「モデルチェンジ」の検索結果(336件)

記事

アルシオーネ、レパード Jフェリー...バブル期が生んだ、人気はイマイチだったけど入魂の逸品車!

お金が潤沢にある時代というのは、さまざまなチャレンジを自動車業界にも許しました。そのなかには、マニアックすぎて突き抜けた価値観があまり理解されなかった例もありました。巨額投資に対して残した成果や実りの少なさから、それらは”バブルの徒花”と呼ばれるように…。しかし、掛けられたコスト...

  
3

グッバイV12…次期センチュリーはどんな車に?

トヨタは、2017年10月25日から11月5日まで開催される、第45回東京モーターショー2017において、3代目となる新型センチュリーを初披露すします。はたして、どのような車になったのでしょうか。

  
5901

センチュリーのタクシーがあるって知ってますか?

東京モーターショー2017で、お披露目される予定の次期センチュリーは、トヨタのみならず国内最高級車の新型としての話題で持ちきりです。そんなセンチュリーの2代目モデルが、2017年2月4日をもって販売終了となりましたが、そのタクシーモデルが街で走っていると言うのです。果たして本当な...

  
2903

ランクルよりも巨大。北米トヨタのセコイアってどんな車?燃費や維持費は?

北米で販売されているトヨタ セコイア(Sequoia)は、ランドクルーザー200(以下 ランクル200)以上の巨体を誇るフルサイズSUVです。ライバルは、シボレー サーバーバンやフォード エクスペディションといったモデルで、オンロード走行が得意なクロスオーバーSUVとなっています...

  
13527

30年前のエンジンでも走行性能に問題なし!? なぜ日本製エンジンは良質なの?

東京モーターショー2017で、スバルはVIZIV PERFORMANCE CONCEPTが出展されます。次期WRXのコンセプトモデルと言われており、搭載エンジンはEJ型からFA型に変更されるとの噂です。EJ20型は、30年近く採用していたことになります。

  
17715

生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

1965年に発売された初代日産 シルビアは、欧州の香り漂う非常に美しいモデルでした。しかし生産台数はわずか554台…。現存している台数も極めて少ない稀少車といえるでしょう。そんな美しい名車について触れてみます。

  
9922

現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

2017年現在、自動車業界は、これまでスポーツイメージで売ってきたメーカーがSUVをリリースするなど、ちょっとしたSUVブームです。過去には、ミニバンブームなんてものもありましたが、車の基本形となるセダンやクーペにもブームはあったのでしょうか?

  
5421

FJクルーザーからついにファイナルエディション登場!本当に最後になってしまうの?

2017年9月12日、新型ハイラックス、新型ランドクルーザープラドとともに、FJクルーザー"ファイナルエディション"が発表されました。以前より生産終了の噂が囁かれているFJクルーザーですが、本当に最終型になるのでしょうか?

  
5290

時代はクロスオーバー?オフロードを楽しめる国産中古車7選

昨今のSUVは、スタイリッシュでデザイン性に優れる反面、乗用車やコンパクトカーをベースとしたモデルが増えています。それらは、オフロードよりオンロード走行を重視しているのが特徴。普段使いも難なくこなします。その半面、2017年はハイラックスの復活やジムニーのモデルチェンジなど、本格...

  
4147

待ちくたびれたよ!間もなく、新型ジムニー登場!どのような車に?

1970年の発売から、小さなボディと卓越した悪路走破性を持ち、ヘビーデューティーで信頼できるスズキ ジムニー。日本の4×4として世界に広く愛されているモデルでもあります。そんなジムニー、ついに待望の4代目が今秋の東京モーターショーで登場するとの噂です。どんな車になるのでしょうか?

  
6668

ランクルプラド、2度目のマイチェン!次期型はいつになる?

2017年9月12日より開幕したフランクフルトモーターショーで、欧州トヨタは新型ランドクルーザー(日本ではランドクルーザープラド)を発表。それに合わせて日本でもプラドのマイナーチェンジを発表、販売が開始されました。

  
2541

500馬力クラス、約1,300万円!TVRのグリフィスってどんな車?

イギリスのスポーツカーメーカー、TVRの歴史は古く創業1947年。その後、紆余曲折を経て現在はイギリス人オーナーのもとで復活を図っています。その第1段として発表されたモデルがグリフィスです。新しいグリフィスは、2018年より生産開始、2019年よりデリバリーとのこと。新世代のグリ...

  
3384

ついに新型ジムニー登場か!? 45年間でわずか2回のフルチェン…ジムニーのロングセラーを支えるものと...

日本を代表するクロカンの1台。660ccの軽自動車ながら、悪路走破性能は世界一とも言われ、長年乗り続けているというオーナーも多いスズキ ジムニー。初代デビューは、1970年のことでした。それから現在まで、モデルチェンジが敢行されたのは、1981年と1998年の2回だけです。そんな...

  
8948

日産 GT-Rも今後EV化するのか?

BMW i8はPHEV、ホンダ NSXはハイブリッド、2019年市販予定とされている日本製スーパーカーGLM G4はEVと、スーパースポーツカーにも電動化の波が押し寄せています。そこで気になるのが、ニッサン・インテリジェント・モビリティを進めている日産の次期GT-Rの存在です。

  
3737

マツダ ルーチェが「広島のベンツ」と呼ばれた理由

マツダ ルーチェは、1966〜1995年までマツダが製造・発売した乗用車です。時代に合わなかったためなのか、世代ごとにデザインが大きく変わっていました。「広島ベンツ」と呼ばれることもあった不遇のモデル、マツダ ルーチェを振り返ってみましょう。

  
10889

200万円の新型N-BOXが売れてます!ホンダ、軽イメージを定着か?

新型N-BOXが売れています!事前受注を含めると、発表後3日で月間販売予定台数の2倍を達成。これから注文しても、大幅な増産でもない限り、納車まで2カ月以上待つと言われています。これを足がかりにホンダは軽イメージを定着させることができるのでしょうか?

  
5735

新型カイエン。第3世代の注目すべき優秀装備とは?

クロスオーバーSUVカテゴリーに、2002年よりポルシェが投入しているモデルがカイエンです。その卓越した走行性能とデザイン性に魅了されるオーナーも多く、いまやポルシェの屋台骨を支える重要なモデルです。そんなカイエンがフルモデルチェンジを敢行しました!

  
3014

GTO、スープラ、Z…かつて3.0リッターエンジンを搭載していた国産スポーツカー達!

最近の国産スポーツカーは、3.7Lとか5.0Lといった大排気量だったり、価格が1,000万オーバーだったり、庶民にはとても手が届かないところに行ってしまいましたが、かつては3.0Lで400万円台というスポーツカーが多くありました。そこで、3.0Lの国産スポーツカーという観点から、...

  
11166

待ってました!新型ランクル、どのような車に?

欧州トヨタは、2017年9月12日から開催されるフランクフルトモーターショー2017で、新型ランドクルーザーを世界初披露すると発表しました。詳しい内容については公表されていませんが、はたしてどのような車になるのでしょうか?

  
13991

2000GTに始まり、RX-7に終わる。リトラクタブルヘッドライトは、いかにして発展したのか?

いまとなっては懐かしいリトラクタブルヘッドライトは、安全性やデザインの変化を理由に、すっかり姿を消してしまいました。国産の最初はトヨタ 2000GT。では、国産最後の車は?リトラクタブルヘッドライトの歴史をみてみましょう。

  
7289