「ラリーカー」の検索結果(35件)

記事

F1などのレース用タイヤって公道で使ってもいいの?

フォーミュラーカーやGTカーが、乾いた路面のときに使うスリックタイヤや、ラリーカーが雪道で使うスパイクタイヤなど、クルマのレースでは、一般に市販されていないタイヤが数多く使われています。特殊な用途で作られたこういったタイヤが手に入ったとして、はたして公道で使うことはできるのでしょ...

  
1613

孤高のラリーカー!? 神格化されるランチア ストラトスとはどんな車?

2018年のジュネーブショーで発表された、新型ストラトス(ストラトス コンセプト)の発売決定のニュースに驚かれた方も多いと思います。わずか25台の限定発売される新型ストラトス。その祖となる本家ストラトスとは、いったいどんなクルマだったのでしょうか?かつてラリーシーンを席巻した伝説...

  
4512

公道を走れるレーシングカー!? "ホモロゲーションモデル"とは?

自動車メーカーが開発する特別な市販車”ホモロゲーションモデル”をご存知でしょうか。レーシングカーのデザインを持ちながらも、公道を走れるまでに落としこんだその市販車は、モータースポーツファンの憧れです。今回は有名なホモロゲーションモデルを紹介していきます。文・立花義人

  
7984

東出昌大&新田真剣佑出演!映画『オーバードライブ』に登場する競技車両のスポンサーは?

ラリー競技に参加する兄弟を描いた今話題のモータースポーツ映画『オーバードライブ』。その劇中に登場する競技車両には、さまざまなスポンサーステッカーが貼られています。どんなメーカーが、スポンサードしているのでしょうか。

  
2701

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
1338

買ってからデザインを変えられる ~コペン DRESS-FORMATION

コペンは気軽にオープンドライブを満喫できる2シーターの軽スポーツカー。丸目のヘッドランプが愛嬌を振りまいていた初代の登場から12年の月日を経て、2014年6月に2代目が登場。樹脂製のボディパネルが着せ替えできるというユニークな発想で、乗り手がクルマを通して自分らしさを表現したり、...

  
728

フランス車を考える vol.2

ル・マン24時間レースやパリ・ダカール・ラリーといった世界的なイベントを生み出し、世界選手権を主催するFIA(国際自動車連盟)が本拠を置くフランス。ところがこの国の人たちはスポーツカーにあまり興味がないようだ。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.147 2015...

  
1009

車によるジャンプの世界記録はなんと115.6メートル!

市販の自動車は、路面をいかに速く、また快適に移動するかという観点から開発・進化が進められてきました。しかしなかには、斜め上の発想で、車の進化に挑む人々もいます。ジャンプでの最長記録を目指す、というのもそのひとつ。では、ジャンプでの飛距離を伸ばすためにどのような工夫が施されているの...

  
3558

プレミアムカーの域に達した アウトランダーPHEV

白と黒、静と動、月と太陽。三菱アウトランダーPHEVが、先頃のマイナーチェンジで真逆といえるデザイン変更をしてきた。大胆にしてアグレッシブなフロントフェイスは、これからの三菱を表す新しいフロントデザインコンセプト、「ダイナミックシールド」をまとい、存在感を強めている。text :...

  
1739

WRCに復帰するトヨタ

トヨタは2015年1月末、WRC(世界ラリー選手権)への「復帰」を豊田章男社長自らが高らかに宣言。2017年からワークスチームとして、ヤリス(日本名ヴィッツ)でWRCに参戦することをアナウンスした。それから1年以上が経過し、いよいよカウントダウンを開始すべきフェイズに突入した。t...

  
656

WRCに参戦するTOYOTA GAZOO RacingヤリスWRCの陰の立役者!PIAAのライティン...

2017年から再び世界ラリー選手権(WRC)に参戦することとなったトヨタ自動車。その参戦車両は日本でもおなじみのヴィッツ(輸出名:ヤリス)で、復帰第2戦目のラリー・スウェーデンではなんと優勝を果たすなど、来年以降の活躍がより期待できる結果を残していますが、そんなヤリスWRCを陰で...

  
5788

ヘッドランプが8個!? そんなにたくさん付けて公道を走っていいの?

夜間のラリーで煌々と光るランプポッド。いわゆる補助灯ですが、レースを統括するFIAの規定では、6個まで増設が可能とされています。ひと目でラリーカーとわかるランプポッドは、ランエボやインプレッサなど、ラリーを出自とするモデルであれば、ドレスアップカスタムとしても装着してみたいアイテ...

  
73713

いくらになる?唯一の未走行車「マツダ RX-7 グループBラリーカー」がオークションに出品!

高額で落札されたヒストリックカーを以前記事で紹介しましたが、上位のものはすべて過去にレースに出場し、それなりの戦績を残してるモデルでした。これは、華々しい履歴を持つモデルを欲する方が多いことを示しています。そんな国際的に注目の集まるオークションで、国産のラリーカー、それもマツダR...

  
11070

最高額40億円!? 高額で落札されたヒストリックカー5選

自動車から内燃機関がなくなる日もそう遠くないと思わせるニュースが絶えない昨今ですが、富裕層の投機対象にもなっているヒストリックカーの人気はとどまるところを知りません。今回は、近年、高額で落札された注目のヒストリックカーを5台、ピックアップしてみました。※画像は、すべて落札された車...

  
3030

本当に速いクルマを決めるレース!? ラリークロスって?

ラリークロスとは、1970年代前半から始まったモータースポーツ競技のひとつです。日本ではまだあまり知られていませんが、市販車とあまり変わらない姿の競技車が、目の前の周回コースでバトルを繰り広げる大変過激で魅力的な競技です。そのラリークロスとは、どんな競技なのでしょうか?

  
7763

一度は行ってみたい!世界的に有名なヒストリックカーイベント8選

昔のフェラーリが26億円で落札されたり、日本でもトヨタ 2000GTが話題になったりと、古き良き時代のクルマが人気を集めています。今回は世界的に有名なヒストリックカーイベントをご紹介します。来年のご旅行先にいかがですか?

  
7104

ランボルギーニLM002やポルシェ959など…オフロードを駆けたスーパーカー

かつては超高級車ロールス・ロイスのスポーツバージョンを作っていたベントレーが、高級クロスオーバーSUV、ベンティガを発売したのは最近の話。こうした高級車やスーパーカーメーカーが、SUVをリリースするのは、より広い顧客を掴むためですが、かつてはブランドイメージ向上のために作られたス...

  
13003

210馬力のヴィッツ!? ジュネーブモーターショー2017で「ヤリスGRMN」を初公開!!

トヨタモーター ヨーロッパは、2017年3月に開催されるジュネーブショー2017で、「ヤリスGRMN」を発表するとのこと。ヤリスはご存じのように日本名ヴィッツであり、WRCで大躍進しているトヨタのモータースポーツイメージを結び付けたい意向と考えます。

  
17247

なぜスバルの車(ターボ)はボンネットに大きなエアインテークが開いてるのか?

スバルのターボ車には、一部を除きボンネットに大きなエアインテークが開いています。外観上の大きな特徴となっているので、クルマにあまり興味のない方も、あのエアインテークには気づかれるのではないでしょうか?過去を振り返れば、ハイパワーなターボ車のボンネット上にエアインテークやアウトレッ...

  
130114

なぜジュークのヘッドライトはへんな場所に設置されているのか?

クーペ風スタイルを持つ、スタイリッシュなSUVの先駆けともいえるモデル、日産 ジューク。その個性は、フロント回りに端的に表れていますが、よく見るとライトがボンネット上とフロントバンパー付近に2か所ついており、下側がヘッドライトという設定のようなです。なぜその位置に設置されたのでし...

  
51965
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives