないでしょうか。そんなRVRがマイナーチェンジを敢行。イメージを刷新しています。

  
6359

最高出力2,145馬力のランエボ…極限までチューニングされたその加速力とは?

ノーマルでもかなり速いランエボを、極限までチューニングした車。いや、極限すらも超えているかも?その最高出力はなんと2,145ps!全開で走ったら、もはやスポーツカーというより、時空を超えて走るタイムマシン並?の加速力です!

  
27491

ホンダ、次期シビック タイプRのプロトタイプをSEMAショーで公開!

2016年9月にパリモーターショーにてお披露目されたホンダの次期型シビックタイプRのプロトタイプがついに待望のアメリカ上陸を果たしました。アメリカで大人気の「スポーツコンパクト」を代表するモデルにふさわしく、全米デビューの場にはSEMAショーの会場が選ばれました。

  
1778

エボIIIやR33など…今後値上がりが予想される車4選

中古車が値上がりする理由と言えば「人気の限定生産車」「需要があるのに後継車が無い」「モデルチェンジした新型が失敗作」などさまざまな理由があるでしょうが、今後値上がりの予想されるクルマをいくつかピックアップしてみましょう。

  
12192

WRX STiとランエボX…もしも独身だったらどちらを買う?

世界ラリー選手権(WRC)で日本車がかつて無双ともいえるほどの大活躍をしていた時代がありました。その時期の代表格といえるモデルが三菱 ランサーエボリューション、そしてスバル インプレッサ(WRX)です。もしいま独身でこうしたモデルが乗れる状況ならどちらを選びますか?

  
15084

日本で高級車といえばドイツ車、では海外では日本車はどの位置付け?

日本にも高級車は存在しますが、安価な車がラインナップされていないブランドの方が高級自動車メーカーという印象は強いですよね。その筆頭となるのがポルシェやメルセデス・ベンツなどのドイツ車ではないでしょうか?ところで、世界から見て日本車はどのような立ち位置になるのでしょうか。大衆車?高...

  
32116

日本で再び増えてきたターボ車…一方、先行していたヨーロッパは?

排ガス規制でかつてのハイパワーターボの多くが一斉消滅後、めっきり減っていたように思える国産ターボ車ですが、ダウンサイジングターボの波がようやく日本に到達して最近はターボ車が増えています。しかし、その分野で先行していた欧州は、既に次のステップへと進んでいました。

  
4175

再販したら売れること間違いなし!? バブル期前後のスポーツカー7選

「あの頃は良かった」の「あの頃」は人それぞれだと思いますが、クルマに関してはバブル景気の頃にデビューしたあのクルマが良かった、という人は結構いるでしょう。その中でも、現在ではコンセプト的に全く断絶した、あるいはあの頃の姿をもう1度という事で再販して欲しいというクルマもあると思いま...

  
107728

あまり見かけなくなった「逆スラントノーズ」…どんな車の採用されていた?

最近はあまり見かけなくなった「逆スラントノーズ」ですが、一時期は昔のBMWに似ているという事で国産車メーカーの一部で意匠に取り入れた事もありました。それ以前はアメリカンスタイルの車で採用例がありました。エコよりスポーティイメージを強調するために魅力的なデザインという事で、意外と最...

  
21939

ランエボやWRXに搭載…「ミスファイアリングシステム」とは何だったのか?

まだ、WRCのトップカテゴリがグループAだった頃、ミスファイアリングシステムという装置が搭載されていました。ミスファイアリングシステムは、ラリーでは非常に役立つのですが、公道では危険という事もあり、付いてはいるけど無効化されているものがほとんどでした。どのような装置だったのでしょ...

  
60449

車の可変式リアウイングは何が良いのか?そのメリット・デメリット

エアロパーツの効果があるかないか…という問題はいつも議論の対象です。その結論は、公道でも高速道路など、80km/hを超えるような走行シーンでは効果があります。また、サーキット走行などを行う方であれば、その効果はもっと大きいでしょう。さて、条件付きで効果があるエアロパーツですが、可...

  
19816

オーバーフェンダーとブリスターフェンダーの違いとは?

自動車の前後フェンダーには様々な種類があります。例えば、オーバーフェンダーとブリスターフェンダー。どちらも通常のボディよりも横に広がっているという意味では同じですが、細かく見ていくと、違っています。その違いの中身とこれらのフェンダーの用途とは?

  
58613

R35 GT-Rに果敢に挑んだセリカ ST205…両者のゼロヨン対決の結末とは?

R35 GT-Rといえば、ノーマル状態でも500ps前後の馬力を誇る、日本を代表するスポーツカーです。これまでの直6ツインターボであるRB26DETTを捨て、VR38DETTエンジンを搭載。世界中で、安全で速いスポーツカーとして、速さの指標にもなっているような車。特に、これまで日...

  
33731

ランエボの前身「ランサーターボ」が今、海外で活躍中…発売30年以上経てなお支持される理由は?

80年代に登場したランサーターボ。後のランサーエボリューションシリーズに繋がる重要なモデルといえます。このクルマはアジア圏でも人気が高かったようで、いまでも大切に乗っている人がいるようです。

  
39700

初代エボは最高出力250馬力…ランエボはなぜあそこまで速かったのか?

惜しまれつつ、今年生産終了となってしまったランサーエボリューション。とにかく速い、曲がる、といった声をよく聞きますし、車格が上のGT-Rとの比較、という事もよくされていました。この理由はどこにあったのでしょうか。

  
29656

スタリオン ガルウイング、セルシオV430-R…知る人ぞ知る限定車11選

とても個性的な車が世界には存在しています。それらの多くは、オーナーの趣味嗜好がモロに反映されたもので、その情熱には頭が下がります。ところが、まったく普通の、あるいは有名な車でも、知る人ぞ知るマイナーなグレードや限定車が存在しています。そういった中から、今回は11台を厳選してお届け...

  
100935

生産終了のランエボ…後継の次期モデルが登場する可能性は?

日本を代表し世界中に根強いファンのいるスバル・インプレッサ(WRX1)と三菱・ランサーエボリューションのこの2台。スバルは2014年にWRX STIを発売したのに対して、三菱はランサーエボリューションの生産終了を発表。まもなく最後の一台の製造を終えようとしている「ファイナルエディ...

  
19074

インプレッサWRXとインプレッサWRXSTIは実際にどれくらい違う?

初代、および、2代目のスバルインプレッサには、WRXというスポーツグレードが存在しました。しかし、同時にWRX STIバージョンというグレードも存在していました。両グレードとも、250ps~300ps以上を発揮するハイパフォーマンスモデルですが、この両グレードにはどのような違いが...

  
19626