「モーターショー」の検索結果(392件)

記事

まさに"ホイールのあるラウンジ"!? 贅を尽くした初代マイバッハとはどのような車?

1997年、東京モーターショーのメルセデス・ベンツブースにて発表された1台のコンセプトカー。Sクラスよりもホイールベースが長く、威風堂々たる外観を持つその車には、「MAYBACH(マイバッハ)」というあまり聞き慣れない名前が付けられていました。突如私たちの前に登場したマイバッハと...

  
2079

現代カーデザイン考

クルマやバイクのデザインは、昔の方が良かったとよく言われるが、今のデザインは以前より本当に劣っているのだろうか。厳しくなった安全基準や環境規制がクルマのデザインの自由度を奪っていると聞く。またマーケティングやブランディング、さらに過去のデザインの呪縛も、新たなカタチを生み出す上で...

  
220

BEYOND THE LIMIT 新たなステージへ

日本の自動車文化を新たな段階へ引き上げるためには、日本にもヘリテージが必要だと「オートモービル カウンシル」を開催したカーグラフィック代表の加藤哲也氏。バイクに乗ることは、趣味という枠を超えてライフスタイルにまで昇華できるとバイクの持つ親和性を信じて、テレビ番組「Ride&Lif...

  
74

50年前にあった幻のスーパーカー、マツダRX500とは?

1970年、東京モーターショーで発表されたマツダRX500は、くさび形のボディに跳ね上げ式の扉、まさに「スーパーカー」というビジュアルで、大きな話題となりました。約50年経った2018年にはイベントが開催されるなど、ファンを中心に、いまだ人気のあるクルマです。今回は、RX500の...

  
10135

野生であれ、紳士であれ

「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」フィリップ・マーロウの台詞の意味が分かりかけてきた。相反するWild=野性とGentle=紳士。タフなだけではない。優雅なだけでもない。人生の折り返し地点を越えた今だからこそ、自らを安らぎ、鼓舞するクルマが求めら...

  
60

ライバルはホンダS600!トヨタの小さな名車「ヨタハチ」ってどんな車?

1965年に発売されたトヨタの小型スポーツカーが「スポーツ800」です。現在の軽自動車と変わらないサイズの小さなボディをしたスポーツ800は、"ヨタハチ"の愛称で親しまれました。1960年代の日本製小型スポーツカーとして評価の高いヨタハチを振り返ります。

  
2794

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
245

コンパクトクロスオーバーの世界戦略車 Renault CAPTUR

ルノーのデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目にあたる「EXPLORE(旅に出る)」をイメージした「キャプチャー」が2月27日より日本でも発売される。今世界中の注目を集めるこの「コンパクトクロスオーバー」はどのようなクルマなのだろうか。text:森口将之 photo...

  
42

ファストバック、ノッチバックとは?ハッチバックと何が違うの?

「美しいファストバックスタイル」「典型的なノッチバックスタイル」といった表現を、自動車情報誌やウェブサイトで目にすること、ありませんか。どちらもクルマの形状を表す言葉ですが、それぞれの違いを正しく説明できる方は少ないはず。また、ハッチバックとは何が違うのでしょうか?文・立花義人

  
3858

クルマやバイクのテイストとは何か

クルマやバイクを表現するときに、「このクルマにはテイストがある」とか「テイストに溢れたエンジンフィーリング」など、「テイスト」という言葉を用いることが多い。この場合は、まさしくクルマやバイクの乗り味や風合いのことを指しているのだが、そのひとの技術や経験、知識などによって、理解が異...

  
180

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? 小沢コージvs神尾成

インターネットの普及によって、どこにいようと何時であろうと必要な情報を取り出せるようなった。また、メールやSNSの発達によって、どこにいても、即座に人とつながれるようにもなった。誰もが時間や距離を飛び越えられるので今までよりも選択の自由度が増え、様々な生き方を実現しやすい。しかし...

  
195

なぜ、スバルのシンメトリカルAWDが理想と言われるのか

水平対向エンジンに、4WDを組み合わせるスバル。この構造は「シンメトリカルAWD」と呼ばれており、全世界に多くのファンをかかえています。そのシンメトリカルAWDの歴史と、メリットを紹介しましょう。文・立花義人

  
9834

コンセプトカーとデザインが違いすぎたクルマ5選

モーターショーなどでお披露目されたコンセプトカーのときは格好良かったのに、市販化されたときには、デザインが大幅に変わって、案外普通になっていた、ということはよくあります。今回は、そんなコンセプトカーと違いすぎた市販車を紹介します。文・立花義人

  
25186

不遇のモデル8シリーズ。次期型の成功は?

およそ20年の時を経て復活することとなった、BMW 8シリーズ。第1世代の8シリーズは、6シリーズに変わるフラッグシップとして1990年に発売されましたが、世界的な景気後退もあって、1999年に販売を終了。その後、8シリーズは空席になったまま、フラッグシップは6シリーズが担ってい...

  
3222

カローラとレビンのPHVモデルが、北京モーターショーで発表

2015年秋に中国で販売が開始されたトヨタ カローラとレビンのハイブリッドモデルは、ボディデザインから内装、ハイブリッドシステムにいたるまで、ほぼすべてが中国市場向けに中国で独自に開発され、中国国内で一貫生産されるモデルとして話題になりました。そして2018年の北京モーターショー...

  
2671

中国で一番売れている日本車「日産 シルフィ」のEV車が北京で世界初公開

一時期の勢いは沈静化された感があるものの、モータリゼーション真っ只中の中国では、1年間に約2,890万台の新車(4輪車)が販売されています。これは日本の約5倍。そのなかで、もっとも売れている日本車が「日産 シルフィ(東風日産 軒逸)」です。そのシルフィの純電車(中国語で、純粋な電...

  
8326

ピニンファリーナが手がけたH500とは、どんな車?

2018年3月、ジュネーブショーで発表されたEVスーパーカー、ピニンファリーナ「HK GT」は、香港の新しいメーカー正道集団(ハイブリッド キネティック グループ)のためにデザインされたものでした。それに続き、4月の北京モーターショーで、同じピニンファリーナが手がけた4ドアファス...

  
2963

新型レクサスES、ついに日本初導入!どう進化した?

北京モーターショー2018のレクサスブースにて、フルモデルチェンジをはたした新型ESが発表されました。「レクサス ES」は、日本国内で販売されたことはなく、多くの方には馴染みの薄い車種ですが、1989年のブランドスタート時からLSとともにランナップされている最古参のモデルです。す...

  
19492

マイバッハ初の超ゴージャスSUV「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメット ラグジュアリー」...

中国、とくに北京など大都市圏では非常に高い人気を誇るメルセデス・ベンツですが、その最高峰に位置付けられるメルセデスマイバッハから、中国富裕層向け?の驚きのコンセプトカーが発表されました。プレスデーには世界各国のメディアが殺到した「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメット ...

  
7686

デロリアン、初代ゴルフなど…ジウジアーロデザインのクルマたち

イタリアを代表するカーデザインの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ。直線を基調としながらも洗練された美しさ、気品を漂わせる造形美は、時代を超えてあらゆる人に愛されてきました。今回は、そのジウジアーロデザインのクルマをいくつか紹介しましょう。文・吉川賢一

  
9637
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives