「モータースポーツ」の検索結果(792件)

記事

日本レースクイーン大賞初代グランプリ美波千夏(元RQ)の愛車は“特別”な日産・キューブ【It’s M...

5月とは思えない強い日差しが降り注ぐ中、柏の葉T-SITEのスターバックスにやってきた彼女は、ひと目見てそれとわかるオーラをまとっていた。かつてモータースポーツという泥臭い世界の中で、まさに野に咲く一輪の花のように咲き誇っていた彼女だが、一線を退いた今でもまるでスポットライトを浴...

  
38224

宮瀬七海、山口ミカ…4名のレースクイーンがオススメする日焼け止めをスーパー耐久第3戦、富士24時間レ...

いよいよ夏が近づく日本列島。強い日差しが肌を焼いていきます。日焼けといえば、サーキットも過酷な場所の一つ。日陰が少ないサーキットでは、あっという間に真っ赤になってしまうことも。ですが、モータースポーツを華やかに彩るレースクイーン達は比較的長時間、夏の日差しに肌を晒しているにもかか...

  
2702

愛車の窓の汚れはこの商品があれば最強?!エディターおすすめのカー用品5選!

筆者はモータースポーツ取材のため、週末は東名高速や東北道、常磐道を使って長距離のドライブをしています。そこでいつも気になるのは「窓の汚れ」。特に春先から夏にかけては、花粉や虫といったものが付着しやすい季節です。安全運転のためにも、景色を眺めながら気持ちの良いドライブを楽しむために...

  
0

MotoGP日本グランプリのスタンド席とあわせて利用できるラウンジを設置

レース観戦はスタンドで楽しみ、レース以外の時間に隣接する屋内ラウンジで食事などを楽しめます。

  
268

ダウンサイジングターボ化進む、ターボでどれだけパワーアップできるのか?

ドイツ車からはじまった「ダウンサイジングターボ」トレンド。いまや多くのメーカーが採用するテクノロジーとなっています。単純に、排気量を小さくすることで省燃費を実現させているのではありません。小排気量・少気筒数で必要なパワーを得ることが、ダウンサイジングターボを環境指向のエンジンとし...

  
59563

御殿場渋滞が解決へ、足柄SAにスマートIC開設…3月9日から

観光振興や物流の効率化、緊急医療への貢献も期待されています。

  
907

トヨタ、Supra is back to Japan Fesを開催

開催に先立ち記者発表会が行われ、GRスープラの発売などが発表されました。

  
542

レクサス、スポーツクーペのRC Fをマイナーチェンジ

高性能バージョンのパフォーマンスパッケージが追加されました。

  
974

全日本ラリーで活躍するヴィッツの秘密、スポーツCVTってなんだ?!

ラリーというモータースポーツをご存知でしょうか。トヨタがヤリス(日本名:ヴィッツ)で参加している世界ラリー選手権(WRC)は何となく見たことがあるかもしれませんが、全日本ラリーのような国内選手権についてはまったく情報がないという人も少なくないことでしょう。ここで紹介するのは、そん...

  
28401

トヨタ マークX生産終了、最後の特別仕様車を発売

トヨタ自動車は、マークXの特別仕様車「250S“Final Edition”」(2WD)と「250S Four“Final Edition”」(4WD)を4月24日に発売しました。

  
5346

温故知新…アルピーヌ・ルノーA110ベルリネットと新生アルピーヌA110を乗り比べ【前編】

昨2018年6月、日本国内においても先ずは初回限定版の「プルミエール・エディション」からリリースされた新生アルピーヌA110は、あまりの人気ゆえにくじ引きで購入者が決められたことで話題を呼んだ。また同年末には、正規のカタログモデルたる「ピュア」と「リネージ」の国内販売も開始となり...

  
9325

2019年春はOZホイールに注目!欧州の最新トレンドをチェック!

イタリアのホイールブランド「OZ」(オーゼット)から、今春、新作ホイールが続々と登場します。F1では10チーム、WRCでは全車が装着するなど、モータースポーツでは高い使用率を誇る名門の新作ホイールをチェックしました。文/写真・栗原祥光

  
26138

約2年1万キロ走ってわかった ルノー ルーテシアR.S.…特別なクルマ、だけどリーズナブル

ちょうど2年前の春、10年乗ったポルシェ・ボクスターSを手放した僕はフランス製の特別なハッチバックを手に入れることになった。それが「ルノー・ルーテシアR.S.」。それから共に過ごした2年間で感じたことをお届けしよう。文/写真・工藤貴宏

  
35259

バブル期の車で今でも人気といったらこの5台

1980年代後半のバブル期、クルマは憧れでありステータスであり、ときにはモテるためのアイテムでもありました。そんな時代ですから、生まれたクルマもユニークなものが多く、今も根強い人気を誇るモデルが数多くあります。今回はそんなバブルの一翼を担い、今も人気の高いクルマたちをピックアップ...

  
45366

予算感500万円でねらえる輸入スポーツカー5選

輸入車のスポーツカーというと、1000万円以上もするスーパースポーツを思い浮かべてしまいがちだが、ホットハッチなどと呼ばれるスポーティなモデルも昔から存在している。比較的手ごろな200万円台のホットハッチから最新のマッスルカーまで、500万円の予算感で購入できる輸入スポーツカーを...

  
30645

新型リーフG、S、Xグレードの魅力…スポーツさだって忘れていない!

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ、電気自動車だからといって、普通の車と動力性能が大幅に異なっていれば、日常使用にも問題が出てきます。果たして、EVというかリーフは、普通の車として使用に耐えるのか、書いてみました。2017/11/8

  
1453

受け継がれた"86"という名前。トヨタ86とAE86に共通点はあるのか?

早いもので2012年にトヨタ86とスバルBRZが登場してから7年が経った。トヨタ86の車名は、1983年から1987年に掛けてFRとしては最後となった名機4A-GEを積むカローラレビン&スプリンタートレノの型式AE86に由来するものではある。しかし発売当初から「トヨタ86はAE8...

  
2480

鉄仮面や水中メガネなど…クルマの面白い愛称5選

クルマはカローラやノートといった正式な名称があります。しかし人気の高いクルマはAE86やR32のように車両の型式で呼ばれることも多いです。今回紹介する5台は正式な名称や型式ではなく、まったくクルマに関係のない“愛称”で呼ばれるクルマとその由来を紹介します。文・萩原文博

  
2561

トリプルターボエンジンを搭載する車3選

エンジンというのはガソリンとエアクリーナーから取り込んだ空気を混ぜた混合気がピストン内で圧縮・爆発することで発生するエネルギーを利用して動き、駆動系に力を伝えることでクルマは走ります。よりパワーを求めるならピストンの容積が大きい、つまり排気量が大きいエンジンを搭載するか、ターボ(...

  
6358

凹凸や傾斜に要注意!今新車で販売中の車高が低い国産車トップ5

クルマは様々な「長さ」を持っています。多くの人はクルマそのものの大きさを示す「全長×全幅×全高」を気にすると思います。自分にとって乗りやすいか、普段駐車するスペースに無理なく収まるか…などなど。では「車高」はいかがでしょうか?文・栗原淳

  
3038
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives